6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  

まだまだ現役で行けます♪ PIXUS iP4200

 自分が自宅で愛用しているインクジェットプリンターは、キャノン製のPIXUS iP4200というモデルです。
 キャノンサイトによれば、そのリリースは2005年10月5日! つまり丸10年使用していることになります。この間、トラブルの類はほぼ無いに等しく、現在に至ります(^^)/

 最近のプリンタは、コピー機能が付いたりワイヤレスになったりと便利になったようでいて、実は重宝していた機能が排除されてしまっているケースも多いです。
 自分がそう思うその筆頭は、なんていっても背面給紙の廃止ですね! これがあるのとないのとでは雲泥の差です。自分はいつも重宝しています。
 また、最近のモデルはどいつもこいつもインク代でメーカーが儲けようとしているのが見え見えなのが嫌いです。インクの消費率がよくなっているわけでもないのに、1本あたりのインク代の単価はそのままでインク容量は小さくするし、無駄に多色展開するし(爆)

 まぁそんなわけで、使えなくなるまでiP4200を使い倒すぞー!なんて思っているわけですが、ここ最近どうも印刷の発色が悪い!簡単に言えば、黄色がなんかおかしなこと(変色)になっている。
 ヘッドクリーニングを実行すれば正常になるんだけど、次回使用するとまたおかしくなっている。そんでもって、またヘッドクリーニングをしてから使う。この繰り返し・・・(><)

 なんだろーなー?!って思って、インクカートリッジを確認してみたら、下記の画像のような状況でした。
 調べてみると、黄色の隣に位置する黒いインクカートリッジのインクが黄色側へ逆流して黄色のインクを変色させてしまうっていうことがあるらしい。



 実は、この変色しているインクカートリッジは見てわかる通りまだ交換して間もないインクなので、タンクには染料が半分以上入っています。
 というのも、この前に使用していた黄色いインクも同じような色をしていたので、ちょっと前にこのインクに交換したばかりだったんです。
 もちろん交換当初は、画像に示す新品の色をしていたわけですが、、上記の通りおかしなことになったので、今回取り外してみたらご覧のありさまってわけです(--;

 いよいよヘッドがダメになったのかぁ・・・ついにこいつもダメか?!と思ったのですが、調べてみると、キャノンのプリンターはヘッドが取り外せる仕組みになっているとか? さらに、この手の不具合のヘッドは、水洗い等で復活する場合があるとか?!

 だったら、ダメもとで試してみる価値はあるよねぇ?!と、見よう見まねでトライしてみました。下記は、乾燥中の画像です。

IMG_1427psx.jpg

 この後、ヘッドをプリンタに戻してインクを再実装し、ヘッドクリーニングを数回繰り返して、印字テストをしてみた結果、とりあえず印字は成功しました。
 現在経過を観察しているところですが、1週間を経過した時点ではまだ黄色インクの変色は見られません。この後、どうなりますかねぇ?
 このまま無事でいてくれることを祈りつつ、次期プリンタの候補をいまから探しておかないといけないかもしれませんね(^^;

スポンサーサイト
テーマ : 周辺機器  ジャンル : コンピュータ

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017