6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  

Windows8.1でBluetoothテザリングに苦悩した件

 LIFEBOOKを使用していた時は、ぷららさん&Aterm MR03LNの環境のせいかもしれませんが、WiFi接続よりもBluetooth接続のほうがネットの回線が安定したので、Lenovo X240でもBluetooth接続のつもりでいました。
 ところが、X240ではBluetoothテザリングでは、LIFEBOOKの時と勝手が変わってしまい、常用するには酷な環境に(--;

 ほぼ1日費やして改善を試みたのですが、結果NGだったので、どうしたもんか?と、半ばあきらめてWiFi接続にしていました。
 そんなNGだった経緯をブログにまとめている過程で、偶然思わぬ発見をして無事今回改善に成功しました。興味のある方は下記をご覧くださいm(_ _)m

 LIFEBOOK(Windows7/Bluetooth3.0)の場合、1度Aterm MR03LNとペアリング設定をしてしまえば、以降はデスクトップ上に作成したAtermのショートカットアイコンから「接続方法→直接接続」を選択することで容易にインターネットが可能でした。
 下記の画像は、LIFEBOOKのデスクトップのキャプチャー画像です。

bluetooth.jpg

 X240の場合もAterm MR03LNとペアリングをして、デスクトップ上にデバイスのショートカットを作るところまでは同じです。
 異なるのは、デバイスの接続方法を選択したときに表示される項目のところです。
 下記の画像は、X240のペアリング直後のキャプチャー画像ですが、接続方法は「直接接続」という表示のみしかありません。

X240BTconnect1.jpg

 まぁ、選択が1つしかなくても使用するのは「直接接続」だけなので、これ自体は問題ではありません。このままでもインターネット接続は可能ですから・・・
 問題は、これ以降のことです。この後、1度でもPCを起動しなおしてしまうと、デバイスの接続方法は下記画像のように「アドホックネットワーク」のみ変わってしまうのです(><)

X240BTconnect2.jpg

 こうなってしまうと、もうこのPCからこのAterm@Bluetoothを介してインターネット接続を行うことはできません。
 再度インターネット接続を可能にするには、一度PCからAtermのデバイスを削除して、再度ペアリングをするところからやり直すしか自分は方法がありませんでした。これはでは正直、毎日の使用には耐えられません。

 そこで、インターネット上に同じような不具合に遭遇した人、そしてそれを改善できた人がいないか?と探し回ったところ、数人の方がおいででしたので、以下自分が実施してみた結果を記します。

 トライ1)LenovoサイトからBTドライバーの最新版を入手する。→NG
 当然のごとくすでに最新版が実装済みでしたので、インストールするに至らず(--;

 トライ2)Widows8.1の更新プログラムを入れてみる。→NG
 Bluetoothのテザリングでは、BluetoothのPANプロファイルで定義されているNAP(Net Work Access Point)という仕様を実装していなければならないのですが、Windows 8.1でNAPに接続できるモデルとそうでないモデルがあるようです。
 そこで、「Windows 8.1 for x64-Based System用更新プログラム(KB2904440)」という修正パッチを使ったところ、改善できた!という方がおいでだったので自分もやってみました。
 結果、インストール実行中に本パッチは本PCには対象外!というメッセージが出てきてインストールできず失敗に終わりました(--;

 トライ3)Elitegroup Computer Systems (ECS)からBTドライバーの最新版を入手する。→NG
 Elitegroup Computer Systems (ECS)のHPから、Bluetoothドライバー(WIDCOMM Bluetooth Software)の最新版を入れたら改善したっていう方がおいでだったので、自分も試してみました。
 ちなみにこの方は、タブレット@Acer lconia(W4-820)とAterm MR03LNでBluetoothテザリングしようとしたら、自分と同様にアドホック接続しか表示されなかったみたいです。
 結果、インストーラー実行中の途中でエラーが発生して先に進まず(><)またもやインストールできずこれも失敗におわりました!

 トライ4)LenovoのBluetoothドライバーを捨てる?!
 いろいろ調べていくうちに、WindowsにはBluetoothドライバーが標準搭載されているということを知りました。
 今起きている問題は、どうみてもLenovoのBluetoothドライバーが原因であることは明白なので、Lenovoのドライバーを捨てても代わりにMicrosoftのドライバーが使えるのならば、やってみる価値はあるんじゃね?!
 ってことで、デバイスマネージャーからLenovoのBTドライバーを削除しました。

X240BTconnect3.jpg

 結果はBINGO!! やりました♪
 PCを何度起動しなおしても「直接接続」の表示のまま維持されてます!これならば、毎日デバイスドライ―バーの削除やペアリングのやり直しをする必要はありません。
 いやー、スッキリしました。これで今晩はよく眠れそうです(笑)
 
スポンサーサイト
テーマ : インターネット  ジャンル : コンピュータ

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017