6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Z1000 MkII

Comment (4)  

KAWASAKI Z1系

 楠みちはるさんの漫画「あいつとララバイ」の主人公@研二が駆るバイク@Z2のイメージが強いせいか?KAWASKIの旧車@Zと言うとZ2という先入観が自分はありました。 
 でも実際は、カワサキの輸出専用モデルのZ1@900ccがあり、国内仕様は750ccまでという自主規制に合わせて販売されたバイクがZ2!
 Z1もZ2も共にその人気は今も昔も変わらず、ずっと高人気車種なのは変わっていませんね♪
s-Z2.jpg

 人気の旧車KAWASAKIと言う点では、1980年代のバイクですが、KZ1000R1なんていうモデルもあります。
 エディ・ローソンが、1981年度「AMAスーパーバイク」シリーズのシリーズチャンピオンを獲得したことを記念して発売されたZ1000Jをベースに作られたバイクです。エディ・ローソンが1982年度もシリーズチャンピオンとなったので、再びKZ1000R2なんてモデルを1983年に発売したんだけど、KZ1000R2発売時、既にエディ・ローソンはカワサキからヤマハに移籍しちゃっていて、結果「スーパーバイクレプリカ」という名前で販売されたんだとか?最終的にはZ1100-R1という、Z1100GPのエンジンをキャブ仕様にしたのがローソンレプリカ?のファイナルってことになるようです。
 でも上記モデルはZ1000Jベースってことなので、高価なZ1000R1/2を買わずにZ1000JでRのレプリカを作るっていうケースも見られます。要はメーカー公認か、そうでないか?っていう点では、前エントリーのネタに共通する部分でもありますな。
 
s-z1000r.jpg

 2005年~2007年当時、絶大な人気を誇る上記2つのKAWASAKI旧車の陰でまだそれほど脚光を浴びていなかったバイクがありました。それがココに紹介するZ1000MkIIでした。
 このバイクは、1976年Z1/Z900(Z900-A4)→1977年Z1000-A1→1978年Z1000-A2を経て、1979年にZ1000MKII(Z1000-A3)へと変化を遂げました。しかし、登場からたった2年でその歴史に幕を下ろしてしまいます。
 1980年のモデル末期にはインジェクション化されたZ1000-Hなんてモデルもでましたが、その後Z1000Jにバトンを渡す羽目に(--;

normalMk2.jpg

 Z1系には、カフェレーサースタイルのZ1-Rなんてモデルもあります♪
 1978年にZ1000をベースに上記MkIIよりも先にZ1000-D1が登場します。その後、MkIIをベースに1979年にZ1R-II(Z1000-D2)が作られ、1980年にZ1000-D3がマイナーチェンジで登場しますが、惜しくもMkIIと共に姿を消してしまいます(--;

s-Z1-R.jpg

 そんな生い立ちのZ1-R/Z1000MkIIは、直線的で角ばったデザインからファンからは角Zという愛称で呼ばれています(^^)/
 そしてこの角Z・・・2015年現在、上記の通り販売当時はマイナーだったってこともあり、そもそも現存する車体数が少ないところにZ人気の拍車がかかり、ここ1,2年はとてつもない価格高騰が続いています(><)
 当時海外に輸出された個体も、日本の業者が探し回ってほぼ里帰りしたんじゃないか?と言われるほど、外国にも車体は残っていないと聞きます。
 2007年当時の相場と比較すると今の相場は・・・そうねぇ、1.5~2倍くらいになってしまっているんじゃないですかね?
 でも、現存する車体の絶対数は減ることはあっても今後増えることは無いので、どうしても欲しいなら高いと言っても手に入るうちに手に入れるしかない!というのが現実なのです。


※上記情報(年号や型式)は、Bikers Station 2010年4月号「Zの系譜」から引用させてもらいました。
スポンサーサイト
テーマ : 旧車  ジャンル : 車・バイク

Comments

高校生の時でした
ZⅡは高校生の時にバイクショップに並んでいるのを見て、衝撃を受けました。CB750が出た時は中学生で、これにもビックリしましたけど。
CB750以上のバイクが出るとは思ってもみなかったので、ZⅡの大きさと立ち姿の美しさには感動でしたね~
Zには疎くてほとんど知らないのですが、角ZもZ1-Rもデザインがとても魅力的ですね。
Re: 高校生の時でした
コメント有難うございます。
最近自分なんかは、二輪だけじゃなくて車も新型車より昭和の時代の車に興味がどんどん湧いてきています。
性能では新型車に敵わないのでしょうけどね。
Z、CB、GS、KATANAなど、空冷4発って、どれもこれもみんないいバイクですよね♪

自分にとってバイクは100%趣味車です。
機能美ともいうかな?その個体が醸し出す独特のオーラというかな?
メカニカル且つクラシカル、何年所有していても自分が飽きないバイク。
そんなバイクが、自分にとっての「終のバイク」だと思うし、そろそろそんな相棒を手にしていい時期じゃないか?
と思っている次第です。

Sueサン、お疲れさま〜

( ̄ー ̄i)…まさか「こっち」やったとは…

あん漫画、面白かったもんね〜
自分も憧れてたとよ
でもやっぱ詳しいんね
勉強になったとです。
Re: タイトルなし
ハラヒロさん、毎度コメント有難うございます。
詳しくもなりますよ。10年近く眺めてきた車体ですからね。
専ら雑誌を買って眺めてきたわけです(笑)
っていっても、上記は雑誌から引用しながらの記事です。
ブログに上げる以上、個人の思い込みで書くと怖いですから・・・

PS:ハラヒロさんのクシタニのミーティングの件にコメントを
書かせて頂いたんですが、他の方の気に障りかねないコメント
だったので、取り下げさせてもらいました。申し訳ないです。






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017