6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  

SAPPHIRE Radeon HD6450

 異音の原因が判明したところで、早速グラフィックカードの交換を実施しました。
 代替カードとして選択したのは、HD5450の後継モデルなのかな? Radeon HD6450です。
 このモデル、一般的にはSAPPHIRE社と玄人志向の2社からリリースされているようですが、今回自分は前者を購入しました。

 当方、PCでTVやネットゲームをするわけではないので、基本高解像度は望みませんで(^^;
 したがって、高価な最新のグラフィックカードは不要で、それよりもファンレス仕様で安価!っていうのを最優先に選んだつもりです。
 

 まぁ、でもHD5450との違いはちょっと気になるのでちょっと備忘録として以下、載せておきます(^^;
 HD 6450は、2011年4月19日に発表されたモデルでした。もう4年も前のモデルなのね(^^;
 でも意外と現在でも巷では評判のカードみたいですが?!それは古くなって価格がこなれたっていう点で、コスパが高いという事なのかな?
 そして、これには開発コードネーム「Caicos」(カイコス)と呼ばれるGPUが搭載されていて、HD 5450比でStreaming Processing Unit数は倍増しているそうです。この理由の詳細に関しては下記を参照してください。
 HD 5450は、SIMD Engineを構成する「Streaming Processing Unit」の数が40基で、当時の上位モデルの半分になっていたけど、HD6450では他のモデル同様80基を搭載している。また、SIMD Engine 1基あたり4基のテクスチャユニットが組み合わされる点やSIMD Engineの総数が2基であるという点は、HD 6450とHD 5450で共通なので、結果、HD 6450はHD 5450比で、Streaming Processing Unit数は倍増したことになる。

s-IMG_0642ps.jpg

 それと他に変わった点としては、グラフィックスメモリとしてGDDR5のサポートが加わった点だそうです。
 AMD公式のサポートは、HD5450は、あくまでもDDR3&DDR2のみだったので、メモリチップの組み合わせによってはHD 5450比でHD6450は大きくデータ転送レートが向上するらしい。

 s-IMG_0643ps.jpg

 交換作業およびPCの環境設定共に特に支障なく、無事完了しました。上記画像の通り、出力形式も3方式対応になりました(^^;
 もちろん、ファンレス仕様なので今回の最大の目的である異音の解消も達成しました(^^)/


 
スポンサーサイト
テーマ : PCパーツ  ジャンル : コンピュータ

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017