6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  

LIFEBOOK PH50/C の快適化

 自分が使用しているネットブック@PH50/Cは、2011年4月購入なので、今年で丸4年になります。
 ここのところ、起動やシャットダウンにかかる時間が長くなってきていて、毎回かなりイラついていました(爆)

 いつだったか? どうにも我慢が出来なくなって、1度HDD初期化→OS再インストールを実施したことがあります。
 結果、その直後は多少快適になったけど、結局また遅くなって現在に至っております(--;

 4年も使えばPC自体のスペックは1世代前かもしれませんが、通常使用している分には何の不便もありませんでしたので、買い換える気もあまり起きず(^^;

 だったら、ちょっと出資して快適化を図ってみたらどうかな? と考えて、今回メモリの増設とHDDのSSD化を実施してみることにしました。
 あまり投資してももったいないので、今回の予算は1万円未満!これが目標です。
 まずはメモリです。
 PH50/Cは、2GBが標準搭載で、1スロットの空きがありましてね。メーカー推奨最大メモリ容量は、2GB x2で4GBでした。
 調べてみたら、4GB x2で8GBも実装は可能みたいでしたが、自分の使途では無駄と判断して回避。 そもそも4GBのメモリを2枚購入するのは予算的に厳しいしね。なので、今回は2GBメモリを1枚購入することにしました。

 お次はHDDに代わるSSDです。
 標準搭載のHDD容量は500GBでしたが、確認してみるとそのうち使用容量は80GBしかありませんでした(^^; 今後新たなソフトウェアをインストールすることはないので、SSDは定番の120GBもあれば十分間に合うねぇ?ただ、新品を買おうとするとやっぱり予算オーバーになるので、こちらは中古にしました。

 結果、今回手配した物の詳細は以下になりました。

2GBメモリ(DDR3 SDRAM PC3-10600 SO-DIMM)
 CFD-Panram ノート用 DDR3 1333 SO-DIMM 2GB 1枚組
 型式:D3N1333PS-2G/PSD31333C92GVS


SSD
 Intel 2.5inch SSD 330 Series 120GB
 型式:SSDSC2CT120A3

SATA-USB変換(SSDをPCに接続するにはケーブルか外付け用ケースが必要です)
 NOVAC 2.5''SATA はい~るKIT USB EASY (NV-HS211UW/UB)

データ移行ソフトウェア(無料DL)
 Intel Data Migration Software

SSD管理ソフトウェア(無料DL)
 Intel SSD Toolbox


 何の問題もなく移行できれば、作業自体の所要時間は1時間かからないと思うんだけどねぇ?!自分は実はハマったんですわ(--;

 インテルが無料で提供している上記のデータ移行ソフトウェアは、インテル製のSSDを実装していることが使用条件です。
 インストール開始ボタンを押すと、まず最初にインテル製のディスクが本当に実装されているか?確認しに行きます。
 ここでインテル製のSSDが確認できないと、インストーラーは「インテル製のSSDが無いからインストールはできないよ」と言って、インストールが停止します。

 今回の自分の場合、物理的にはインテル製のSSDが実装されているのにもかかわらず、インストーラーさんはインテル製のSSDが無いと仰る!なぜ?

 この問題を解釈するのには、ちょいと時間を要しました(><)

 原因は、今回SSDをPCにUSB接続するためにと購入したNOVAC製の外付けケースにありました。
 このケースは、実装したストレージがどこの何であろうとみんなまとめて共通の名前「Mass Storage Device USB DEVICE」に置き換えてしまうという仕様だったんです。
 インストーラーさんは「INTEL SS DSC2CT120A3 SATA Disk Device」という名称を求めているのに、実際は違う名前なものだから、「インストールはNO!」と仰っていたんです(爆)

 ん~でもこれって難しいですよね。
 購入してPCに接続してみないとどんな名前で登録されるか?なんてわからないでしょう?購入する前に確認する術ってあるのかな?
 当初は、Logitecか玄人志向のケースが欲しかったんだけど、買いに行ったお店には置いていなかったので、この商品は仕方なくだったんです(--;
 回避策としては、口コミなどで実績がある商品名を探して、それと同じ商品を確実に買うっていう手しか無いかもしれませんね。

 で・・・自分は今回どうしたか?といいますと?正しい名称が表示される違うケースをまた買いに行ったわけではありません。

 別のデスクトップPCのケースのふたを外して、内部で遊んでいたSATAケーブルにSSDを接続して確認したところ、今度は正常に「INTEL SS DSC2CT120A3 SATA Disk Device」が確認されたので、PH50/Cの内蔵HDDをPCから取り外して、こいつもデスクトップPCに接続し、デスクトップPC上にて両者間のデータ移行を実施して対応しました♪

 データ移行が無事に終われば、HDDの代わりにSSDをPH50/Cに実装して起動すれば今回の作業は完了です(^^)/

 作業後、どれくらい快適になったのか?ワクワクして起動してみたら! 衝撃的なスピードで立ち上がって驚きました(@@;
 そして、シャットダウン時の電源が落ちるまでの所要時間だって、今までの所要時間と比べたらあっという間!ってくらいの速度で落ちました(笑)
 だた、ネットを使用しているとなんだか画面スクロールの動きがぎこちなくなったと感じるのは気のせいなのかなぁ? 気になるのはこれくらいです。
 

スポンサーサイト
テーマ : SSD  ジャンル : コンピュータ

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017