6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Various

Comment (0)  

乙4試験:独学のススメ(テキスト紹介)

 独学するにあたっては、一般的に市販されている参考書や問題集を使用しますね。
 ただ、どれを使って勉強するか?は各々違ってくるかと思います。
 自分が今回勉強に使用したテキストは下記の3冊でした。

s-IMG_0450ps.jpg

 最初に手にした本は赤本と呼ばれる向学院さんのテキストでした。
 インターネット上では「この本だけ勉強すれば合格できます!」なんてコメントを見かけますし、この本の著者自身も「この本だけを3回繰り返して勉強すれば1発で合格できます。」と断言しています。ホントかね?
 自分の感想としては、この本に書かれていることを3回読み返すだけで90%以上の内容を暗記・理解することができた方は、きっと1発合格できるかもね?って感じかな(爆)
 実はこの本、自分にとってはとても読みにくい本でした。
 記述のレイアウトや構成がうまくまとまっているようでいてまとまっていないと感じたし、他のテキストでは掲載されているような内容がまるまる載っていなかったり。特に物理・化学の分野の記述は、内容がかなり浅いと思いました。
 他の書籍に比べて圧倒的に薄い本なので、ある意味見た目通りと言えば見た目通りで、よく言えばこの本の主旨は、「この本に掲載されている内容が出来れば合格ラインの60点は取れる。」こういうことなんだろうなぁ?と推測します。

 個人的には自分の知らない範囲の問題があってそれが出る可能性がある!っていうのは嫌だったので、続いて取得したテキストは、全国危険物安全協会さんのテキストでした。
 このテキスト、中身は問題と解答だけで解説はゼロに等しい本でした。問題についての詳しい解説が欲しい人は、別冊の「危険物取扱必携 実務編」というテキストを買う必要があります。
 このテキストを入手した理由は、インターネット上で「実際の試験問題によく似た問題がこのテキストによく出ている。」という口コミが散見されたからなんですがね。
 実際、このテキストには上記赤本には出ていない例題が多数掲載されていて最初は正直戸惑いました。だって、赤本で一通り勉強していたにもかかわらず、知らないが故、問題に全然答えられないんですからね(><)

 ってことで、3冊目です(^^;
 やっぱり「本の厚み=情報量」なんだ!ということで、上記2冊で欠落している部分と自分の不安な心の穴を埋める意味を込めて、アマゾンでの評価が上位だった資格出版さんのテキストを買いました。

 その他、物理・化学の化学式の問題や計算式の問題など、化学専攻ではない人間にとっては難解と思われる、テキストに載っている解説だけじゃ理解できないような問題は、意外とインターネット上のYahoo!知恵袋や教えて!Gooなどで既出の質問として回答が出ているケースがほとんどでしたので、ググれば大体は解決できましたよ。参考までに(^^)/

スポンサーサイト
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017