6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Various

Comment (0)  Trackback (0)

抜髄@根管治療

2013年1月8日 上の前歯に引導を渡しました(--;
 ・・・上記を正確に言うと、歯の神経(歯髄)を取り除き、根管治療を開始したという意味です。これは自分史上2本目の根管治療になります(--;
 
 きっかけは、昨年9月の金曜日でした。毎度の会社の帰り道、突如前歯に違和感が・・・
 そして翌日からその違和感は耐えがたい激痛となって襲来!そりゃもう、痛いのなんの(><)
 虫歯は無いはずなので、この痛みの理由は何なのか?!まるで心当たりが無かったので、市販の痛み止めを飲んで月曜日を待ちました。
 
 そして、月曜日の朝、早速歯医者に駆け込みました。
 先生の診立てでもやはり「虫歯は無いし歯茎の腫れも無い」ので、その時点での判断材料では「原因不明」とのこと。とはいえ、歯が痛い事だけは事実だったので、結局その日は痛み止めをもらって帰るだけとなりました(><)
 先生曰く「虫歯が無くとも目に見えない歯の微細なクラックから細菌感染を起こして歯の神経(歯髄)が炎症を起こすと痛みが出ることがある。」とのこと。
 また、「歯髄が生きている内は、治癒する事もあるが、死んでしまうと元には戻らないし、死んだままにしておくと他に影響も及ぼして良くないので、その時は歯髄を抜く処置(根管治療)をするしかない。」とも・・・
 
 あれから3ヶ月。実は、あの時の激しい痛みは引いたものの、該当の歯を硬いもので軽く叩くと相変わらず痛かったり、何もしていない時もモゾモゾと歯が痒かったりすることが続いていて、「歯髄vs細菌」のバトルが繰り広げられているんだな?などと勝手な解釈をしていました(^^;
 
 そして、年末休暇に入った昨年12月29日ごろだったか?なんだか鼻の下を触ると痛みが!
 最初は気にも留めていなかったものの、徐々にその痛みは増していき、年明けの頃にはピークに(><)
 なんでこんなところが痛いのか?!
 分かる人は分かりますかね?そう、前歯の根の先端って丁度鼻の下辺りまで伸びているんです。
 そこで、唇をめくって鏡で見てみたら「なんじゃこりゃぁ?!」歯茎が火傷した後の水膨れのように腫れあがっています(@@; ちょっとグロくて写真は撮りませんでした(爆)年末からの痛みの原因はこれだったんです。
 
 この腫れは「膿胞」って言うようです。
 要は、あのバトルで歯髄が細菌に負けてしまった為、歯髄が腐敗して根の先端に膿が溜まり、そして溜まり切れなくなった膿が溢れて表に出てきてしまった結果がこの腫れだったようです。
 日に日に大きくなった水膨れ!しかし、世の中はお正月の為、歯医者さんはお休み(><)
 仕方なく、年明け@仕事始めを待つ羽目になりました。
 
 歯髄を取るということは、歯の死を意味します。
 歯髄のない歯は、歯髄のある歯に比べて、割れたり、ヒビが入ったりする可能性が高く、また将来的には徐々に変色したりもして、歯の寿命が短くなってしまうんですね。なので、歯髄は取らずに済むなら取らないに越したことが無いわけですが・・・
 
 今回の場合、歯茎の腫れ(歯髄の腐敗)という致命的な症状が現れたので、歯髄は99%ダメだと判断し、根管治療をお願いしました。
 
 歯が死んでいれば痛みは当然感じないはず?!ということで、麻酔無しで歯の裏に大きな穴をあけていきます。案の定、痛みは全く感じませんでしたし、痛みどころか、血液等も一切出ることなく、腐敗した歯髄だけが取り除かれました。
 
 My歯髄め!なんて貧弱な!細菌なんぞに負けやがって(><)
 
スポンサーサイト

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017