6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Touring Gear

Comment (2)  

Battery Tender 800

 うちには現在2台のバイクがありますが、お恥ずかしながらどちらも盆栽化しちゃっています(爆)
 なもので、いざ乗ろう!と思った時にバッテリーが上がっている・・・なーんてことにならないように、常にバッテリーは充電器につながれた状態にあります。

 バイク用のバッテリーってあんなに小さいのに車用のバッテリーよりも割高です。
 なので、できるだけバッテリーの寿命を長く維持するためにも、過充電や過放電を繰り返すような事はなるべく回避しないといけません。

 一時期話題に挙がったのはトリクル式と呼ばれる充電方式の充電器でした。現在私が所有している2つの充電器もこの方式のものです。

 トリクル式充電とは・・・
 フル充電になると自己放電分を補うために微量電流を流し続けてフル充電状態を維持します。
 微量電流なので、長期充電でも過充電になることは少なくなり、 バッテリーへの負荷は高負荷な急速充電よりも少なくて済みます。しかし、コンセントをはずすまで微量な電流が流れ続けるので、バッテリーへの負荷はゼロではありません。また、使用中は電力消費分の電気代金が掛かっています。

 そして最近小耳にはさむ充電方式が、フロート式と呼ばれる充電器です。
 フロート式充電とは・・・
 バッテリーの充電状態が満充電になると充電器内部の回路がそれを検知して電流をストップし、充電を完全に停止します。この状態をフロート状態(モード)と言い、この時に流れる電流はゼロであるためバッテリーの負荷がゼロとなります。
 この状態のまままま長期の充電期間に入ったとしても充電器が絶えずバッテリーの状態を監視していて、バッテリーへの負担はないように管理しながらフル充電状態を維持します。
 このようにフロート方式は充電中、充電後のバッテリー状況を常にモニタして充電状態を維持するので、バッテリーへの負荷を最小限に抑えることができ、結果、バッテリーの寿命を最大限に延ばすことが可能となるようです。
 また、トリクル式と違って満充電状態の時に流れる電流はゼロであるため、トリクル式よりも経済的といえます。


 今回、いつもお世話になっている工具屋のセール品にこのフロート式充電器を発見しました(^^)/
 下記画像の商品がそれです。 
 価格を見て衝動的に思わず手が出てしまいました。
 390DUKE用に遅かれ早かれ充電器を追加したいと思っていたし、自分が持っているトリクル式の充電器の半値近い価格にやられました(><)

 また、「ハーレー社、BMW社、スナップオン社が正式OEM採用する卓越の信頼性があります!」という謳い文句が本当なら、信頼できる製品なのでしょう。

 とりあえず、いまあるバイクに使ってみてもいいかもね?
スポンサーサイト
テーマ : おすすめ商品  ジャンル : ライフ

Comments

あ、これは…。
もう廃盤になりましたがこの充電器ならSnap-on版持ってます。
しかもパルス式なのでサルフェーションが起こりにくいみたいですね。
現在は原付用にセッティングしてありますが、行く行くは次の二輪用に使いたい物です。
原付は50のスクーターで十分満足したので次に買うとすればパワーの無い250か車検が必要な400と非常に迷う所で有ります^^;
250と言えば最近Ninja 250R、CBR250R、噂のYZF-R250と地味に活気が出てますね。
Re: あ、これは…。
mikakaRさん、原付ライフを満喫中ですね?!
スナップオンのをお持ちでしたか。
やっぱりロゴが付くとブランド分、お高いのでしょう(^^;

やっぱり、125㏄で気に入ったのがあれば維持費的にもベストだと思います。
250㏄になると昨日のブログネタのように税金も4000円になりますので
軽自動車@貨物並みでし、保険のファミリーバイク特約からも外れます。
でも車検がない分、まだ400㏄よりは多少ましかな。

400㏄超になると正直、自分のようにある程度割り切らないとならないですわね。
車検がある分、維持費は当然上がるし、自由に弄れないという制約もでてきます。
でもおそらく所有欲は1番満たされるのもこのレベルかも?






Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017