6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  Trackback (0)

Lenovo K330の導入と異音対策

 2012年6月下旬、あまりにブルースクリーンが頻発(><)する自宅PCに見切りをつけて、新PCを購入しました。
 仕事柄、大画面での作業に慣れてしまっているため自宅で使用するPCもデスクトップ派のsuemonです(^^;
 

 今回新たに購入したPCは、LenovoのK330シリーズの廉価版? IdeaCentre K330 77275CJでした。
 なんでもこのシリーズは以前、ちょっとした悪評が巷に広まったらしく?その分市場価格が下がったといういわくつきのPCらしいです(笑)
 自分が買った時には既にカタログ落ちしてしまっていて、在庫処分@底値のものを手に入れたといえます。
 しかし、Core i5のCPUを搭載していながら価格が4万円未満なんて!なんとも最近のPCは安くなったものです。
 
 だがしかし、こいつには思わぬ落とし穴がありました(><)
 こいつは、使用中になんとも耳障りな高周波の異音を発するのでした(爆)
 
 定常的にピーーーーーーーーーーーーッという音が鳴り続くというのではなく、何とも不快な音が不定期の間隔で使用中ずっと鳴りやがります(爆)
  強いて言えば、HDDのアクセス時の作動音にも似たような感じで且つ、不快感MAXな音なのです。
 
 使用開始当初は、「これくらいの音ならそのうち慣れるかな?」
 
と、たいして問題視していなかったのですが、日に日に不快感は増し、使用しだして5日ほどで我慢の限界に達しました。この音を聞いていると頭痛がしてくる勢いでした(;;)
 
 調べてみると、実はこのシリーズを購入したみなさんのほとんどがこの手の異音にお悩みのご様子でした(^^;
 この現象は、コア鳴りとかコイル鳴きと呼ばれている現象のようです。自分は初めて知りました。
 自分の場合の異音の出所を調べてみたところ、ケース後方かつ上部でしたので、原因は電源ユニットだろうと推測しました。おそらく、価格を抑えるために電源ユニットが安価すぎて、軸振動でも起こしているんじゃないのか?と思うわけで、この場合はコイル鳴きの類とはちょっと違うのかな?とも思ってみたり・・・
 
 実際、電源ユニットを交換したら異音が止んだという方がいるようですし、この異音を改善しないととてもPCを長時間使うことは精神的に耐えられない~(><)という状態でしたので、せっかく安価に入手した新PCでしたが、使用開始5日で電源ユニットをグレードアップするべく新しい物に交換することにしました(^^;
 
 ついでに、ケースをせっかく開けるなら?!と、メモリを4Gから12Gに増設しました。
 購入した電源ユニットは、玄人志向の「KRPW-SS600W/85+」という商品です。メモリは、CFD製の「Elixerの2枚組@8GB」です。
 
 結果、異音は見事に解消しました(^^)v
 
 電源容量もこの機会に300Wから600Wに増量して、安定性・将来性もばっちり?!
 
 これで以降、安心して使用できる環境が整いました、メデタシメデタシ(^^)/
 
スポンサーサイト
テーマ : デスクトップパソコン  ジャンル : コンピュータ

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017