6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Garage & Tools

Comment (0)  Trackback (0)

Snap-On オープンエンド クローフットレンチ(FCOMシリーズ)

 neprosさんのクローフットレンチの入荷が遅れるということでしたが、一方でブレーキホースのフィッティングは仮締めのままでした。
 過去に自分のテルクレンチで締めた作業で支障が出たことはありませんが、しっかりとトルクレンチでトルク管理をしておきたいと思うわけです。ましてや、場所がブレーキホースなだけに、いざブレーキかけたら不具合が出た!なんてのは怖いですからね(^^;
 
 そこで、neprosさんのクローフットレンチが届く前に、中古でSnap-Onのオープンエンド クローフットレンチを入手して、先に上記のトルク管理は完了させておりました。
 
 なぜオープンエンドか?って? それは通常のクローフットにはない実用性(スパナのように使えるし、厚みも薄い)の高さがやはりメリットではないでしょうか?それに、通常のタイプはneprosさんのが届きますからね。同じ形状のものを買っても無駄ってものです(^^;
 

 
 
 Snap-Onに詳しい方々には周知のことなのかもしれませんが、私はお恥ずかしながら以下の画像に示すようなデイトコードなる製造年を記した刻印がSnap-Onのツールすべてにあるなんて最近まで知りませんでした(--;
 上記のクローフットにも「FACOMxxA 7(8)」ってありますね? この数字を下の画像で調べてみると1997年と1998年製ということがわかります。
 

 
 聞いたところによると、ライターのZippoも年代によって刻印の書体が違っているといいます。こういうのはアメリカの文化なのでしょうかね?
スポンサーサイト

Comments






Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017