6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Aterm WG2600HP2をブリッジモードで使う

 今まで使用していた自宅のルータは3年前に購入のAterm WR9500Nでした。
 ふとしたきっかけで両者の通信速度の違いを知る羽目になり、衝動的に最新型のAterm WG2600HP2を購入してしまいました。
 我が家での実効速度がどれくらい上がった?かは、また別の機会にお知らせするとして、今回WR9500Nからの切り替えに想定外に苦労したので、備忘録として注意点をメモっておきます。


 我が家ではFLET'S光のレンタルONU(PR-500KI)が入っているので、WR9500N同様、WG2600HP2もアクセスポイントとして利用するつもりでした。つまり、AtermのPPPoEルータ機能は無効にするってことです。

 そうそう!いつの間にか?Atermではアクセスポイントモードのことをブリッジモードというように名称が変更になっていました。これも最初は戸惑いました(^^l¥;

その1) クイック設定Webをブリッジモードで使用する

 工場出荷状態(初期設定)では、本機器の設定は「ルータモード(背面スイッチがRTの位置)」になっているので、先ずはこいつをブリッジモードに変更して(RT→BR)電源を入れ直すところからスタートです。
 この際、取説には「本商品のらくらくスタートボタンを押しながら電源を入れ、CONVERTERランプが緑点滅したら放します。」とあるのですが、電源を入れてから「CONVERTERランプが緑点滅」するまでの待ち時間が異様に長い!
 なかなか点滅しださないので、どれくらい長押ししていればいいのか?不安になります。この異様に長い待ち時間を知らないと、間違いなく困惑する羽目になります(´・_・`)

その2)DHCPサーバー強制起動ってなに?
 WR9500Nの時は、アクセスポイント(この機種の時代にはブリッジモードとは呼ばなかった)の設定であっても電源を単に入れ直すだけでブラウザ経由でクイック設定Webへのアクセスが可能でした。
 しかし、WG2600HP2は、上記の電源投入時の儀式?を行って立ち上げないとブラウザ経由で「クイック設定Web」にアクセスが出来ない仕様になっていました。
 自分は、このルータをブリッジモードで使用する場合には、常にこの儀式をもって電源を入れる必要があると思い込んでしまったのがこのあと、しばらく迷走する要因になってしまいました(。-_-。)
 この思い込みを払しょくするまでが長かったです。本来、ルータをブリッジモードで使用する場合、DHCPサーバー機能はOFFでなければいけません。
 取説の記述をよく読んで考えてみると、この機種はDHCPサーバー機能が起動されていないと「ブラウザ経由でクイック設定Webにアクセスが出来ない。」と言っているのであって、ブリッジモードでインターネット接続する為にDHCPサーバー強制起動しなさいとは書いてありません(><)
 つまり、工場出荷状態のWG2600HP2は、WR9500Nの時のように電源を普通に投入するだけでは、「ブラウザ経由でクイック設定Webにアクセスが出来なくなった。」ということなんです。ややこしや(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

その3)高機能が故のマルチPPPoEルータ機能
 良くも悪くも自分にマッチしない情報をあたかも自分に該当するものだと思って設定してしまいがちになるのが巷に溢れる様々なインターネット情報です(つД`)ノ
 本来、ブリッジモードでの使用がベストなんだけど、その方法に利用者がたどり着けず、結果として同一ネットワーク上に2つ(例えばONUと市販ルータとか)のPPPoEルータが存在してしまっているケースが少なくないなと、ネットを徘徊していて感じました。
 現在の高機能なルータは、同一ネットワーク上に2つのPPPoEルータが存在してもお互いにうまくハンドリングしてくれる設定があるようです。WG2600HP2もそうでした。しかし、一般家庭において、意図してPPPoEルータを2つ立てる必要があるなんてケースは稀だと自分は思います。
 自分も実は、上記の思い込みに気が付くまで、自分の家のネットワーク環境ではWG2600HP2のブリッジモードは相性が悪い!なんて、逃げの姿勢を取りかねなかったのも事実(爆)
 「相性」・・・よく巷で聞かれる最強にして最低のフレーズです。自分は、店頭の販売員等このフレーズを使われたら、まず信用しませんね(T_T) 自分が大嫌いなフレーズの1つですwww

その4)DHCPサーバー強制起動を使わないでブリッジモードでクイック設定Webを利用する(参考)
 いろいろと今回の不具合を調べていくなかで、ブリッジモードで電源投入後でもクイック設定Webにアクセスできる方法があるということをオンラインの取説の中で見つけました。
 http://www.aterm.jp/function/wg2600hp/guide/quickweb.html
 しかし、これを実施するには初期設定時、つまりDHCPサーバー強制起動時にルータの該当する設定箇所の設定をを済ませておく必要があるようです。
 ホーム画面の「基本設定」にアクセスしてから、下記のように設定をしておくというものです。
「DHCPクライアント機能」をオフ
「IPアドレス/ネットマスク(ビット指定)」 例)192.168.1.250/24

 自分の場合、上記だけでも良さそうでしたが、念のためゲートウェイにONU(PR-500KI)のIPアドレスを指定(192.168.1.1等)して、さらにONU(PR-500KI)側からWG2600HP2に割り付けるIPアドレスを上記のIPで固定するように設定しました。
 このようにすれば、WG2600HP2でもWR9500Nのように、普通に電源を入れるだけでも設定したIPアドレスを入力することでクイック設定Webを利用できるようになります((∩^Д^∩))
スポンサーサイト
テーマ : 周辺機器  ジャンル : コンピュータ

Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017