6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Various > Digital

Comment (0)  

ぷららモバイルLTE本日最終日です

 それまでお世話になってきたY!モバイルに代わって、2015年2月24日からNTTぷららさんのモバイルサービスに切り替えて使用してきたわけですが、あまりの利用環境の悪さ(回線速度が遅すぎる)に思考回路が停止してしまい、1年縛りがあったことすっかり忘れて衝動的に退会手続きをとってしまったのが今月上旬の事です(笑)

plala-sim-2.jpg

 本日10月31日を以て、短い期間ではございましたが本サービスとはお別れです。
 簡単に以下、自分の実態をまとめておきます。皆様のプロバイダ選択の参考になれば幸いです。

・開通案内が来てから、実際にネットに出ていくまでの案内が不親切で意外に手間取る。
・WiFi接続では速度が出なくて使用に耐えられない。回線もよく切れた。
・なぜかBluetooth接続だと低速ながら回線は安定した。
・自分の場合(9am~5pmの時間帯)で平均0.5Mbpsしか出なかった。ランチ時はさらに最悪(--;
・YouTubeなどの動画なんてまず動かないし、Y!オクなどの多数の出品画像@静止画の場合でもまともに表示できなかった。
・定額無制限といいつつ、こんな激遅の環境ではその下の7GBだって達成するのは難しい。
・回線速度は、定額無制限が3Mbps、定額7GBが150Mbpsとあったので、試しにプラン変更(無制限→7GB)をして実際に確認してみたが速度の改善は全くなし(爆)もともと上限に行っていないんだから結局はそんなもんか?
・退会手続きは、メイル1本で18000円もの違約金が発生するにも拘らず、速攻で受理された。去る者追わず、払うものはきちんと払えよ?みたいな態度が不快だわ。「今退会すると違約金が発生してしまいますがよろしいですか?」くらい確認があっても良くない?
・利用していたSIMカードを返却しないと4140円別途徴収される旨、解約希望者には届くらしいが、退会希望者(自分)にはその旨の連絡・通知は一切なかった。

 こんなもんかな?こうして思い返してみると、申し訳ないけど、本件は自分にとってメリットは1つもなかったな(爆)

 なお、上記は自分の使用環境での話であり、尚且つ自分の感想です。他の方の使用環境が上記と同じになるとは限りませんし、同じ環境でも他の方が自分と同じ感想を持つとも限りません。
 全国には本サービスを快適に利用されている方が多数おいでのはずです。
 今回は、たまたま自分の利用環境に適さなかった、ということなのでしょう。その辺はどうぞ誤解のないように宜しくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ : インターネット  ジャンル : コンピュータ

Category: Various > Digital

Comment (0)  

Windows8.1でBluetoothテザリングに苦悩した件

 LIFEBOOKを使用していた時は、ぷららさん&Aterm MR03LNの環境のせいかもしれませんが、WiFi接続よりもBluetooth接続のほうがネットの回線が安定したので、Lenovo X240でもBluetooth接続のつもりでいました。
 ところが、X240ではBluetoothテザリングでは、LIFEBOOKの時と勝手が変わってしまい、常用するには酷な環境に(--;

 ほぼ1日費やして改善を試みたのですが、結果NGだったので、どうしたもんか?と、半ばあきらめてWiFi接続にしていました。
 そんなNGだった経緯をブログにまとめている過程で、偶然思わぬ発見をして無事今回改善に成功しました。興味のある方は下記をご覧くださいm(_ _)m

 LIFEBOOK(Windows7/Bluetooth3.0)の場合、1度Aterm MR03LNとペアリング設定をしてしまえば、以降はデスクトップ上に作成したAtermのショートカットアイコンから「接続方法→直接接続」を選択することで容易にインターネットが可能でした。
 下記の画像は、LIFEBOOKのデスクトップのキャプチャー画像です。

bluetooth.jpg

 X240の場合もAterm MR03LNとペアリングをして、デスクトップ上にデバイスのショートカットを作るところまでは同じです。
 異なるのは、デバイスの接続方法を選択したときに表示される項目のところです。
 下記の画像は、X240のペアリング直後のキャプチャー画像ですが、接続方法は「直接接続」という表示のみしかありません。

X240BTconnect1.jpg

 まぁ、選択が1つしかなくても使用するのは「直接接続」だけなので、これ自体は問題ではありません。このままでもインターネット接続は可能ですから・・・
 問題は、これ以降のことです。この後、1度でもPCを起動しなおしてしまうと、デバイスの接続方法は下記画像のように「アドホックネットワーク」のみ変わってしまうのです(><)

X240BTconnect2.jpg

 こうなってしまうと、もうこのPCからこのAterm@Bluetoothを介してインターネット接続を行うことはできません。
 再度インターネット接続を可能にするには、一度PCからAtermのデバイスを削除して、再度ペアリングをするところからやり直すしか自分は方法がありませんでした。これはでは正直、毎日の使用には耐えられません。

 そこで、インターネット上に同じような不具合に遭遇した人、そしてそれを改善できた人がいないか?と探し回ったところ、数人の方がおいででしたので、以下自分が実施してみた結果を記します。

 トライ1)LenovoサイトからBTドライバーの最新版を入手する。→NG
 当然のごとくすでに最新版が実装済みでしたので、インストールするに至らず(--;

 トライ2)Widows8.1の更新プログラムを入れてみる。→NG
 Bluetoothのテザリングでは、BluetoothのPANプロファイルで定義されているNAP(Net Work Access Point)という仕様を実装していなければならないのですが、Windows 8.1でNAPに接続できるモデルとそうでないモデルがあるようです。
 そこで、「Windows 8.1 for x64-Based System用更新プログラム(KB2904440)」という修正パッチを使ったところ、改善できた!という方がおいでだったので自分もやってみました。
 結果、インストール実行中に本パッチは本PCには対象外!というメッセージが出てきてインストールできず失敗に終わりました(--;

 トライ3)Elitegroup Computer Systems (ECS)からBTドライバーの最新版を入手する。→NG
 Elitegroup Computer Systems (ECS)のHPから、Bluetoothドライバー(WIDCOMM Bluetooth Software)の最新版を入れたら改善したっていう方がおいでだったので、自分も試してみました。
 ちなみにこの方は、タブレット@Acer lconia(W4-820)とAterm MR03LNでBluetoothテザリングしようとしたら、自分と同様にアドホック接続しか表示されなかったみたいです。
 結果、インストーラー実行中の途中でエラーが発生して先に進まず(><)またもやインストールできずこれも失敗におわりました!

 トライ4)LenovoのBluetoothドライバーを捨てる?!
 いろいろ調べていくうちに、WindowsにはBluetoothドライバーが標準搭載されているということを知りました。
 今起きている問題は、どうみてもLenovoのBluetoothドライバーが原因であることは明白なので、Lenovoのドライバーを捨てても代わりにMicrosoftのドライバーが使えるのならば、やってみる価値はあるんじゃね?!
 ってことで、デバイスマネージャーからLenovoのBTドライバーを削除しました。

X240BTconnect3.jpg

 結果はBINGO!! やりました♪
 PCを何度起動しなおしても「直接接続」の表示のまま維持されてます!これならば、毎日デバイスドライ―バーの削除やペアリングのやり直しをする必要はありません。
 いやー、スッキリしました。これで今晩はよく眠れそうです(笑)
 
テーマ : インターネット  ジャンル : コンピュータ

Category: Various > Digital

Comment (0)  

購入直後にX240をSSD化してみる

 購入したLenovo X240には500GBのHDDが搭載されてたのですが、電源投入後即座にリカバリーメディアを作成したら、速攻で分解してHDDをSSDに換装しました。

 使用途中のPCをSSD化する際には、搭載HDDのクローン化をどうするか?みたいな問題がありますが、購入直後のまっさらの状態であれば、回復パーティションから作成したリカバリーメディアを使用してSSDにOSを載せる方法が簡単で手間いらずです。
 Windows8.1の場合、USBメモリにリカバリーメディアを作成する機能が最初から付いているので、この機能を今回は利用しました。

 事前情報では、このリカバリーメディアの作成に使用するUSBメモリは、ボリュームが8GB以上あるから16GBクラスのUSBメモリが必要とのことでしたが、結論から言うと、このX240に関しては6GB程度しかありませんでしたので、8GBのUSBメモリでも十分でした。
 6GBだったら、DVDやブルーレイディスク等でも代用がきくんじゃないか?と思ったのですが、どうも実際に試した方のブログを拝見すると、リカバリーメディアのデータバックアップは可能でも、どういう仕組みか?ディスクの類のメディアからの起動はNGだったそうです(--;

s-IMG_1325ps.jpg

 何もデータが入っていないSSDを搭載したPCに上記リカバリーメディアのUSBを挿してPCの電源を投入すると、上記画像のような画面が表示されてSSDに初期状態のデータが構築されていきますので、こっちはただ終わるのを待つだけです。簡単ですネ♪

 終わったら終わったでWindows Updateを実行して更新項目の確認・更新をしなくちゃならんので、こっちの方が面倒かもしれません。自分の場合、重要な項目だけで150近い更新項目がありました(^^;

 一通り更新も終わって、ちょいと使ってみたけど、うぉー速い!重量もこれまでのLIFEBOOKよりかなり軽くなったし、こりゃ快適そうだ(^^)/
テーマ : コンピュータ  ジャンル : コンピュータ

Category: Various > Digital

Comment (0)  

Mobile PC@Lenovo X240 (Celeronモデル)

 これまで使用してきた富士通製のLIFEBOOK PH50/C♪
 今年の5月にHDDからSSDに仕様を変更して快適に使っていたのですが(その時のブログネタはこちらをご覧ください(^^)凸)、使用中の発熱量が大きいらしく、常に放熱ファンが回りっぱなしで煩いったらありゃしない(--;
 夏場だけかなぁ?と思って我慢していたのですが、暑い盛りを過ぎても常に回り続けるファンの音にいい加減嫌気がさし、この度PCを買い替えました。

 まぁ、買い替えた理由はこのファンの作動音だけっていうわけじゃなくて、もしかしたら最新のCPUを積んだマシンに変えたら、最近ストレスに感じているネット環境の改善も図れたりしないかな?というわずかな期待もあったりしたわけです。

 当初は、中古でもいいから1つくらい型落ちのcore i3モデルを狙っていたのですが、いかんせん価格が高い!
 それに、SSDの快適さを知ってしまったらもうHDDモデルには戻れません(^^; HDDモデルだったらSSD化の予算も見ないといけないし、そもそもcore i3モデルで且つSSD搭載なんて言ったら完璧に予算オーバー(--;

 しばらく中古相場を眺めながらcore i3@HDDモデルの動向をチェックしていたのですが、それでも予算オーバーなのは変わりなかったので、この際core i3狙いをやめました(爆)

 今回どうしても拘ったのは、画面サイズ、年式、そして予算(SSD化込みで5万円以内)でした。
 ・LIFEBOOKの10.5インチは少々小さいと感じていたし、かといて14インチは筐体が大きすぎ(--;
 ・できれば新品、もしくは1年落ちくらいで!
 ・予算上SSD仕様は買えないはずだから、別途SSDの購入は必須だわねぇ・・・

 この条件で行くと、11インチ以上13インチ未満の手ごろなノートPCは、DellのInspironかLenovoのX240/X250位でした。
 で、白羽の矢が立ったのが、LenovoでX250がリリースされて型落ちとなったX240シリーズのCeleronモデルという訳です。ちなみに、X250シリーズからCeleronモデルはラインナップから消えました(><)
 

 このPCは、メイルチェックおよびネットブラウズ専用マシンという立ち位置なので、オフィスなどのソフト類は不要、ファイル保存用のディスク領域も不要。
 したがって、SSDの容量は必要最小限でいいから、今回購入したSSDは128GBです。
 たまたま密林さんでトランゼントセール中だったこともあったので、SSDの銘柄はトランゼントさんに決めました。

 以上で上記に上げた3つの条件はすべてクリア! あとは使ってみてどうか?ですかね。
テーマ : コンピュータ  ジャンル : コンピュータ

Category: Motorcycles > Hayabusa

バイク買取一括査定体験記

 すでに1か月以上も前の話で恐縮ですが、あまり買取査定の体験記って見る機会が少ないと感じたので、今回の自分の体験を掲載しておきます。

2015(H27)年 9月23日(祝)
 以下のような心境に至るまでにはいろいろ心の葛藤があったんですが、今回はその辺は省略します(--;
 この日の晩、sue隼さんの買取相場を知っておいた方がいいかな?と思い立ち、衝動的にネットからバイク一括買取査定の申し込みをして就寝しました。


2015(H27)年 9月24日(木)
 翌朝PCを立ち上げると、早速3社の買取業者からメイルが届いていました。最終的に自分にコンタクトがあったのは、以下に示すBL社、BO社、BB社、BS社の4社でした。

 一番最初にメイルが来たのがBL社で、一番最初に直電がかかってきたのもBL社、電話口の雰囲気、対応が一番親切に聞こえたのもBL社だったという印象です。
 しかしながら、BL社の規定で?旧隼の買取上限金額は、どんなにカスタムパーツ満載でも73万円と決まっているらしくて当方と折り合いがつかず、実際に査定に来てもらうには至りませんでした。
 この時、BL社の担当者から「トータルで懐に入る金額を上げるんだったら、手間はかかるけどバイクを純正に戻して、カスタムパーツは個別に売却した方がいい」というアドバイスをもらいました。

 次に直電が来たのがBB社だったかな?こちらの電話の担当者さんも雰囲気は悪くなかったのですが、BL社と同じ理由(上限80万円)でNGでした。

 BO社は、PC宛にメイルは来なかったけど、昼過ぎに直電ががかかってきて、今までの業者の中で一番売ってくれ!オーラが出まくっていた担当者さんでした。
 BO社が上記2社と違ったところは、装着済みのカスタムパーツに対して、BO社の基準ではあるものの評価をしてくれるところでした。
 しかしながら、査定に来てもらったら最後、売ってくれるまで帰らない業者がいるなんて噂も耳にすることもあったので、まだ手放すという心の準備ができていない自分は、査定に来てもらうのはちょっと抵抗がありました。
 「引き取りは本日でなくても構わない。」、「なるべくリアルな評価額を知っておいた方が役に立つのでは?」
という声に押され、本日夕方にBO社の査定士を自宅に迎えることとなりました。

 今回、一番最後に直電が来たのがBS社で、夕方BO社の査定を受けている最中でした。しかし、この業者は今回の4社の中では最低の業者でした(--;
 直電してきた担当者も余り感じのいい方ではありませんでしたが、ここの査定士の電話対応は超不愉快でした!買取評価額も4社中一番低くて上限が50万円とも言っていましたね。
 こんなムカつく業者はこちらから願い下げでしたので「来てもらっても無駄だと思うんでお断りします!」とさっさと追い返しました(爆)
 
 
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: sue角Z

Comment (4)  

KAWASAKI Z1系

 楠みちはるさんの漫画「あいつとララバイ」の主人公@研二が駆るバイク@Z2のイメージが強いせいか?KAWASKIの旧車@Zと言うとZ2という先入観が自分はありました。 
 でも実際は、カワサキの輸出専用モデルのZ1@900ccがあり、国内仕様は750ccまでという自主規制に合わせて販売されたバイクがZ2!
 Z1もZ2も共にその人気は今も昔も変わらず、ずっと高人気車種なのは変わっていませんね♪
s-Z2.jpg

 人気の旧車KAWASAKIと言う点では、1980年代のバイクですが、KZ1000R1なんていうモデルもあります。
 エディ・ローソンが、1981年度「AMAスーパーバイク」シリーズのシリーズチャンピオンを獲得したことを記念して発売されたZ1000Jをベースに作られたバイクです。エディ・ローソンが1982年度もシリーズチャンピオンとなったので、再びKZ1000R2なんてモデルを1983年に発売したんだけど、KZ1000R2発売時、既にエディ・ローソンはカワサキからヤマハに移籍しちゃっていて、結果「スーパーバイクレプリカ」という名前で販売されたんだとか?最終的にはZ1100-R1という、Z1100GPのエンジンをキャブ仕様にしたのがローソンレプリカ?のファイナルってことになるようです。
 でも上記モデルはZ1000Jベースってことなので、高価なZ1000R1/2を買わずにZ1000JでRのレプリカを作るっていうケースも見られます。要はメーカー公認か、そうでないか?っていう点では、前エントリーのネタに共通する部分でもありますな。
 
s-z1000r.jpg

 2005年~2007年当時、絶大な人気を誇る上記2つのKAWASAKI旧車の陰でまだそれほど脚光を浴びていなかったバイクがありました。それがココに紹介するZ1000MkIIでした。
 このバイクは、1976年Z1/Z900(Z900-A4)→1977年Z1000-A1→1978年Z1000-A2を経て、1979年にZ1000MKII(Z1000-A3)へと変化を遂げました。しかし、登場からたった2年でその歴史に幕を下ろしてしまいます。
 1980年のモデル末期にはインジェクション化されたZ1000-Hなんてモデルもでましたが、その後Z1000Jにバトンを渡す羽目に(--;

normalMk2.jpg

 Z1系には、カフェレーサースタイルのZ1-Rなんてモデルもあります♪
 1978年にZ1000をベースに上記MkIIよりも先にZ1000-D1が登場します。その後、MkIIをベースに1979年にZ1R-II(Z1000-D2)が作られ、1980年にZ1000-D3がマイナーチェンジで登場しますが、惜しくもMkIIと共に姿を消してしまいます(--;

s-Z1-R.jpg

 そんな生い立ちのZ1-R/Z1000MkIIは、直線的で角ばったデザインからファンからは角Zという愛称で呼ばれています(^^)/
 そしてこの角Z・・・2015年現在、上記の通り販売当時はマイナーだったってこともあり、そもそも現存する車体数が少ないところにZ人気の拍車がかかり、ここ1,2年はとてつもない価格高騰が続いています(><)
 当時海外に輸出された個体も、日本の業者が探し回ってほぼ里帰りしたんじゃないか?と言われるほど、外国にも車体は残っていないと聞きます。
 2007年当時の相場と比較すると今の相場は・・・そうねぇ、1.5~2倍くらいになってしまっているんじゃないですかね?
 でも、現存する車体の絶対数は減ることはあっても今後増えることは無いので、どうしても欲しいなら高いと言っても手に入るうちに手に入れるしかない!というのが現実なのです。


※上記情報(年号や型式)は、Bikers Station 2010年4月号「Zの系譜」から引用させてもらいました。
テーマ : 旧車  ジャンル : 車・バイク

Category: sue角Z

Comment (0)  

オリジナルか?非オリジナルか?

 KAWASAKI Zのオーナーを夢見る方なら、誰しも1度は悩む問題?いや、Zに限らず、旧車全般に言えることかな。

s-Z2.jpg

 それは、購入費用はもちろん、購入してからの修理やカスタマイズを含めた維持費、そして自分自身の所有満足度や世のバイク乗りからみたステータス性?などなど、色々な角度から見ての自分自身の判断と言いますか?尺度と言いますか?

 自分が欲しいバイクが新車で買えるのならば、新車を手にするのがベストだと自分は思います。
 そして、すでに絶版になってしまったものの、リバイバル、もしくはレプリカが存在するならば、その選択もありだと思います。
 ただ一方で、「いや、やっぱりオリジナルだろ?!」という意見は、どうしたって見過ごせない、捨てられないわけです(爆)

 これらを含めて、自分がどのレベルで
 納得するか?満足するか?妥協するか? はたまた諦めるか? じゃないですかね?

 KAWASAKI Zを語る上で外せないのは、1991年に登場したZEPHYR750/1100でしょう。下記画像は750のファイナルモデルです。

s-Zephyr750.jpg

 KAWASAKI自体、ZEPHYRは、Z2の雰囲気を意識して設計したに違いありません。
 1991年の登場から2007年のファイナルモデルを迎えるまで、合計13回のモデルチェンジ(カラー変更のみを含む)が行われてきたようですが、その仕様遍歴を見てみると、環境問題に配慮した仕様変更のほかは、モデルチェンジをするごとによりZ2に近くづくような、要は現代版Z2を目指すような方向性だったように自分は見受けられます。
 そのソースは右記のリンクを参照してください。 KAWASAKI ZEPHYR遍歴(Web mr. Bikeより)

 最初の話に戻りますが、故障率などを含めたランニングコスト、また万一故障したときの部品の供給具合や車体の程度からして、オリジナルモデルよりもずっと新しい年式の車体が遥かに安価に手にできるわけですから、ZEPHYERという解だって当然ありでしょ!って思います。

 でもZEPHYRはZEPHYRであってオリジナルZではありません。似ているけど、似て非なるものなのです。

 s-Z1B.jpg
テーマ : 旧車  ジャンル : 車・バイク

Category: sue角Z

Comment (0)  

Zに魅せられて・・・

 今となっては車体を手にしたのが先だったのか?この本を手にしたのが先だったのか?もう定かじゃありません(^^;
 この本とは、平成6(1994)年に発刊されたモンキー専門のムック本で、自分のバイブルであり、今から21年も前の代物です。

 ただ確かなことは、この本に掲載されたこのZ2スタイルのモンキーに魅かれて自分はモンキーの世界に足を踏み入れ、そして、いずれは本物のZ2とZ2スタイルのモンキー、この2台を並べて写真を撮ってみたい!そう思うきっかけとなった本です。

H6(1994).jpg

 バラバラにしちゃって自分じゃもう手に負えないから、それでもよかったらあげるよ!

 そういわれて、ホントにプラモデル状態で引き取ってきたモンキー@Z-50Jが自分が初めて手にしたモンキーでした。
 あちこちの部品が足りないのは当然で・・・足りない純正部品はその都度バイク屋でオーダーして補いながら、雑誌のモンキーに少しでも近づけるべく、当時の彼女(後のいまのかみさん)にヤキモチを焼かれながら再生させたモンキーがこちらです(^^;
 若かったとはいえ、今見るとちょいと恥ずかしいですね(笑)

011001.jpg

 雑誌に載っていたZ2スタイルのモンキーは、モンキー初心者の自分にはまったく手が出ないほどお金も手間もかかった夢のような車体でして、同じような車体を自分の当時の環境で造るのは無理でした。
 比較すると恥ずかしい貧相なsue猿でしたが、自分の手で初めて興した車体のエンジンに火が入り、そして走った時の感動は今でも覚えています。

 でもね、ナンバーを取得して少したったころ、このsue猿は自宅の玄関先から盗難されてしまいました(><)
 幸い、ハンドルロックをかけていたせいでしょうか?移動に難儀したんでしょうね。自宅から数百m先にキャブレターやマフラーなど、カスタム部品をはぎ取られた状態で放置されているのを自分が見つけました。

 盗難のショックで、あれだけ熱を上げていたモンキー熱は一気に冷めてしまい、それから数年はその状態のまま放置が続きました。
 そして、平成12(2000)年の時期に自分の周囲でモンキーを弄り出す面々が出てきたのをキッカケに、自分のモンキー熱が再燃し出すわけですが、同時に本物のKAWASAKI Z2が欲しい!と思うようになるのでした。
テーマ : 旧車  ジャンル : 車・バイク

Category: sue練走

Comment (0)  

2015マラソンシーズンに向けて始動

 真夏は早朝や夕方だって気温が高過ぎてまともに走り込みはできません。そんなことしたら死んじゃいますからね(笑)

 ということで、今年も夏の終わりと共にマラソンシーズンに向けて徐々に体を慣らすことから練習がスタートしています。

 本日は、昨日行った今季初の18km走の疲れがまだ足に残っていてダウン走レベルでしか走れませんでした(爆)

 ハイシーズンには4分/km位のペースに上げていくものの、夏場は速くても5分/km、下手すりゃ5分半/kmとか・・・(^^;
 そんな弱った心肺機能に喝を入れつつ、脚力の方も10km、20kmをイーブンペースで走れるだけのスタミナを付けて行かねばなりません。
 こればかりは走らないと糧にならないので、がんばるしかありませんわねぇ・・・

 一先ず1発目は、12月開催の地元のローカル大会です。
 今季の目標は昨年に引き続き、ハーフマラソンで95分切りを目指して頑張ります(^^)/
テーマ : マラソン  ジャンル : スポーツ

Category: Motorcycles > Hayabusa

純正部品、スペア部品の整理の巻

 sue隼さんは、カスタマイズが全くされていない素の状態で自分の手元に来ましたので、以降これまでの8年間の歴史の中で、自分の元で取り外した純正部品や消耗品など(スペア部品を含)はすべて保管してきました。
 しかし、決してひとまとめに管理して保管してきたわけではないので、それぞれの所在を確認しながらこの度整理をしました。

sIMG_1315ps.jpg

 もう何年も日の目を見なかった購入当時の純正ミラーとか保安部品などは、懐かしい限りでした(^^;
 この純正ホイールに履いているタイヤは、ほとんど山が残っている状態でゲイルにタイヤ込みで履き替えちゃったから、いま思えば勿体ない事をしたな。
 オーリンズの箱なども捨てずにとってあります。購入当時の外箱もモノによっては価値がありますよね。
 
sIMG_1314ps.jpg

 まとめてみると、1ボックス車の3列目シートを1つ潰してほぼ一杯くらいの荷物になりました(^^;
 sue隼さんが自分の元から嫁いでいく際には、これらも一式嫁入り道具として付いて行きます。
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: Various > Digital

sue's データ通信環境 -2009年からの総括-

 そもそも、自分がデータ端末の類を使いだしたのは、NTT docomoのFOMA Highspeedなんちゃら?の時代からです。
 たしか、当時の売りは、ハイスピード対応機種で受信時最大7.2Mbpsでした(^^;
 テザリングなんて技術はまだ無い時代で、自分はL-02Aというスティックタイプの端末をdocomoと2年縛りで契約したんだったな。
 モペラに加入が必須で別料金とか言われて、ムムム?!と思ったのを今でも覚えています。端末には2009年1月製とあるので、それ位の時期なんでしょう。

s-L-02A.jpg

 その後、各社いろいろとサービスが広がり出して、価格も下がってきました。スマフォが普及しだしてテザリングもなんとなく知れてきた?時期だったかな?
 自分はdocomoの2年縛りが終わるのを機に、いまのY!mobileの前身であるEMOBILEのポケットWiFI@Pocket WiFi(D25HW)に乗り換えました。
D25HW.jpg

 このころから自分は携帯電話@ガラケーとデータ端末の2台持ちが始まるわけです。
 このD25HW・・・WiFi電波を朝から出しっぱなしでいるとバッテリーが夕方まで持たないのがネックでした。
 なので、途中EMOBILEからリリースされた大容量電池パックなる商品を使うようになったわけですが、この難点はご想像通り重量でしてね。下記の画像の通り、厚みが増した分がバッテリーの増量分で、ずっしりと重かったです(--;

pocket_wifi_d25hw_battery02.jpg

 これまた2年縛りが終わる2013年4月を機に、LTEの電波が拾えてバッテリー持続時間12時間(ワォ!!)というデータ端末@GL06Pに乗り換えました。
gl06p.jpg

 このころは、まだ各社データ通信容量に制限がかかることなく比較的快適に使用で来ていた感がありました。
 この機種はSIMフリー機ということもあり、またこの機種での契約ユーザーは容量無制限が延長される?なんて話もあって、意外と人気機種だったりします。
 そして恒例の2年縛りの更新月を2015年4月に迎えるに当たり、バタバタして今に至るまでの経緯は、当ブログで過去エントリーしているので、下記を参考にして下さいm(_ _)m

・2015年02月24日 2年縛りが終わります@EM GL06P
・2015年02月26日 ぷららモバイルLTE Cash Back Campaign
・2015年02月27日 ぷららモバイルLTE申込編
・2015年03月06日 Aterm MR03LNのBluetoothテザリングが快適♪
・2015年03月11日 さすがDocomo網だけある♪
・2015年04月03日 Emobile(Y!mobile)から解放
・2015年10月01日 ぷららモバイルLTEさんの速度が激遅な件
・2015年10月06日 勢い余った?ぷららさん退会の巻
テーマ : インターネット  ジャンル : コンピュータ

Category: 酉’sライディング

土砂降りの中、BLR(i-con)現車セッティング@172km

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: 酉’sカスタム

NGC Japan スムーズドライブシステム

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: Motorcycles > Hayabusa

sue隼を降りるという決意

 sue隼とこれから先何年一緒に連れ添って行けるだろうか? そんなことを、少し前から考えるようになっていました。

 実は、自分にはsue隼を手にする前から(つまり10年以上)憧れているバイクがあって、sue隼を手にした後もその未練を断ち切ることは出来ず、その気持ちはずっと心の中でくすぶってきました。

 何年か経つ間に、きっとどこかでその気持ちは鎮まる(諦めがつく)・・・そう言い聞かせてきたわけですが、どうにも収まる気配は全く無いまま10年が経過してしまいました。

 そして最近、ついにその運命の相手に出会ってしまったんです(--;

 これまでにも何度かそれに近い機会(相手)はあったのですが、なかなかタイミングが合わなくて、自分がオーナーになる機会は逸してきました。
 しかし、今回は恐らく自分のバイクライフの中でこのバイクを手にする最後のチャンスであろう。そしてこいつが自分の「終のバイクになるだろう」・・・直感的にそんな気がしました。

 ただ問題は・・・sue隼との共存は無理ってこと。

 理想は増車なんだけど、それは家族の同意を得るためにも、また経済的にも叶わない希望でした。
 実際、これまで見送ってきた理由の1つに、「sue隼を降りる」という決意を自分が出来なかったことがありました。
 しかし今回は、ついにその決意をしました。

 以降、sue隼の本ブログはファイナルに向けてカウントダウンに入ります。最後までもう少々お付き合い頂ければ幸いですm(_ _)m

 
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: Various > Digital

勢い余った?ぷららさん退会の巻

 連日、Bluetoorh接続どころか、Wi-Fi接続にしたって、日中の下り速度が100kbps辺りをウロウロするぷららさんです。
 いくらなんでも酷すぎませんか?
 こうやって数値で見ちゃうと自分としては、到底我慢できなくなってしまいました(><)
 先週末の土日@日中なんて回線が確立してくれなくて、メイルすら拾えないんですからね(--; こうなってくると、もうブロードバンドって何?!って感じです(爆)

 ってことで、もう気持ちは退会の2文字でした(なんか解約(退会)に当たって制約があったような気がするが?!)

 こうなったらもう止まりません!10/5の晩、メイルでぽちっと解約手続きをしてしまいました。

 んで、翌日10/6の晩にぷららさんから退会手続き受理のメイルが届いたわけですが・・・
 そこには、解約違約金@18,000円の請求の文字が?!

 以下、自分に届いたぷららさんからのメイルの抜粋です。


 お客様の契約では、継続満了月までぷららを継続利用していただくことを条件に、下記の特典が適用となっておりました。

 ■特典内容  :ぷららモバイルLTEキャッシュバックキャンペーン
 ■継続満了月 :2016年2月
 ■解約金   :18000円

 この度は誠に残念ですが、継続満了月以前の解約のため、解約金をご請求させていただきます。



 あ~・・・やっぱりあったか!これを見て思い出しました。

 っていうか、違約金が発生するけど解約していいんですか?って再確認してくれも良くないですか?

 契約当時、Aterm MR03LNのセットでの申し込みで、この機器分の費用のキャッシュバック@18,000円を受けていました。
 まぁ、でも?先にもらった18,000円を返すってことに等しいわけだから、損をしたわけじゃないのでいいと言う事にしよう(--;

 仮に、違約金を払わないで済ますには、最安値(定額ライト@972円/月か二段階定額@390円/月)のプランに変更して残り5か月(来年3月)まで契約を維持するっていう方法もあったわけだけど・・・今となっては、もうどうしようもないわね?

 使わないSIMを手元に置いてまだか?まだか?と5か月待っているのもあまり精神衛生上良くないので、きっぱり手切れ金払ってお別れしましょ(^^;
 
 みなさま、退会(解約)する時は、勇み足せずによく調べてから手続しましょうね(爆)
 
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: Various > Digital

DMM mobileを試してみる

 利用前提として、平日の日中をメインに300MB/日を想定すると、300MBx20日で最低でも6.0GB/月を使用する計算になります。
 なので、容量無制限で高い費用を支払わずとも、その下のランクの容量制限プランでいいなら、それに越したことは無いということですな。
 現在利用しているぷららモバイルLTEは、7GB@下り150Mbps/無制限@下り3Mbpsの2つプランがあります。
 自分は両方試してみたけど、自分の環境だと激遅(最悪50Kbps未満のことも)でした!
 これを踏まえて、次期格安SIM候補の中から、DMM mobileをお試しで使ってみることにしました。

他社格安SIM候補:
 1)NifMo: 3/5/10GBのプランしかなくて、10GBだと2800円(税抜)と、少々コスパが悪い。
 2)mineo: 5GBまでしかない。
 3)OCNモバイルONE: 5GBまでしかない。
 4)IIJmio: 巷の評判は上々ですが、DMM mobileが同系列で後発という事で回避。
 5)UQ mobile: 使用できる機種が限定的。
 6)b mobile: 巷の評判が芳しくない。
 7)U-mobile: 通信速度が若干不安定なのでデータ容量制限プランはおすすめではないらしい。

テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: Various > Digital

ぷららモバイルLTEさんの速度が激遅な件

 携帯電話はガラケー使いですが、データ通信専用のSIMを使用してネクサス7を持っている、つまり2台持ちのsueです。

 今年2月からY!モバイルの2年縛りから解放されて、ぷららモバイルLTEのお世話になっているのは、この場でもエントリーしたのでご存知かと思います。



 まぁ、それから約半年以上が経過してきたわけですが、決して巷で言う評判ほど当方の使用環境ですとよくありません。
 特にね、ヤフオクを見ているときなどは顕著です。検索をかけて出てきた出品画像一覧の写真が1枚も表示されないなんてことがよくあります(--; まぁ、それでも普段のネットの徘徊やメイルチェックに支障はなかったので気にしないようにしてきました。

 でもねぇ・・・ついひょんなきっかけから今の速度を測ってしまったんです(--;

 するとね、ぷららさんの無制限プランの公称値は下り3Mbpsなのですが、自分の環境だと平日17時ごろで最速500Kbps位でした(--; 
 でね、まずは試しに10/1から7GB/月(下り150Mbps)のプランに変更してみたわけです。これでどれくらい速くなるかな?と期待してみたのですが、全くの期待外れで全然体感できる速度アップはありませんでした(><)
 平日12時から13時台の速度なんて酷いもので、50Kbps未満でした(;;) これってあんまりじゃないですか?!

 当時は容量無制限に拘って乗り換えを探していたっていう経緯があるんだけど、最近はそんなに容量も使わないんでね。
 だったら、容量よりも速度を優先してSIMを他社に替えようか?と考えています。
 そもそもこれだけ遅くちゃ、物理的に容量制限にかかるほどパケットを使用できないわね(爆)
 
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2015