6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

隼:フロントフォーク他車種用の流用【GSX-R1000編】

 現行型隼の仕様を確認した印象としては、費用が結構かかる割に自分にとってはメリットが少ない印象を受けました。自分がこれをやったところで、変わるところはブレーキキャリパーのマウントがラジアルマウントになるだけで、キャリパーに至っては更新と言うよりは後進って感じ?(爆)
 
 まぁ今回の検証の結果 「やらないという選択肢」もあるわけで・・・
 また予算があるならば「現行型仕様のオーリンズ@FGRT805という選択肢」もあるんでしょうけど、今回はコストパフォーマンスに拘りたいかな。
 
 でね・・・今回調査していて1つ気が付いちゃったんだなぁ(^^)/
 2008年式のGSX-R1000は、同年モデルの隼と同じフォークが付いていたような?同じと言ってもサイズ的な話だけですけど。ということは?!もしかしたら2009年以降のGSX-R1000のフォークだってサイズが変わっていなければうちの隼に付くんじゃないか?ってね。そこで早速調べてみました!

○2009年式~GSX-R1000用フロントフォーク
 先ずは09年式GSX-R1000のカタログから抜粋
 サーキットからのフィードバック技術で新設計のBPF(※)にはチタンコーティングが施された43mm径のインナーチューブを採用。 BPFは、フォークスプリングをフォークレッグに移動させることで、完全にオイルに浸漬。フォークオイル発泡を低減させ、減衰力が安定する。初期作動時から安定した応答性を得るとともに、フォークの沈み込みの精確性、およびライダーへのフィードバック性が高められた。カートリッジの廃止など、構造をシンプル化し、前モデルに対し720gの軽量化の達成と同時に整備性が向上した。
 ※BPF(Big Piston Fork):フォークスプリングがオイルに完全に浸かることより、フォークオイルの泡立ちが減り、安定した減衰性能を確保している。伸側、圧側ダンピング調整は、フォークキャップのスクリューで行う。スプリングプリロードアジャスターは、フォークレッグ下部に装備。また、BPFは、高いメンテナンス性を誇る。

 どうよ?!なんとまるで別物のフォークに仕様変更されていました。
 しかもこのフォークはショーワ製 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 どうやらサイズの変更は無い模様です。BPFってなんだ?!って感じですが、なんだかどうも良いものらしい。
 これならなんとなく付加価値があってオーリンズフォークじゃなくても自分自身納得が出来そうな気配です。

○ラジアルマウントブレーキキャリパー
 こちらも09年式 GSX-R1000のカタログから抜粋
 フロントブレーキシステムには、新設計のモノブロック構造鋳造アルミキャリパーを採用、前モデルに対して、高剛性(液損剛性23%UP)と軽量化を両立。また、キャリパーは形状、仕上げ、刻印までこだわり、緻密感と高機能感を付加。310mm径のブレーキディスクとアルミニウムフローティングピンは、前モデルに対し1枚あたり約30gという徹底した軽量化が追求され、フロントブレーキシステム全体で560gの軽量化を達成。キャリパー、およびマスターシリンダーのシリンダーサイズ変更により、小型軽量化を実現した。ブレーキホースには、より低膨張のブレーキホースが新たに採用され、ブレーキレバー操作時のタッチ感および剛性感がアップ、効力だけでなく高いコントロール性と優れたフィーリングが実現された。

 あれれ?!おなじTOKICO製のキャリパーでもフォークに合わせて隼とは差別化が図られたようですね?!
 ということは、SUZUKI純正のキャリパーを選択するのなら隼用よりもR1000用のキャリパーをフォークとセットでチョイスした方が間違いが無いということでしょうか。そして、なんと見た目は同じようなホースでもR1000に装着されているホースは他車と違っているとは知りませんでした。でも、だったら最初からメッシュホースを付けてくれればいいのにねぇ?!
 
 
スポンサーサイト

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (2)  

隼:フロントフォーク他車種用の流用【現行隼仕様編】

 一先ず、「旧ブサのフロントフォークを更新する」というカスタマイズに必要な部品は出そろいました。
 そこで、話を1歩進めて具体的に現行型隼のこれらのパーツは一体どのようなものなのか?
 そして、入手する部品として適切なのか?と言う事について掘り下げて見ました。
 
○現行GSX1300R Hayabusa用フロントフォーク

 現行型の隼に装着されているフロントフォークは、2008年に登場してから2012年までの間については変更された形跡はありません。スズキのカタログ等を調べて仕様を確認してみると以下のような記載がありました。ちなみに、GSX-R1000のフォークも2008年当時は隼と同じ仕様だったように見受けられました。
・隼カタログから抜粋
 フロントフォークは、インナーチューブ径43mmのKYB製倒立タイプで、DLC(Diamond-Link Carbon)処理を採用し、正面の均一化とフリクションロスの低減を図った。スプリングプリロード、伸側・圧側減衰調整が可能である。

○ラジアルマウントブレーキキャリパー

 現行型の隼に装着されているフロントブレーキは、フロントフォーク同様、2008年の登場以来仕様が変更されたという報告は見当たりません。但し、2013年モデルからはABSが搭載され、キャリパーはブレンボに変更になると言う事が既に報告されています。以下はフロントブレーキに関するスズキの発表です。
・隼カタログから抜粋
 フロントブレーキには、トキコ製4アルミピストンラジアルマウントキャリパーを採用し、制動効率をアップ。さらに(フローティングダブル)ディスクを直径320mmから310mmへ小型化するとともに、ディスク厚を5.0mmから5.5mmへとリサイズ。この小径化により、バネ下重量と慣性力が小さくなり、サスペンションのパフォーマンスが向上することとなった。
 
○Sue's Impression
 今回上記を調べて見て思った第1印象をあえて書かせてもらうならば、現行型のオーナーさんには大変申し訳ないけど、KYB製のフォークかぁ・・・という印象です。
 性能はもちろん素晴しいのでしょうけど、国産ならショーワ派のsueです。スミマセン、100%個人的主観なのでどうぞスルーして下さい(爆)
 
 そしてキャリパーですけど、旧型隼も純正キャリパーはTOKICO製でした。ただし6POT(--; この6POTは皆さんご存知、曲者でしたね。自分は、これが嫌でブレンボの4POTに換えた口です。上記のスズキの解説が本当ならば、ラジアルマウントの4POTのキャリパーは、旧型の6POTよりも性能がアップしたとありますね。
 しかし、いまsueブサに装着されているキャリパーはブレンボCNC(削り)の4POT。しかもやっとのことで揃えたβチタニウム製のチタンボルト付き!ちょっとこれとは比較できないなぁというのが本音です(><)

 

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

隼:フロントフォーク他車種用の流用 【妄想編】

 私が隼を手にした当時、隼オーナーの間では3種の神器ならぬ、3種の金とは良く言ったものでした。
 3種の金の金は「オーリンズ」、3種は「フロントフォーク、ステアリングダンパー、リアサスペンション」の3つを指しました。
 当然のごとく、自分も憧れました。そして、フロントフォーク除く2種はなんか手に入れました(^^;
 しかし、3つ目のフロントフォークは最後にして最大の難関でした。

 
 そのお値段:30諭吉という価格はなかなか高いハードルでして・・・グダグダと攻めあぐねているうちにハヤブサ自体がモデルチェンジしてしまいました(爆)
 するとなんとも想定外なことが起こりました!旧隼用のFG838は、オーリンズのラインナップから外れてしまいました(><)
 新型の隼が登場したころは、たまに中古市場に出回ることもありましたが、ここ1、2年は残念ながら見たことがありません。新品は買えない。中古も出てこない。つまり欲しくても今となっては手詰まり状態になってしまいました。
 
 だったらいっそのこと、新型用のフロントフォークを付けられないのか?と、考える人は少なくないと思います。
 新型のフロントフォークは、幸い太さや全長などは問題無かったはずですが、新型はブレーキキャリパーがラジアルマウント化され、ブレーキローターが小径化されていました。
 その結果、キャリパーのマウント位置が微妙に変わり、その当時はポン付けするには新型のフロント周りをホイール込みで一式取り換えないとならないという事がわかりました(><)
 フォーク以外に、ホイール、キャリパー、ブレーキローターとみんな交換するとなったらどれだけの予算がかかるのか?! ちょっと想像したくないですわね。
 ということで、世の中には実現していた方もおいでのようでしたが、自分にはリアリティの無い話で断念してお
りました。
 
 そして月日は過ぎ、2008年モデルとして新型が登場してから今年で5年目のモデルが登場です。なんと最新モデルはついにABS搭載!しかもキャリパーはブレンボ(@@;

 しかしこの5年という年月が経過していくうち、いつの間にか新型隼のフロントフォークを旧型隼に装着できる商品がTEAM ADACHIさんから市販されている事を最近知りました。
 その商品の名は「フロントホイールコンバートKIT」です。まんまやんけ?!(笑)


 こいつは旧型隼に現行隼のフロントフォークを取り付ける際、旧型のホイールのままだと発生してしまうサイズの差異を調整するスペーサーとカラーのセットのようです。
 これがあれば、現行隼用のホイールを入手する分の予算は削減できます。自分の様に社外品のホイールを履いている場合は予算的に助かる部品ですな(^^)/
 
 とはいえ、それでも現行隼のフロントフォーク(純正・オーリンズに関わらず)を旧型に取り付ける場合には、フロントフォークの他に、ラジアルマウント仕様のブレーキキャリパーや小径化されたブレーキローターが必要です。
 ちなみに、旧型隼のフロントディスク径はφ320mm、現行隼はφ310mmです。もしφ320mmのディスク径に合わせられる様にキャリパーのマウント位置をかさ上げするスペーサーを手配できれば、ブレーキローターは換えなくて済むという選択肢が出てきます!
 
 と、まぁ上記を踏まえた上で、sueブサの現状の仕様を加味して一番コストパフォーマンスが高い本カスタマイズの選択肢は何なのか?を考えてみました。
 
 まず、フロントホイールは現在ゲイルさんを履いているので現状維持で行きたいです。
 つぎに、ブレーキローターは現在ブレンボさんを装着しており、買い替えるほど摩耗もしていないので、こちらも現状維持で行きたいです。
 
 ということは? 本カスタムを実行しようとした場合に必要な物は以下と言う事になります。こうしてみると結構あるな(><) 以下の画像は、TEAM ADACHIさんから拝借しました。
 1)現行GSX1300R Hayabusa用フロントフォーク(または同等品)
 2)現行GSX1300R Hayabusa用アクスルシャフト&ナット(または同等品)
 3)現行GSX1300R Hayabusa用フロントフェンダー(または同等品)
 4)TEAM ADACHI製 フロントホイールコンバートKIT
 5)108mmピッチ ラジアルマウントブレーキキャリパー左右(トキコ、ブレンボ、他)
 6)ブレーキキャリパー用取付スペーサー(ワンオフ、汎用、他)

 

 

Category: sue雪板

Comment (0)  Trackback (0)

トップシーズン並みの雪質で最高♪

 昨日は、今季3度目の家族スキーでハンタマ@栃木県に出かけてきました(^^)/
 いやぁ、現地到着時の朝8時くらいの気温は氷点下8度!寒い(><)
 しかし、おかげでこの時期でもハイシーズン並みの雪質を堪能できました♪
 前回の2月上旬の時は、真逆の春の陽気で汗ばむくらいだったので、この温度差は事前に入れてくるワックス選びが難しいです(--;
 
 んで、人の入りの方ですがね。昨日は午後からが激混みでした。
 通常のゲレンデだと、大体は昼を過ぎれば帰宅する人が増えてきて、リフト待ちは減る傾向にあるんですが、ハンタマって宿泊客の客層が多いのかな?意外と減るどころか、今回のように増えることって珍しくありません。
 ん~、自分も久しぶりに泊りがけで遊びたいです(^^;
 


Category: sue工具

Comment (0)  Trackback (0)

昔、使うつもりで買ったんだよ?!

LPH-50-102Gです。
 
数年前に、何かを塗ろうとして買ったんだよねぇ?!確か・・・
しかし、缶スプレーで塗ったか?本業の方にお願いしたか?で、結局使わずじまいでした。
この度、改めてこのスプレーガンの仕様を確認するべくググってみました。
 
すると・・・?!
ん~・・・なんだか使い道が微妙ですね(--; エアロやパーツの本塗には不適ってことかな?
 

 
アネストイワタ LPH-50シリーズ
 低圧低空気量でタッチアップやボカシ塗装時のオーバーミストが少なく作業性が向上します。 
 塗料ミストの飛散や跳ね返りが少ないので塗装作業者の健康保全に寄与します。
 
低圧スプレーガンの特長
・高塗着効率・低飛散
 低圧スプレーガンは、スプレーガンから噴出される空気流の速度が、汎用のスプレーガンに比べ遅くなっています。「空気流の速度が遅い」という事は、空気の流れ方向に対して力が弱いという事であり、言い換えるとはね返りが少なく、また、吹付空気圧力が低圧である為、はね返る空気の勢いに負けず、塗料粒子が被塗装物に届きやすくなるという事です。
 
・作業環境改善
 水性塗料の普及も進んでいますが、まだ有機溶剤の塗料が主体で、塗装作業の改善について考えますと、塗料ミスト飛散によるスプレーブースや作業者の衣服の汚れなどがあります。低圧スプレーガンは、塗料の飛散を少なくする事によりスプレーブースのメンテナンス期間を延ばすと共に、作業者の汚れを最小限に抑えることができますから作業環境の改善が図れます。
 
 

Category: Motorcycles > Materials

Comment (0)  Trackback (0)

心残りはコイツだけ(><)

冬場はバイクに乗る機会が少ない自分ですが、そもそも冬場に履くパンツがないのよぉ(--;
近場を回るくらいならオーバーパンツでもいいのですが、それなりのツーとやっぱりレザーパンツが欲しい!
 
HYOD好きの自分としてはやはりHYODのレザーパンツが欲しいのですが、冬モデルはお値段が良くてなかなか買えません。
新品に拘らないので、先日のジャケットのようにいつも中古の出物をウォッチしているんですが、出ませんねぇ?!
 
それに、中古のパンツは裾上げなんてしてあると短くて履けませんからねぇ?!なおさら難しいですわ。
HYODさんも年々価格が上昇傾向にあったりしますし、いい加減買ってしまってスッキリしたい気もしています。
 

今年モデルで買ってもいいと思えるのはコイツだけです。
HSP008D ST-X D3O® LEATHER PANTS (STRAIGHT)
                    ¥44,100(本体価格¥42,000)
 
 衝撃吸収力と装着感に優れたD3O®プロテクターを装備したストレートタイプのレザーパンツで、ライディング時はもちろんのこと、バイクを降りた時のシルエットも考慮したパターンを採用しているそうです。
 
 しかし、HYODってなんでどこのお店も値引き販売しないんでしょうねぇ?!
 楽天などでも取り扱いのお店がないしねぇ?!
 
 44000円だってよ?! ん~・・・お高いですね(><)
 

Category: Motorcycles

Comment (0)  Trackback (0)

第40回 東京モーターサイクルショー前売券

 来月、毎年恒例の東京モーターサイクルショーが開催されます。
 
 昨年は、結局面倒くさくなって行かずじまいでした(^^;
 今年は、MSX125、KSR110、390DUKEなどなど、個人的に実車を見てみたいモデルがあるので、行ってみる気になっています。
 とはいえ、また結局面倒くさくなって行かない・・・ってこともあり得るので、多少でも気分を盛り上げるためにも!と思って、本日入場前売券を購入してきました。
 ローソンなどでも買えるのですが、バイク屋さんで買うと、現地でのコーヒー券が1枚付いてくるようなので、最寄りのバイク屋さんで購入してきました(^^)/
 
 さぁ! 今回は現地に行くぞぉ~♪
 

 
 

Category: sue自作

Comment (0)  Trackback (0)

自転車車庫DIY設置5@自転車車庫完成

 ということで、フレームの組み上げ、およびレンガ、タイル、玉砂利の敷設を経て、仕上げにビニールシートを被せて完成です♪
 
 実は、ビニールシートのカラーには1番こだわったかも?
 グリーンブルーじゃいかにも農作業用(><)
 シルバーもなぁ・・・・(^^;
 
 この色はパールブルーというらしいですが、実はうちのガレージの外壁の色によく似ているんですよ。
 なので、庭から両者を眺めた時にしっくりくるんです。
 浮いて見えないってのはポイントで、安かった割に拘った部分が功を奏して気に入っています(^^)/
 

 
 これにて我が家の自転車車庫設置DIYレポートはコンプリート!
 ご閲覧、どうも有り難うございましたm(_ _)m

Category: Motorcycles

Comment (0)  Trackback (0)

危険な香りがする?!

 2月も半ばとなり、3月開催の東京モーターサイクルショーのチケット販売も各バイク店で始まりました。
 
 巷では、やはりホンダとKAWASAKIの原付2種の新車のうわさでもちきりです。
 中でも、MSX125に関しては日本導入がまだメーカーから正式アナウンスが無いので、いろいろと飛び交っていますね?!
 その中でも本当なら嬉しいのは、国内販売は確実、しかも価格は30万円を切るとか?!本当か?
 
 先日の3連休で、ついに我がガレージから子ども達の用品の撤去に成功したわけですが、思ったよりスペースが広くなりませんでした(><)
 思惑としては、空いたスペースに3台目!と思っていたのに、現実はそう甘くないようで?
 
 そう考えると、390DUKEよりも1回り小さい国産原付2種に心惹かれて行きます。
 しかし、悩ましいかな・・・KSRは二人乗りが出来ない。
 MSXは、恐らく4ミニの二の舞が容易に想像がつきます。要は、安く買ってもカスタマイズ魂に火が付いて散財間違いなし!
 
 もう少し楽しい妄想は続きそうです(^^)/
 


Category: sue自作

Comment (0)  Trackback (0)

自転車車庫DIY設置4@車庫の中味

 レンガで枠を組み、入り口には30cm四方のタイルで足場を作ったわけですが、肝心の枠の内側はこんな感じにしました。
 

 
 当初は、入り口に設置した同じタイルで枠の内側も敷き詰めようか?と思ったのですが、
 1)解体後のタイルの用途が思いつかない。
 2)コストが意外とかかる。
 3)お店から自宅までの運搬が大変(^^;
 
ということから、取りやめました。
 
 代わりに、庭に余剰に敷きすぎて困っていた砂利を持ってきて敷き詰めました。
 しかし、そのままだと自転車のサイドスタンドが細くて砂利に埋まってしい、自転車がうまく立たないようだったので、アクセントにタイルを追加して足場代わりに敷きました。
 普段はビニールに覆われていて見えないので、アクセントもデザインもないんですがね(^^;
 
 奥に見える物置は、これまた以前から持っていたものです。
 これまでは、母屋の裏手に放置?されていて使われていなかったのですが、収納力アップを狙ってこれを機に自転車車庫内に移設しました。中味は空っぽなので、これからアイディア次第でいろいろ役に立ちそうですよね?
 
 といっても、この領域(自転車車庫)は私の持ち分ではないので、どう使われるのか?すべてお任せということになりますが(笑)

Category: sue自作

Comment (0)  Trackback (0)

自転車車庫DIY設置3@レンガ敷設

 作業2日目の朝一番から、レンガの敷設作業に入りました。
 昨日のパイプの組み立ては面倒なだけで簡単でしたが、このレンガの敷設は面倒なうえに地道な作業が結構堪えました(^^;
 
 子供たちは 「レンガを並べるだけだから簡単だよね?!」
などとのたまいますが(笑) 経験のある方ならお分かりかと思いますが、まっすぐにかつ、水平に並べるって大変です(><)
 
 何年使うかわからないけど、お役御免の折には解体することを条件にした自転車車庫の設置なので、今回モルタルの類は一切使用していません。
 また、解体後のなるべく無駄な資材が出ないように?とレンガやタイルも最小限にしています。
 


Category: sue自作

Comment (0)  Trackback (0)

自転車車庫DIY設置2@フレーム組立

 3連休、いかがお過ごしでしょうか?
 年始から始まった松の木の伐採、そして切り株撤去はすべてこの日のための布石でした。
 
 連休1日目は、サイクルガレージのフレームを組み立てた後、床面に相当する面積分の資材の買い出しにホームセンターに出かけて帰ってきたところで終了となりました。
 

 
 2日目は、一気に完成までたどり着けるように朝一番から作業開始の予定です(^^)/

Category: Motorcycles > Materials

Comment (0)  Trackback (0)

いい買い物でした♪

 HYODさんの冬物ジャケットを買い換えたくて何年スルーしてきたでしょう?
 
 今年こそ!と意気込んでみたものの、毎年微妙に変わるデザインと値上げ傾向にある各モデルの数々(><)
 今季モデルも好みと予算が合わずスルーと決めていました。
 
 とはいえ、毎日中古の出物を探す日々は日課としていました。
 かれこれずいぶん見続けていますけど、なかなかLLサイズのジャケットが出ないのです。
 出たとしてもかなり古いモデルとか、高値すぎるとか、カタログに載らない福袋?アウトレット的なモデルとかね。
 
 そんな中、「キタ―――(゜∀゜)―――!!!」
 2011-12WINTERモデル。しかも破格でゲット♪
 
 今季モデルと何が違うのか? 画像を加工して比較してみました。すると、
 
 ・ファーがフードについた。
 ・ロゴのデザインが変わった。
 
くらいであとはほとんど変わり映えしていません。D3Oモデルの飽きのこないブラック!最高です♪
 

テーマ : バイク用品  ジャンル : 車・バイク

Category: Motorcycles

Comment (0)  Trackback (0)

MSX125

 こんなバイクがタイホンダから発売されています。
 日本国内導入はあるのか?と、最近巷ではコイツのうわさが飛び交っています。
 

 
 自分の第1印象は、これはアリです?!
 KAWAKAIのKSRチックにも見えないことは無いけど、こちらは二人乗りができます!

 今のご時世に新たにリリースされるモデルとあれば、それなりの期待はもてるんじゃないでしょうか?
 FI仕様なのは今のご時世ならではだけど・・・キャブ仕様にあとからカスタマイズできたら楽しそう?!
 ただし、ホンダはエイプとかぶるので、実際のところ正式リリースはあるんでしょうかね?

 ちなみに、すでにあちらではここまでカスタマイズが進んでいるようです(@@;
 しかも?!4ミニでは国内でも有名なアソコやアソコのメーカーでもすでにコイツのカスタムパーツが出ていたりします。
 なもんで、国内正式導入が決まらずとも、どちらかのお店が並行輸入で引っ張ってくるのは間違いないかもね?

Category: Motorcycles

Comment (0)  Trackback (0)

2013 KSR110

 3月に開催される東京モーターサイクルショーを前に、いろいろと情報が流れてきますね?
 390DUKEの続報はあまり耳にしませんが、今年秋以降のデリバリーなんていう話も拾いました。
 
 正直、今まで散々待ってきたので、そんなに待てないかも? 
 反対に、ここまで待ったんなら最後まで待ってみては?ってのもあるんですがね(^^;
 
 そんな中、昨日拾ったネタです。
 ブライト@カワサキのページに行くと、KSR110が新型が加わっておりました(^^)/
 原付2種枠のバイクの売れ行きが最近好調らしいですので、この流れにカワサキも乗ったのかな?
 
 顔は今のカワサキの流れをそのまま持ってきていますね?!
 Dトラ顔といいましょうか?
 しかし、このバイク、一人乗り限定らしいです。この点が私にとってはウィークポイントになりました。
 
 3rdバイク候補は、娘とタンデムができなくてはなりません(笑)
 
 価格は288000円(タイ生産)とありました。詳しくはブライトHPをご覧ください。
 


Category: sue工具

Comment (0)  Trackback (0)

アメリカからのお届け物

 先日オーダーしたグローブが早速昨日自宅に届きました。
 アメリカからわずか3~4日で届いてしまうんですね。あまりの早い到着に正直驚きました(@@;
 下記の画像は、今回購入したグローブ2式です。
 

 
 左がメカニクス、右がアイアンクラッドです。
 メカニクスの方は、実物を見る機会がないまま購入に踏み切ったので、質やサイズに不安がありましたが、問題なくて安心しました。
 
 こんなに素早く、そして大した送料もかからずに届くのなら、海外通販もありですね。
 バイクや車のアパレルやアクセってけっこう輸入品が多いので、また機会があったら覗いてお買い得品を探してみようと思います(^^)/

Category: sue工具

Comment (0)  Trackback (0)

個人輸入というのかな?

 日本で手に入らないようなので、結局外国@アメリカから買いました。
 
 なんとも、便利な世の中になったものですね?
 昔なら海外通販サイトで買い物をするなんて考えられませんでした。
 それがいとも簡単に個人が外国から買い物ができるんですからねぇ?
 半面、容易がゆえ、やっぱり気を付けないとリスクは高いのだろうな?!と恐ろしさも感じました。
 
 下記の画像のとおり、ironCRADのグローブが日本では手に入れられるお店を見つけられなかったので、海外通販サイトでオーダーしました。
 ついでに、セール中だったのをいいことにMechanixのグローブも一緒に買ってしまいました。
 
 到着は今週中らしいので、商品が無事届いたらまたネタにします(^^;
 

 

Category: sue練走

Comment (2)  Trackback (0)

やっぱりターサー(^^)/

 こんにちは。自称「プチ健康おたく」のsueです(^^;
 
 社会人1年生になった当時・・・このまま身体を動かさない生活に浸るのはマズイ!
 
 そんな気持ちから、学生のころは大嫌いだったジョギングを開始してから早20年(笑)
 いまでは、麻薬のように、3日走らない日が続くと、体内が毒素に侵されているんじゃないか?という気がして、走らなくてはいられない身体になってしまいました(爆)
 
 そんな私の相棒は、かれこれずっとアシックスのターサーと呼ばれるシリーズのシューズです。
 過去、他社のシューズは1度きりで、スポーツ店のくじに当たって無料でゲットしたミズノ@ランバードのみです。
 ハーフマラソン以上の長距離のレースの場合、ちょっとしたニュアンスの違いで足に豆ができやすかったり、疲労をためやすかったりするので、なかなかシューズを他のモデルに変えるのって勇気がいる行為です。
 
 しかし、そうは言いつつも「たまには違うシューズでも?!」と思うことはあるわけで・・・
 さすがにメーカー違いは怖いので、先日ちょっとした浮気心で「スカイセンサー ネオ」というモデルを購入してみました。
 以前のスカイセンサーシリーズは見た目と重量がなんとなく好みじゃなくて敬遠していたのですが、このネオになってからは惹かれるものがあったのです。
 

 
 で、さっそく履いてみたわけですが・・・
 最初の数分こそ、お!いいねぇ?!なんて思ったものでしたが、それ以降の自分の感想としては、不満でした。
 なんていうかなぁ・・・ スピードが出しにくいというのか、重心が前に乗らないというのか?とにかく走りにくい!
 
 スカイセンサーとターサーは兄弟モデルというくらいなので、両者には大差ないとばかり思っていたのですが、実際走ってみてこれほど体感の差があるとは思ってもみませんでした(><)
 
 そのうちに慣れるかな?と思って数日使ってみましたが、履くたびにストレスを感じるようになってしまいまして、結局我慢して履くくらいなら履くのは止めよう!となってしまいました。
 
 だってね。2年履いてくたびれたターサー ゲイルのほうが断然走りやすくて、実際タイムも速いんですから、新品おろしたてのネオの立つ瀬はありません(--;
 
 そこで、モデル末期のセールを狙って再びゲットしてきたのが、 「ターサー ブリッツ」です。
 

 
 どちらもオレンジと黒の配色で、パッと見では違いが判らないくらいじゃないでしょうか?
 しかし、ソールの形状はまるで違いますね。フラットソールのネオと違って、ブリッツはバネを体感できる作りになっています。
 
 で、こちらを履いた感想はどうか?といいますと・・・
 
 いい! 最高! やっぱりこうじゃないとね♪ 
 
 やっぱり、20年履き続けてきたターサーの走り方が身に染みているってことなんでしょうかね。
 
 あとは、シューズに負けないタイムが出せるように日々精進するばかりです(^^;
テーマ : マラソン  ジャンル : スポーツ

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2013