6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

Tompkins 水戸

 以前から1度訪れてみたい思っていた時計屋さんに本日、ついに足を踏み入れてきました。
 
 そのお店は、水戸@内原にある「トンプキンス 水戸」です♪
 なぜここに急に行ってみたくなったかって?
 
 それは、今年の夏にROLEXの新作フェアを実施していたという情報をキャッチしたので、もしかしたら前回紹介した新作のデイトジャスト2があるのではないか?と思ったからです。
 
 お店に到着してみると駐車場に他にお客の車はなく、店の入り口にはガードマンが立ってます(爆)
 
 敷居の高さがにじみ出ている店構えですが、躊躇することなく店内へGO===============!
 
 すると正面にROLEXコーナーが、ばーーーーん!!
 

 
 もうね!何本あるんだ?!ってくらいROLEXが並んでいました。
 正直これだけのロレックスが並んでいるお店は、私は初めて見ました。
 都内の有名百貨店やデパートに行ってもこれだけの数は無いと思います。
 
 また、左を見やると、これまた広いスペースにこれでもか?!ってくらい、有名どころの時計がズラーリ!
 今度ゆっくり見学に来たい! そう思いました・・・って、見学ってところがポイント(爆)

 でね、なんとお目当てのデイトジャスト2はありました(^^)/
 希望通りのブラックダイヤル!
 そして、新作紹介で出ていたシルバーダイヤルもありました。
 なんでも、シルバーダイヤルは旧デイトジャスト2にはないカラーだったそうなので、新作紹介では一面に紹介されたんだろうというお話でした。
 シルバーダイヤルは渋い!渋すぎる(><) 私には20年は早い感でしたわ(爆)
 でね・・・もちろん、禁断の試着です(^^;

 そうです。なんとリスキーな?!欲しいと思っているものは本来触れてはいけません(爆)
 でもねぇ、我慢できずに腕に巻いてしまいました。

 これはヤバい! 危険すぎます(><)

 ちょっと想像以上にケースの大きさと厚みがありましたが、許せる範囲です。


 ん~・・・・こりゃ、遅かれ早かれ時間の問題かも?!

スポンサーサイト

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

ROLEX DateJust II (Ref.116300)

ロレックス デイトジャスト2 (Ref.116300)
 

 
 2012年のバーゼルワールドでロレックスが発表した新型の時計の中の1つがデイトジャスト2(Ref.116300)です。
 
 デイトジャスト2の初登場は、2009年でした。このモデルは、ベゼルに縦溝の模様が入っているフルーテッドベゼル(fluted bezel)でしたが、今回のモデルはプレーンなポリッシュドベゼルに変更されています。
 また、ケースサイズが36mmから41mmと5mmサイズアップされました。
 

 
 内部のムーブメントは、新型のCal.3136が搭載され、耐磁・耐衝撃性の向上が図られているようです。
 ケースおよブレスレットは、904Lという極めて耐食性に強いステンレススチールで造られており、ブレスレットには、イージーリンクシステムという着脱のし易いバックルが採用されています。


 本モデルの発表当時、HP上で散見された本モデルの画像は、シルバーダイヤルしか見られませんでした。
 個人的には、以前から
「Exp.Iにデイトが付いたら最高!」
「デイトジャストでは少々小ぶり」
「フルーテッドベゼルは好みじゃない」
「やっぱり時計はSSモデル」と言っていたので、
 
今回発表されたモデルは、
 1)プレーンなポリッシュドベゼル。
 2)シンプルなバーインデックス。
 3)デイト機能が付いている。
 4)ケースサイズがアップした。
 
と、私が常々欲しいと思っている時計の条件のうち、 「ブラックダイヤル」という点を除き、他はすべてを満たしているという大変惜しい時計だったのでした。
 
 ところが?!実際に販売が始まってみると今回トップに掲載している画像のように「ブラックダイヤル」モデルがある?!
 
 こりゃぁ、ヤバイ! 事件です(@@;

Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.8

 前回の「ジェットバッグ天井収納術」で紹介したように、ジェットバッグを天井に吊る際は、人力でジェットバッグに括りつけたロープを滑車を介して引っ張る!わけです。
 
 当初は前後1本ずつ計2本のロープで引き上げようとトライしたものの、強度的に心許なかったので、前後2本ずつ計4本のロープで引き上げる事にしました。
 
 ところが、いざ4本のロープをまとめて握って引いてみるとイマイチしっかりとした引っ張り感?とでもいいましょうか?それが感じられなかったのです(--;
 
 そこで、ウォレットチェーンなどでよく見かける革紐の編み込み方を真似て、今回の4本のロープを「四つ網み」にしてまとめました(^^)/
 

 
 完成してみると、これが想像以上に良い出来栄えでしてね♪
 我ながらナイスアイディア!だったと自画自賛&大変満足しています(笑) 

Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

BP9号いままで有難う、エスハイ号、これからヨロシクね♪

 9月23日(日)、あいにく早朝から1日中雨模様の日でした。
 予定していた私の予定が雨で流れてしまったため、急きょBP9号とのお別れの日となりました。
 
 家族4人でDまで最後のドライブ・・・「いままでありがとう!」とみんなでお別れしてきました。
 実をいうと私は7年も1台の車を所有したのは初めてでしてね。その分、愛着も思い出も詰まっていた車でした。
 まだまだ現役で走れる車なので、次期オーナーと良縁に恵まれることを願うばかりです。
 
 さて、BP9号に代わって家族カーに迎えたのはエスハイ号です。
 この車は同居する親所有の車だったので、これまでもよく運転する機会があり、「新鮮味が無い」ってのがいまの正直な感想です(^^;
 
 とはいえ、いままで気に入らないと思っていた事も他人の車だから気にならなかっただけで、自分の車となると話は別です。
 まぁ、弄り倒そうという気はさらさらありませんが、いろいろと気になる点があるのは事実で、この辺りは追々改善していこうと思います。

Category: sue工具

Comment (0)  Trackback (0)

スナップオン千葉ツールショー

 本日昼過ぎ、予定通り見学に出かけてきました。
 ショー自体の写真を本当は撮りたかったのですが、周囲を見渡しても撮影しているような人を見かけなかったので控えてきました。
 

 
 ショー自体の感想としては、想像していたより小規模だったですね。
 もっと、ドバーーーーっと派手にいろいろ並んでいるのを想像していたんですが(^^:
 
 お目当てのロールキャビネット!は、しっかりと見てきました。
 あいにく2422のスタンダードなモデルはなかったのですが、2411は白と紺だったかな?見てきました。
 
 さすが!○十万円の商品です。うちのも安くはないけど、全然格が違います!
 そんでもって、その○十万円の商品どころか、それよりも1桁違うようなロールキャビネットも含めて、展示してあるキャビネットがみーんな売約済み(@@;
 
 みんなすげーなぁ! 購入層はみんなプロなんだろうか?それともうちらのようなサンメカ?
 
 でね・・・2411の実物を実際に目の当たりにした正直な感想ですが・・・
 あれはちょっと自分には使えないです(><)
 
 なんて言ったらいいかなぁ?! そうねぇ・・・
 1000万円の車の契約書にハンコを押すのと同じ位の覚悟が必要です(笑)
 
 逆に、あれが自分のガレージに鎮座してあったら、それこそお宝ですわね。一緒に寝たいくらいです(爆)
 
 ということで、現時点では私にあれを買うだけの余裕も覚悟もありません。
 今回はいろいろな意味でいい経験をさせてもらいました(--;
 もうしばらく自分磨きに励みたいと思います(^^)/ 
 
 あ・・・そうそう、結局本日の戦利品はゼロでした。だって、欲しい工具っていま特に無いだもん(^^;

Category: Various

Comment (0)  Trackback (0)

雨天中止(><)

おはようございます。こんな時間に失礼します(笑)
 
本日は、水戸で毎月恒例ソフトボールの予定でしたが、あいにくの天気(--;
雨雲レーダー@7時半予測で見ても、降りは強くなる一方の予測なので残念ながら中止となりました。
 

 
早朝とはいえ、なぜそんな早い時間に起きているのかって?! 
 
朝6時プレイボールなのですが、現地まで1時間はかかる田舎に住んでいるので(爆)
再び今から寝ます。 オヤスミナサイ (--)zzzzzz

Category: sue家族

Comment (0)  Trackback (0)

2012運動会

 本日は子ども達の運動会でした。
 長女は白組、次女は紅組・・・姉妹で赤白に分かれると応援する方も面倒なんですけどね?
 
 朝6時、子ども会用のテントを建てに早朝から校庭に駆り出されたっきり、運動会終了&片づけまで・・・(><)
 毎年なかなかハードです(--; でも今年は空に雲がいくらか出てくれたおかげで、だいぶ過ごしやすい1日でした。
 


Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

ベースキャリア考

 BP9号に積載していたベースキャリアはINNO製でした。
 理由は、THULE、TERZO、INNOという3社の中で一番キャリアバーの背が低く出来たからでした。
 しかし、基本はTHULE好きなsueです(^^;
 
 次に乗る車には、いままで使用していたINNOのベースキャリアが使用できません。
 車が変わるので、マウントやベースが合わないのはわかっていましたが、バーの長さも足りなくて、結局全部買替えになります(><)
 
 今回は、ジェットバッグは必要なときしか搭載しない予定なので、普段はベースキャリアのみの状態になります。
 そこで気になるのは走行中の風切音ですね。ピュー、ピューとよく鳴ると煩わしくて仕方ないです(><)
 
 そんな中、調べているとTHULEからこんな新製品が出ておりました(@@;
 

 
 他社ではまだ似たような商品は見かけません。
 確か、風切音に着目して四角(スクウェア型)ではない形状のバー@エアロバーを出したのもTHULEだけでした。こいつはさらにその上を行きますね!
 
 実物を見かけたことはまだありません。 さて? この商品はどうなんでしょうか?
 
 

Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.7

 使用する時だけルーフにジェットバッグを積んだ方が、洗車もし易いし燃費だって良いに決まってる!
 しかしそうは言っても、いざルーフから下ろしてみると意外とデカくてこんな物の置き場なんてあるわけが無い。
 結果、結局はルーフに積みっぱなし・・・
 
 そんなオーナーさんがほとんどなんだと思います。実際自分もそうだったし(><)
 いや、でもそれじゃダメなんだ!と、本気になって今回実践して見た「ジェットバッグ天井収納術」(笑)
一先ず完了しました。
 以後また何か良いアイディアが思いついたら仕様変更する可能性は多いにありますが(^^;
 
 先日検討した図案通り、ジェットバッグを天井の2箇所からロープで吊り上げる方法を採りました。
 以下の画像は、下記に記す対策を実施した後、つまり現在完了形の写真です。
 

 
 作業時の最初の問題は、ハンドウィンチを使用せずに人力で引き上げたまでは良かったのですが、引き上げている最中に固定する術を考えていなかった事でした(爆)
 吊り上げた後、引いたロープを手から放すとジェットバッグが落下するので、ロープを放すに放せなくなり、身動きがとれなくなりました(笑)
 それと、今回滑車2つ、ロープ2本で引き上げたわけですが、自分一人で引いてみたところ想定外に重かった(><)こりゃ、かみさん1人では無理な作業です(^^;
 とりあえず引き上げた位置でロープの端をワークベンチの脚に縛りつけて現状を維持し、以後対策を考えることにしました。
 

 
 そして次の問題は、ロープで引き上げてみたまでは良かったが、このままロープで吊り上げた状態で定常的に保管して強度的な信頼性は確保できるのか?ってことでした。
 ある時ロープが切れたとか、天井から滑車が外れ落ちたとか・・・ね(^^;
 
 そこで、ガレージの天井裏の構造が自分にはわからないので想像の域は超えないけれど、
 ・滑車に台座を付けて天井の補強をした。
 ・吊り上げる時はロープ、吊り上げた後はステンレスの鎖で吊り下げて、保管中の落下防止対策を施した。
 ・更に、ジェットバッグの真ん中にタイベルトを渡して荷重の分散を実施した。
以上、3点の対策を実施しました。

 これで大丈夫!と確証が持てるとは言い難いけど、きっと大丈夫だと思います(^^;
 

Category: Various

Comment (0)  Trackback (0)

ブログ開設から1か月が過ぎてました。

 Y!ブログを始めて、気が付けば1か月がいつの間にか経過していました。
 
 ブログサービスでのブログはどんなもんか?
 
と思って始めて見たものですから、とりあえず1か月は休まず何かしらブログを上げようと思ってやってきました。
 
 一応、最初に掲げた目標は達成できたので、自分なりの一区切りついた感がありますわね。
 
 毎日の更新を自分のノルマにするつもりはないので、今後もマイペースでいきたいと思います(^^)/
 
 

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

親父へ贈る腕時計 vol.1

 以前当ブログで紹介している「G-SHOCK MR-Gの初期モデル」は、カシオから発売された当時に我々子供一同から仕事中に毎度腕時計を壊してしまう親父への贈り物だったと紹介しました。

 そして、あれから十数年が経過し、見た目はかなり傷だらけでボロボロになりながらも、さすがはG-SHOKです。ハードな扱いに耐え抜いて今まで壊れることなく正確に親父の時を刻んでくれております。
 
 しかしながら、いくら内部のムーブメントが無事でいてくれても、腕に巻くベルトやバックルなどの周辺部品は消耗品です。傷んだり、経たってしまえば腕に巻く事が出来なくなってしまうし、そうなるとその部品を交換せざるを得ません。
 
 前回のブログの時も書きましたが、G-SHOCKのムーブメントはまず壊れません。
 メーカーは、販売から10年が経過すると周辺部品の修理や交換部品の供給を停止してしまうが故、いくらまだ現役で使用できる時計でも実質使用する事が出来なくなってしまうという残念な結果を迎えてしまいます。親父のG-SHOCKもバックルが留まらなくなってしまっており、まさにそんな終わりを迎えようとしています(--;
 
 9/17(祝)、MR-Gの代わりに親父の時を刻んでくれる時計の下見に時計屋に出かけてきました。
 親父の好みは、3針時計・デイト付き・金属ブレスです。
 そして、私の勝手な好みで上記に国産、狂わない@電波時刻補正、止まらない@ソーラー駆動を追加です。
 
 こんなワガママな?6つのポイントをクリアした今回候補となった時計は、CASIOのオシアナス、CITIZENのアテッサ、SEIKOのブライツです。
 今回、カタログをネットで見ていてもその質感や手触りなどは分からないので、実物を確認しに行った次第です。
 
 結果、オシアナスは実物を見る前からある程度予想していた通り、還暦を過ぎたガテン系のオヤジがするような時計じゃありませんでした(^^;
 
 ブライツは、イメージキャラクターがダルビッシュ有であることからもわかるように、やっぱりシニア向けの時計ではない印象でした。決してシニアな方が出来ないわけではありません。うちの親父には似合わないってことですわ(爆)
 
 そして最後のアテッサは、実は今回本命のモデルでした。今回見ることが出来た時計はこれです。
 


 ブライツはステンレスモデル、このアテッサはチタンモデルでしたので、その重量の違いや質感、腕への付け心地の違いを体感したかったわけです。
 材料費としてはチタンの方が高いはずなのに、時計自体の価格はステンレスモデルのブライツの方が二万円も高価なのです!店員さん曰く「その差はムーブメントの差だ」と言ってました。
 私が今回特に気になったのは重量でした。つまり、チタンモデルが故、良くも悪くも軽すぎる(90g無い)印象でした。
 店員さん曰く「時計は軽いに越したことは無い」と言っていましたが、私は時計に存在感を求める口なので、時計の重さを感じないほど軽い時計は個人的にどうも好きになれないのです。また、何万円もする時計なのにおもちゃみたいにペラペラな感じってどうですかねぇ? 
 とはいえ、店員さんのような嗜好の方もおいでなのは事実で、この辺は個人差なのかもしれません。
 
 ということで、今回のCASIO、CITIZEN、SEIKOの国産三大メーカー候補実物比較では、CITIZENのアテッサに軍配が上がりました(^^)/
 お店でCITIZENの最新カタログを頂いて帰ってきたので、帰宅後にそのカタログを隅々まで読み漁っていました(笑)
 
 すると・・・このモデルのほかにこんなモデルもよさげだな?という候補が挙がりました。
 上記画像のモデルはちょっとシンプル過ぎな感じだったのと、ブレスが薄っぺらくて安っぽいイメージがしたので、下記のモデルのほうがブレスレットの造りがしっかりしてそうな感じがしたわけです。
 また、インデックスがはっきりしていて老眼の親父にはこっちの方が時刻が見易いかもしれません。重さも10gほど重いです。
 

 
 
 そしてさらにもう1つがコイツです。
 上記モデルと同じ?ようですがちょっと違うブレスですね。
 こちらはさらに、曜日機能がなく、上記よりシンプルなデザインでシニア向けでしょうか。
 

 
 今後は、上記3モデルを主軸にアテッサシリーズの中から「これだ!」と言うモデルを探しに再度時計屋を訪れたいと思います♪

Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

拭き上げ3回?!BP9号@最後の洗車

 本日は敬老の日でしたので、娘たちを連れて実家の両親の顔を見に出かけてきました。
 来週行けないので、ついでにお墓参りにも・・・
 
 と、その前に汚れてしまっているBP9号を手洗いしてあげましょう!と、朝1番で洗車しました。
 薄曇りで洗車にはもってこい!だったんです。
 
 ところが・・・拭き上げが終了して「終わったぁ!」と思った矢先、ポツポツと雨が降り出してきたと思ったらスコールのように?!
 
 ガーーーン、せっかく拭き上げたのに(><)
 
 すぐさま日がさして雨が上がったので、再度拭き上げ開始! 
 日が差してきたおかげで今度の拭き上げは少々汗だく(--;
 
 今度こそ終わった!と思ったらまたもやボツボツボツ・・・・とにわか雨が(;;)
 
 ニャロー! 
 
 数分後、再び雨が上がって空も明るいので3度目の拭き上げ開始(--;
 もう今度降ってきたら拭き上げはあきらめよう。そう、心に決めて、拭き上げました。
 
 だってね。おそらく私がBP9号を手洗い洗車するのはこれが最後になると思ったから、きちんと今までの労をねぎらってあげたかったのよね。
 まさに、雨に水を差された!そんな感じの朝1番の出来事でした(^^;

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

チタンボルトvol.9「M10x25 P1.25」

 今月分として仕入れたチタンボルトが以下です。
 ベータチタニウムさんのボルトは、こんな感じに梱包されて発送されてきます。
 今回のボルトのサイズは、M10x25 P1.25なのですが、さてどこのボルトでしょう?!
 

 
 答え: 実は、発注を誤りました(><)
 
 装着してみて発覚した事態に、正直、やっちまった!そんな心境に陥りました(爆)
 
 本当はP1.5が正解でした(^^; M10からは細目と並目があるのをすっかり忘れてました...orz

Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.6

 本日午前中は、ガレージチェアの入れ替え作業を実施しました♪
 
 これまでのガレージチェアは、私の愛車@スズキ車のドライバーズシートを使用していました。
 しかし、そもそも座り心地が気に入らないから違うシートに交換していたわけですので、ガレージチェアにしたところでその点は変わりはないのでした。まぁ、スズキ製レカロ?とは言え、レカロはレカロなので、無いよりはまし・・・そんな感じ(爆)
 
 そして今回、BP9号に使用していた本家レカロ@エルゴメドちゃんがお役御免で戻ってきたので、エルゴメドちゃんにはこれを機に第2の人生をガレージチェアに捧げてもらいました♪
 

 
 作業はもちろんポン付けできるものではありませんので、いろいろと細工しましたが無事に変更完了♪
 お役御免となった純正シートちゃんは、私の愛車売却の時までしばらく冬眠です(爆)

Category: sue自作

Comment (0)  Trackback (0)

DINコネクタ断線修理

 先日のツーリングの後半ごろだったかな? 左スピーカーから聞こえる音声が途切れるようになっていました。
 コネクタの接触不良か? なんて思って信号待ちの際などに何度か繋ぎ直しても症状は変わりませんでした。
 
 走行中にあまり気にし過ぎて事故を起こしても困りますので、帰宅後に改めて確認してみました。
 すると、使用しているカールコードの不具合のようでした(><)
 
 カールコードに使用されているコネクタは汎用の5P-DINコネクタです。
 そこで、早速テスターで導通を診てみると5本のうち1本だけ導通が取れませんでした。
 
 犯人はコイツだ!
 
 と、まぁ、原因は断線ってことで間違いないのですが、さて?
 この断線は、ケーブルの断線なのか?コネクタの断線なのか?
 
 通常、引きちぎれたとかケーブルを長期間踏みつけていたとかでもない限り、ケーブルが断線するなんてことはまずありません。
 ってことは、断線の原因はほぼコネクタ内部の不具合と推定されます。
 
 問題は、コネクタって分解できるのか?!ってことでした。
 一見、分解できるようには見えないのですが、汎用であるからには分解できるはず?!と、しばらく格闘を続けているうちに、なんとか分解に成功! 
 下記画像をご覧ください。青い線が浮いていますね?!これで原因がはっきりしました(^^;
 

 
 この切れてしまった青い線を再度つなげば問題は無事解決!のはず・・・
 
 しかし、実は今回ちょっとしたトラップが仕掛けてありました(爆)
 
 ご覧のとおり、他の4本の線とコネクタの距離はギリギリです。
 青い線を再度ハンダ付けするには、青い線を多少なりとも引っ張らねばなりません。
 で、引っ張ってハンダ付けした画像がこちらです。とりあえずうまくいきました(^^;
 

 
 トラップというのは、ここから先でした(--;
 コネクタを元に戻して再度導通をチェックしたらまたNGでした(><)
 
 再度コネクタをばらしてみたら、元のとおりまた青い線は断線状態!さらに、ほかの線のハンダまで断線してしまったというおまけ付き(爆)
 
 青い線に限らず、もともとどの色の線も長さに余裕がなかった為、コネクタを元に戻す際にケーブルを引っ張った時に切れてしまったものと思われます(--;
 
 仕方がないので、1度すべての線を切断して長さを調整し、コネクタ側の端子に付いていた古いハンダを除去し、全部やり直す羽目になりました(;;)
 
 まぁ、いろいろありましたが、なんとか無事に修理は完了しました。
 聞こえなかった左側の音声も正常に聞こえるようになりました(^^)/
 
 新品を買えば手間なく3150円+送料他でしたが、今回は自分の勉強にもなったしタダで直ったし、これでよかったかな(笑)

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

20120913:五十里ダム、湧水の郷しおや

 塩那道路を後にして、日塩道路で鬼怒川側に下りようか?とも思ったのですが、まだ時間も早かったので、私の大好きなR121号@三依方面に向かいました。
 
 R400からR121を通って川治温泉までのルートは何度来ても良いです♪
 五十里湖に架かっている旧R121の橋の上で写真を撮りたいと通るたびに思いながらこれまで立ち止まることが無かったので、今回は天気も良かったし立ち寄って念願のショットをパチリ(^^)v
 

 
 川治温泉からは龍王峡-鬼怒川温泉と来て、R461を走っていると新しく出来たばかりの道の駅@湧水の郷しおやが目に入りました。
 朝5時に起きてからと言うもの、飲まず食わずでココまで来て時刻は午前10時半、ここで一旦小休止です(^^;
 

 
 しかしながら・・・この道の駅は新しいだけでねぇ。ファーストフードも無ければ、食事処も昼から!と言う事で開店準備中で入れず(><)
 食べたかったソフトクリームも無いし、ちょっと残念な感じでした(^^;

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

20120913:塩那道路


 
 地図には載っているもののそこが何なのか? 知らなければきっと行くことは無いであろう・・・
 
 それが「塩那道路」(・・)/
 
 自分自身、これまで過去何度となくすぐ横を素通りしてきたけど、気にも留めませんでしたからね(爆)
 
 今回、そこが何なのか知ってしまったもので、どうしても足を運んでみたくなり、ソロで出かけてきました(^^)/
 上記の画像は往来が許可されている地点のちょっと手前の避難地帯での1カットです。
 
 ちなみに、最終地点は下記の画像のように門扉で閉ざされています。
 本日、平日木曜日ですが、車3台とマラソンランナー2名を確認しました。バイクと自転車はいませんでした。
 

 
 まぁ、走って楽しいか?!と言われるとどうかなぁ? 
 タイヤは端まで使い切れるけど、急こう配&ヘアピンカーブの連続で疲れちゃうかも?!
 といいつつ、2往復しましたけどね(笑) 足尾から鹿沼に抜ける峠道に比べれば路面がいい分ましかも?
 

Category: sue工具

Comment (0)  Trackback (0)

Snap-on 千葉ツールショー開催

 当方においで下さる高橋商会さんから以前お知らせを頂いていた「Snap-on主催の葉ツールショー」がSnap-on公式サイト上で9/7にアップされました。
 

 
 しかーし、準備不足のまま先走ってしまったようで?本日まで開催チラシのPDFファイルが閲覧が出来ませんでした(--; 本日から無事に表示できるようになったようですね♪
 
 さて、本ツールショーの入場はどうしたらいいのか?千葉県主催だから千葉県民限定か?なんて(笑)
 
 HPの記載を見ると「付き合いのあるバンセールスさん(加盟店)に依頼して下さい」とあります。
 ん?私のようにSnap-onの工具は工具屋さんで買う専門です!みたいな、近所のバンセールさんなんて知らんよ?!っていう人はどうしたらいいんでしょうね?
 
 そこで、HPから問合せフォームを使用して「知り合いの加盟店なんてありませんよぉ?!」とメイルしてみたところ、Snap-onの営業部様から丁寧なメイルと郵送で招待状を頂く事が出来ました。
 

 
 これで私も本ツールショーに入場する資格を得ました。
 さて!当日は時間の都合をつけて襲撃できるか?! 今から楽しみになってきました(^^)v

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

G-SHOCK GULFMAN (GW-9110-1JF)

GULFMAN (GW-9110-1JF)

 
 現在自分が使っているG-SHOCKはコイツです♪
 このモデルのポイントは、止まらない・狂わない・壊れないの3拍子が揃っている点でしょうか?
 そしてさらに、上記3拍子に加えて、チタン素材を随所に採用することで、軽い・錆びないという2つのメリットを持っています。つまり、5拍子揃ったスグレモノです(^^)/
 
 また、ケースの厚みが先に紹介したフロッグマンやテリエモデルと比較して薄いので使い勝手も良く、今のところ自分の使用環境で不満は見当たりません。末永く長く使えそうです!

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

チタンボルトvol.8「キャリパーブリッジボルトPart2」

 本来なら、一度に欲しいボルト全部を購入できたらいいのですが、今のご時世なかなかそうもいきません(;;)
 毎月、自分の少ない懐の中からコツコツとコレクション?を増やす計画でがんばる次第でございます(笑)
 
 さて、前回のブログで削りリアキャリパーに装着したブリッジボルトを紹介しましたが、今回は満を持してフロントキャリパーのブリッジボルトの交換です。
 こいつは片側だけで4本のボルトがあるので、左右で計8本も必要になります(><)
 たかだかボルト8本で2諭吉以上の費用がかかるわけですから、購入するにはかなりの気合が必要でした(笑)
 
 そして、8本も交換するなら!どれくらい軽量化できるのかな? と、重量比較を行ってみました。
 

 
 結果、1本当たり約半分の重さとなりました。大体1本当たり7~8g減だとして、×8本なので、約60gの軽量化というところでしょうか?
 
 そうそう!ブレンボさんの4POTキャリパーなのですが、どうもキャスティングキャリパーと削りキャリパーではブリッジボルトの長さが異なると言う情報をどなたかのブログで拝見しました。もし、これから交換を予定されている方は、お高いボルトなので購入する前にきちんと長さを確認された方が良いと思いますので、ご注意ください。
 
 ではお待ちかね!以下が交換後のフロントキャリパーの画像です♪ いかがでしょうか?
 


 いい感じのカラーコーディネイトでしょう?なーんて自画自賛(^^;
 
 しかしですね・・・この画像を見て思わず、ムムム(--;ってボルトがありますねぇ?!
 このボルト、確か以前DIYで自分がボルトの頭を削って作ったボルトです(><)
 次回のターゲットはコイツに決まりですかね(爆)

Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

下したついでに洗バッグ♪

 ルーフに積んだジェットバック、積んだら最後、なかなか下すことは稀です(^^;
 今回、下したついでに洗車ならぬ、洗バッグしました(笑)
 
 BP9号とともに7年使ってきたにしてはほとんど傷んでいませんでした(^^)v
 このあたりはさすがTHULE!ってところかな。
 
 ワコーズのヴァリアスコートで全体を拭き上げてFINISH!
 

 
 さぁ、天井に吊るか?!

Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

スイスポでエコドライブですが何か?

 私の通勤で使用している車@通勤快速号は、もちろん?鱸菌のスイスポ号です。
 購入して4年、すでに10万kmオーバーでございます。
 スポーツ車のカテゴリーに属している車なので、大体皆さんのベクトルはサーキットや峠道ですが、当方の場合は低燃費指向のカスタマイズでエコドライブを楽しんでいます(笑)
 
 以下は過去3年の燃費記録の軌跡をグラフで表してみました。
 ここ最近の燃費は平均して17.0~18.0km/Lとその辺のエコカー並みに走ってますでしょ♪
 


Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.5

 欲しいと思ったハンドウィンチ以外の製品の場合、うちには設置場所が思いつかない。
 そして、スーリー製のボックスリフトは高価だし、ロープ1本を4箇所に渡してってのが好みじゃないので却下。
 
 そこで、ひとまず以下の図のような感じでジェットバッグを天井に吊ってみようと思います。
 吊ってみた結果、もしかしたらいい保管案が思いつくかもしれませんし(^^;
 ちょっと楽しみになってきました。
 

 
 

Category: sue雨燕

Comment (0)  Trackback (0)

BP9号の最後の雄姿

 2012年9月5日、正式にアウトバック@BP9号とのお別れが決定しました(><)
 
 2005年、通勤で一人で乗り歩く自分の車よりも、普段チャイルドートを2つ積んで使用する機会が多いかみさんの車の方をsue家のメインカーにしよう!そんな思いからの購入でした。
 
 あれから7年、BP9号は家族とともにたくさんの思い出を作ってくれました。
 私がメインで乗っていたわけではないので、ある意味BP9号はあまり手をかけてやれず、かわいそうだったかも?ていうのが私の正直な感想です。
 娘たちからすれば、アウトバックとともに成長してきたわけなのでいわば家族同然。いまでもお別れには反対しています(^^;
 
 しかしながら、我が家は二世帯同居であるが故、いずれは自分の車で家族全員を載せて移動できるようにしなければならないという使命を抱えていたのは事実で、今回その機会が来た。そういう事です。
 
 画像は昨年、家族でキャンプに出かけた時のBP9号の雄姿です!かっこいい(><)
 さすがに細かく見ればくたびれてきた感は多少ありましたけど、7月に車検を通したばかりでまだまだ乗り続ける気満々だったんですがね。足回りもやり直してあったし、エンジンも快調だし・・・
 
 娘たちだけでなく、私もちょっと寂しいというのが本音です。
 お別れは今月末の予定なので、それまでの間、純正パーツに戻すところは戻しつつ、いままでの労をねぎらいながら感謝の心をもって接したいと思います。
 


Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

チタンボルトvol.7「1年前の某ブログにて」

 画像に写っている車体は残念ながら隼ではございません。
 しかしながら、この車体に使用されているフロントアクスルシャフトはなんと隼用が流用されています。
 
 ということは? そう、私が言いたい事はもうお分かりですね?!
 この青紫色に輝く「フロントアクスルボルト」がまさにチタン64製です(^^)/
 
 実はこの画像、昨年の8月に某バイクショップのブログで紹介されていたのを見つけて拾っておきました。
 あれから1年が経過し、いまさらですが、思い出して当てを付けることに成功しました。
 機会があったら欲しい逸品です! 
 


Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.4


 スーリーのボックスリフトもいいけど、オリジナルのジェットバッグ天井収納を考えるだけでも楽しいわけで・・・(^^;
 
 そんな中、画像のハンドウィンチに白羽の矢を立てました。
 
 ポイントは滑車の回転方向と回すハンドルの回転方向が直交している点と、このウィンチはどちら方向に回してもギアが固定されてフリーで回らない点です。
 
 特にハンドルの向きが重要でしてね。他のどのウィンチも滑車の回る向きとハンドルを回す向きが同じのものがほとんど!これだと、ウィンチは柱だったりゲタをはかせるなどしてハンドルが回るだけのスペースを確保する必要があって取り付け場所に制限が出てしまうんです。
 で・・・・もちろん近所のホームセンターで売っているわけもないので、通販で買おうと思ったのですが・・・
 2012年度版のカタログに記載されているのに、なんとすでに廃版で入手不可能の商品でした(爆)
 
 オリジナル天井収納の構想は振出しに戻りました(--;

Category: Motorcycles > Hayabusa

Comment (0)  Trackback (0)

チタンボルトvol.6「キャリパーブリッジボルト」

 bremboさんの削り2POTキャリパーをついに手にすることが出来た!これは十分嬉しい出来事でした♪
 
 だがしかし、どうです?先日の画像で気になりませんでしたか? あのくすんだ銀色のブリッジボルト(--;
 そして画像では分かりませんが、ブリーダーボルト、そしてパッドピンの残念な質感(><)
 実用的には問題ないのかもしれませんが、上記3点がヴィジュアル的に自分の評価を落としていました。
 
 そこで、先ずはブリッジボルト。満を持してβチタニウム社製のブリッジボルトがここで登場です。このキャリパーで使用するブリッジボルトは2本だけです。
 
 そして、ブリーダーボルトとパッドピン。こいつ等はどうしましょうか?
 恐らくβチタニウム社に特別にオーダーすれば作ってもらえたと思いますが、BRIGHT LOGIC社で既に販売されていた本キャリパー専用のパッドピンを気に入っていたので、コイツをゲットしました。また本B社ではブリーダーボルトも既に製品化していたので、手っ取り早く一緒にオーダーすることにしました。
 
 はい、これで冒頭で気になった3点全てをチタン64製に変更することができました(^^)/
 

 
 いかがです? 見違えたでしょう? この削りのゴールドにマジョーラブルーが見事に映えます♪
 そして、上記3つのボルトをチタン64に変更した結果、重量にどれ位の差が出たのか?一応確認です。
 


 結果、22gの軽量化を実現しましたしかしこの結果はあまり効果があるとは思えない結果ですわね(爆)
 まぁ、今回のこのチタンボルト化の意図するところは、軽量化云々よりもボルト特性の変更によるキャリパーの制動性能の向上、そしてヴィジュアル面、メンテナンス性の向ですので、自分的には全く問題なし!
 
 まぁ、極論を言うと「効果がある無しに関わらず、自己満足100%!」ですけどね(爆)

Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.3

 家族でスキー場やらキャンプ場やらと遊びに行く際、車のルーフに積むジェットバッグは必需品です。
 
 とはいえ、使用するのは年に10回あるかないか?なわけで、使用しないのに積んでおくのは、燃費も良くないし、立体駐車場には入れないし、デメリットの方が多い気がします。
 みんなそんなことはわかっちゃいるけど、ルーフ上から下ろしたところで、置き場が無いので、積みっぱなしにせざるを得ないというのが実情でしょう(--;
 
 そこで、いっそのこと天井から吊ってしまったらどうか?と思うわけですがいかがでしょうか?
 
 滑車とワイヤー(またはロープ)、そしてハンドウィンチなどを手配して、どうやったらうまい具合に自分一人で安全に吊り上げて、且つ保管することができるか?いろいろ考えていました。
 
 すると、さすがスーリー! こんなものがメーカーからすでにリリースされているとは驚きです(@@;
 試行錯誤の上ホームセンターなど各種部品を手配して、安価なオリジナルのリフトもいいけど、てっとり早くこれを使うっていう手もアリですわね? 悩むところです。
 


Category: sue車庫

Comment (0)  Trackback (0)

12ガレージライフ 3rd-Stage vol.2

 前回のブログの画像に写っていた木材を加工してワークベンチを製作しました。
 天板のサイズは1500x550mmというちょっと一般的な規格よりは小さいサイズとなっています。
 また、うちの床は勾配が少々きつくて左右差で30㎜も足の長さが違う(@@;
 こういう理由から、市販品を買ってきてというわけにはいかなかったんですわねぇ・・・
 
 もともとこの位置にはロールキャビネが鎮座していたのですが先日場所を移動したため、この場所が空きスペースになったのを機に、今回の製作に至ったわけです。
 天板の下はまるまる収納スペースになっていまして、これまで床置きで置き場に困っていた物がみんなすっぽり収まるようにしました(^^)/
 
 当初は製作の過程をアップしようと思いましたが・・・作業がハードすぎて(特に大変だったのがほぞ穴掘り)時間に追われ、写真どころではなく断念しました。完成画像のみで勘弁ください(^^;
 

 
 今回の製作の拘りは、出来るだけ釘やコースレッドを使わず、ほぞ継ぎだけで製作を試みた点でしょうか?
 しかしまぁ、道具もスキルも不足していて、時間がかかるばかりで、とても仕上がりをお見せできる様にはできませんでした(--;
 
 今回欲しいなぁ!と思った工具は、ノミ@各種サイズ、スライド丸ノコもしくはテーブルソー、もしくはバンドソー、そして角ノミ機、胴付ノコギリでした。
 まぁ、どれもこれも本職の大工さん、もしくは日曜大工が趣味のお父さんでもなければ買っても元が取れないものばかりです(><) 
 
 もし、次回何か作る機会があれば、今回の反省を踏まえてより良い作品にチャレンジしたいです(^^)/

Category: Various

Comment (0)  Trackback (0)

人生初の後ボケ写真

 この画像の撮影日は2007年10月16日でした。
 この日は、私のデジ1デビューの日でしてね。私が撮影した後ボケ写真としては人生初のショットになります。
 
 ということは?すでにあれから5年も経つんですね(@@;
 デジ1歴がいつのまにか5年かぁ・・・なんのことはない、まったくのビギナーのまま5年が経過してます(--;
 

 
 私がデジ1の世界に足を踏み入れたきっかけは、ここにお越しいただいているsatoさんですね。
 忘れもしない、2007年7月鵜の岬での会話。
 
 sue:「satoさん!よく背景がボヤケていて撮りたいものだけにピントが合っている写真てあるでしょう?あれってコンデジでどうやって撮ったらいいの?」
 
 satoさん:「え?!何言ってんの?!sueさん。 1眼レフカメラじゃなきゃ撮れないよ。
 
 satoさんとの出会い、そしてこの一言が無ければ私がデジ1の扉を開くことは無かったと思います。
 動画全盛の時代ですが、一瞬一瞬、その瞬間のドラマや歴史を切り取る静止画@写真の世界!
 素敵な世界ですね(^^)/
 

Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2012