6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

HAPPY BIRTHDAY to 親父

 明日は、自分の父親の誕生日です。
 月曜日ということもあり、実家に出向くことができないので昨日の午後に行って手渡してきました。
 

 
 先日、ここの場でも候補をいくつか挙げました。
 あちこちのお店に何度か足を運び、候補となる時計を実際に手に取り、腕に巻き、確認して決めました。
 やっぱり、カタログやネットで見るのと、自分で腕に巻くのとでは印象が異なりますね。特に、装着感や重量感はカタログスペックではわかりません。
 
 最終的に贈った時計は以下です。
 贈られた本人も意外なプレゼントに驚いていた様子でしたが、喜んでくれてよかったです。 
 

 今回なんといっても心配だったのは親父のリストの太さでした。
 通常の人よりも太いというのは知っていたんですがあそこまで太いとはねぇ?!
 私がして指が3.5本入るリスト周りでドンピシャなんです(@@;
 今回の時計も、詰めるどころか、危うくブレスのコマが足りないところでした(爆)
 ぎりぎり間に合ってよかったです。
 電波、ソーラー、タフボディの時計です。今度の時計は壊さなければ墓まで持って行けます(笑)
 
 親父、誕生日おめでとう(^^)/ 
スポンサーサイト

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

Tompkins 水戸

 以前から1度訪れてみたい思っていた時計屋さんに本日、ついに足を踏み入れてきました。
 
 そのお店は、水戸@内原にある「トンプキンス 水戸」です♪
 なぜここに急に行ってみたくなったかって?
 
 それは、今年の夏にROLEXの新作フェアを実施していたという情報をキャッチしたので、もしかしたら前回紹介した新作のデイトジャスト2があるのではないか?と思ったからです。
 
 お店に到着してみると駐車場に他にお客の車はなく、店の入り口にはガードマンが立ってます(爆)
 
 敷居の高さがにじみ出ている店構えですが、躊躇することなく店内へGO===============!
 
 すると正面にROLEXコーナーが、ばーーーーん!!
 

 
 もうね!何本あるんだ?!ってくらいROLEXが並んでいました。
 正直これだけのロレックスが並んでいるお店は、私は初めて見ました。
 都内の有名百貨店やデパートに行ってもこれだけの数は無いと思います。
 
 また、左を見やると、これまた広いスペースにこれでもか?!ってくらい、有名どころの時計がズラーリ!
 今度ゆっくり見学に来たい! そう思いました・・・って、見学ってところがポイント(爆)

 でね、なんとお目当てのデイトジャスト2はありました(^^)/
 希望通りのブラックダイヤル!
 そして、新作紹介で出ていたシルバーダイヤルもありました。
 なんでも、シルバーダイヤルは旧デイトジャスト2にはないカラーだったそうなので、新作紹介では一面に紹介されたんだろうというお話でした。
 シルバーダイヤルは渋い!渋すぎる(><) 私には20年は早い感でしたわ(爆)
 でね・・・もちろん、禁断の試着です(^^;

 そうです。なんとリスキーな?!欲しいと思っているものは本来触れてはいけません(爆)
 でもねぇ、我慢できずに腕に巻いてしまいました。

 これはヤバい! 危険すぎます(><)

 ちょっと想像以上にケースの大きさと厚みがありましたが、許せる範囲です。


 ん~・・・・こりゃ、遅かれ早かれ時間の問題かも?!


Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

ROLEX DateJust II (Ref.116300)

ロレックス デイトジャスト2 (Ref.116300)
 

 
 2012年のバーゼルワールドでロレックスが発表した新型の時計の中の1つがデイトジャスト2(Ref.116300)です。
 
 デイトジャスト2の初登場は、2009年でした。このモデルは、ベゼルに縦溝の模様が入っているフルーテッドベゼル(fluted bezel)でしたが、今回のモデルはプレーンなポリッシュドベゼルに変更されています。
 また、ケースサイズが36mmから41mmと5mmサイズアップされました。
 

 
 内部のムーブメントは、新型のCal.3136が搭載され、耐磁・耐衝撃性の向上が図られているようです。
 ケースおよブレスレットは、904Lという極めて耐食性に強いステンレススチールで造られており、ブレスレットには、イージーリンクシステムという着脱のし易いバックルが採用されています。


 本モデルの発表当時、HP上で散見された本モデルの画像は、シルバーダイヤルしか見られませんでした。
 個人的には、以前から
「Exp.Iにデイトが付いたら最高!」
「デイトジャストでは少々小ぶり」
「フルーテッドベゼルは好みじゃない」
「やっぱり時計はSSモデル」と言っていたので、
 
今回発表されたモデルは、
 1)プレーンなポリッシュドベゼル。
 2)シンプルなバーインデックス。
 3)デイト機能が付いている。
 4)ケースサイズがアップした。
 
と、私が常々欲しいと思っている時計の条件のうち、 「ブラックダイヤル」という点を除き、他はすべてを満たしているという大変惜しい時計だったのでした。
 
 ところが?!実際に販売が始まってみると今回トップに掲載している画像のように「ブラックダイヤル」モデルがある?!
 
 こりゃぁ、ヤバイ! 事件です(@@;

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

親父へ贈る腕時計 vol.1

 以前当ブログで紹介している「G-SHOCK MR-Gの初期モデル」は、カシオから発売された当時に我々子供一同から仕事中に毎度腕時計を壊してしまう親父への贈り物だったと紹介しました。

 そして、あれから十数年が経過し、見た目はかなり傷だらけでボロボロになりながらも、さすがはG-SHOKです。ハードな扱いに耐え抜いて今まで壊れることなく正確に親父の時を刻んでくれております。
 
 しかしながら、いくら内部のムーブメントが無事でいてくれても、腕に巻くベルトやバックルなどの周辺部品は消耗品です。傷んだり、経たってしまえば腕に巻く事が出来なくなってしまうし、そうなるとその部品を交換せざるを得ません。
 
 前回のブログの時も書きましたが、G-SHOCKのムーブメントはまず壊れません。
 メーカーは、販売から10年が経過すると周辺部品の修理や交換部品の供給を停止してしまうが故、いくらまだ現役で使用できる時計でも実質使用する事が出来なくなってしまうという残念な結果を迎えてしまいます。親父のG-SHOCKもバックルが留まらなくなってしまっており、まさにそんな終わりを迎えようとしています(--;
 
 9/17(祝)、MR-Gの代わりに親父の時を刻んでくれる時計の下見に時計屋に出かけてきました。
 親父の好みは、3針時計・デイト付き・金属ブレスです。
 そして、私の勝手な好みで上記に国産、狂わない@電波時刻補正、止まらない@ソーラー駆動を追加です。
 
 こんなワガママな?6つのポイントをクリアした今回候補となった時計は、CASIOのオシアナス、CITIZENのアテッサ、SEIKOのブライツです。
 今回、カタログをネットで見ていてもその質感や手触りなどは分からないので、実物を確認しに行った次第です。
 
 結果、オシアナスは実物を見る前からある程度予想していた通り、還暦を過ぎたガテン系のオヤジがするような時計じゃありませんでした(^^;
 
 ブライツは、イメージキャラクターがダルビッシュ有であることからもわかるように、やっぱりシニア向けの時計ではない印象でした。決してシニアな方が出来ないわけではありません。うちの親父には似合わないってことですわ(爆)
 
 そして最後のアテッサは、実は今回本命のモデルでした。今回見ることが出来た時計はこれです。
 


 ブライツはステンレスモデル、このアテッサはチタンモデルでしたので、その重量の違いや質感、腕への付け心地の違いを体感したかったわけです。
 材料費としてはチタンの方が高いはずなのに、時計自体の価格はステンレスモデルのブライツの方が二万円も高価なのです!店員さん曰く「その差はムーブメントの差だ」と言ってました。
 私が今回特に気になったのは重量でした。つまり、チタンモデルが故、良くも悪くも軽すぎる(90g無い)印象でした。
 店員さん曰く「時計は軽いに越したことは無い」と言っていましたが、私は時計に存在感を求める口なので、時計の重さを感じないほど軽い時計は個人的にどうも好きになれないのです。また、何万円もする時計なのにおもちゃみたいにペラペラな感じってどうですかねぇ? 
 とはいえ、店員さんのような嗜好の方もおいでなのは事実で、この辺は個人差なのかもしれません。
 
 ということで、今回のCASIO、CITIZEN、SEIKOの国産三大メーカー候補実物比較では、CITIZENのアテッサに軍配が上がりました(^^)/
 お店でCITIZENの最新カタログを頂いて帰ってきたので、帰宅後にそのカタログを隅々まで読み漁っていました(笑)
 
 すると・・・このモデルのほかにこんなモデルもよさげだな?という候補が挙がりました。
 上記画像のモデルはちょっとシンプル過ぎな感じだったのと、ブレスが薄っぺらくて安っぽいイメージがしたので、下記のモデルのほうがブレスレットの造りがしっかりしてそうな感じがしたわけです。
 また、インデックスがはっきりしていて老眼の親父にはこっちの方が時刻が見易いかもしれません。重さも10gほど重いです。
 

 
 
 そしてさらにもう1つがコイツです。
 上記モデルと同じ?ようですがちょっと違うブレスですね。
 こちらはさらに、曜日機能がなく、上記よりシンプルなデザインでシニア向けでしょうか。
 

 
 今後は、上記3モデルを主軸にアテッサシリーズの中から「これだ!」と言うモデルを探しに再度時計屋を訪れたいと思います♪

Category: Various > Watches

Comment (0)  Trackback (0)

G-SHOCK GULFMAN (GW-9110-1JF)

GULFMAN (GW-9110-1JF)

 
 現在自分が使っているG-SHOCKはコイツです♪
 このモデルのポイントは、止まらない・狂わない・壊れないの3拍子が揃っている点でしょうか?
 そしてさらに、上記3拍子に加えて、チタン素材を随所に採用することで、軽い・錆びないという2つのメリットを持っています。つまり、5拍子揃ったスグレモノです(^^)/
 
 また、ケースの厚みが先に紹介したフロッグマンやテリエモデルと比較して薄いので使い勝手も良く、今のところ自分の使用環境で不満は見当たりません。末永く長く使えそうです!

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2017