6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: sue自作

Comment (2)  

備忘録:重ね塗り時の注意事項

 DIYペイント歴は結構長い自分ですが、あまり2色、3色を重ねて塗るっていう機会はそう多くありませんでした。
 今回、3色塗りに挑戦しようと思っているので、前々から疑問に思っていた件を思い出し、ちょっと勉強してみました。

 車の純正色@カラーコードで市販されているソフト99やホルツに代表される缶スプレーの塗料は、アクリル(ラッカー)塗料:揮発乾燥系と言います。
 一方、最近DIY塗装で仕上げに使うクリヤ塗料は、硬化剤を混合する2液タイプのもので、ウレタン塗料:反応硬化系と言います。
 通常、タイプの異なる塗料の重ね塗りはNG(塗装不良を起こす原因になる)のはずなのですが、ネットで拡散している捨てクリヤの使用方法に代表されるように、アクリルクリヤの上にウレタンクリヤを塗って仕上げる手法が常識化しています。

 ココで今回の自分の疑問点はこれです。
 3色使ううち、塗装面保護のために毎度捨てクリヤを吹こうと思うのですが、上記の流れから行くと以下のように塗装を積み重ねていくことになるんだけど、これってどう見てもNGじゃね?

 2液ウレタンクリヤ
 ウレタン塗料@3色目
 捨てクリヤ(アクリルクリヤ)
 ウレタン塗料@2色目
 捨てクリア(アクリルクリヤ)
 ウレタン塗料@1色目
 2液ウレタン@サフェサー

スポンサーサイト
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: sue自作

Comment (2)  

捨てクリアって何のため?

 クリア塗装は何のためにするのか?といえば、本来の目的は塗装面保護であって、決して艶出しの為じゃないわね。
 メタリックやパール、キャンディ色のクリア塗装は、上塗り@ラメ層の保護の為に必須ですが、ソリッド色はうまく塗れれば、正直研ぎ出しなんて最小限で済むわけだし。
 最近流行りのウレタンクリアは、耐ガソリンってことでタンク塗装の場合には、やっぱり塗装面保護という点でソリッドでもアリですね。

 でも実態は、うまく塗装の肌が作れなくて必要以上に研ぎ出さないと面(艶)が出ないから、対処法としてクリア層を塗らねばならないってのが大勢なんじゃなかろうか?

s-IMG_0810ps.jpg

 話は変わって、タイトル通りの「捨てクリア」について今回、改めて考えてみました。

 巷では、「捨てクリア」=「塗装の境目の段差消し」って図式が一般的なんだけど、ホントかね?ってのが発端なんですが(^^;

 メタリックやパール、キャンディなどの色を使った多色塗りの場合、その都度クリアーを塗装しないとなりません。その理由は上記の通りで、「塗装面保護」が目的ですわね。

 たとえば、メタリック色の上にクリアー塗装をせずに次の色のためにマスキングテープを貼ると、そのマスキングを剥がす時、表面のメタリックがマスキングの糊に引っ付いて一緒に持っていかれてしまうことがあります。こうなってしまうと、メタリック色側にテープの跡が残ってしまうことになりますね?
 
 あとは、塗装中に塗装面に付着する異物を対処する際、塗装面を研ぎ出すわけにはいかないけど、クリア層なら研ぎ出しが可能ですね?
 この研ぎ出し可能ってのは、単にブツ取りだけの目的じゃなくて、異なる色の境目の段差を目立たなくする時にも有効となります。これがいわゆる冒頭の「捨てクリア」=「段差消し」に該当する部分ですね。

 こうやってみてみると、捨てクリアってのは、なかなか奥が深いというのがよくわかりました(^^)/
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: sue自作

Comment (4)  

塗料の成分違いによる取扱い注意

4978955116120.jpg 塗装物は、大体は仕上げにクリアを吹いて終えるのが一般的です。
 ソリッドの場合なら、塗膜が厚く、そして十分艶が出せているならばあえてクリアを載せる必要はないとも言えます。
 メタリックやパール色の場合は、塗装面の保護が必要なので、最後にクリアを吹く必要があります。

 昔はなかったけれど、ちょいと前から2液混合式のウレタンクリアーなる缶スプレーが市販されたことによって、ホルツやソフト99などのアクリル塗料の缶スプレーで塗ったあと、最後のクリアーだけはウレタンクリアーで仕上げるってのが最近のDIY塗装のセオリーとなりつつあります。自分も過去の缶スプレーものの仕上げはそうしていました。

 ちなみに、ソフト99の塗料はアクリル塗料で、ホルツの塗料は、ウレタン変性アクリルとなっていましたが、ホルツの塗料はウレタンが混ざっているっていう訳ではなく、基本成分はアクリルでして、最近の表記ではホルツもアクリル塗料に変わったとか?いう話を目にしました。

 ついでにもう1ついうと、バイク乗りでDIY塗装をしたことがある方ならご存知?のMCペインター@デイトナから販売の純正色@缶スプレーがございますが、この塗料は上記とはまた違って、アクリル樹脂エナメルって書いてあります。これは、いわゆるエナメル塗料っていうやつかな?

 んで、紛らわしいんだけど、アクリル塗料ってのはもうちょっと厳密に描くと「アクリルラッカー塗料」です。つまりラッカー系と言われる類です。

 たまに訳が分からなくなって、まぁいいか?!って手持ちの缶スプレーを重ね塗りしちゃって、大失敗!なんてことをやらかしてしまうんですが、そういう時って大体、ウレタン塗料やエナメル塗料の塗膜の上にこのラッカー系のスプレーを塗って引き起こしているようです(--;
 この失敗の理由はただ1つ。アクリルラッカーに含まれる溶剤が、既存の塗膜を侵してしまうからなんですな(><)

 ちなみに、おなじアクリルラッカー系だからホルツとソフト99は一緒に使ってOKか?っていうと、実はそんなことは無いらしく、やっぱり微妙に成分が違うために、うまく塗れないみたいです。思い返してみると、自分はこの経験も思い当たる節があります(爆)

 結果的に言えることは、安いからと言ってアクリルラッカー系の塗料で多色塗りを行ったり、ケチって違う会社の塗料を一緒に使ったりすることは、出来ることなら避けた方がいいということですかね?

 と、ここまで考えてみて1つ疑問が沸きました。

 多色塗りをする際、色の境の段差を軽減する目的で「捨てクリア」なるアクリルクリア塗料を色と色の境目に塗るという記事やネタを目にすることがあります。
 これって、上記考察からいくと、アクリル塗料の上にアクリルクリアはOKだけど、ウレタン塗料の上にアクリルクリアはNGってことよね?
 この辺りを掘り下げて、もうちょっと考えてみたいと思います。
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: sue自作

Comment (4)  

プチ加工@キャップボルトの頭編

 いまや誰もが知っているSUSのキャップボルトです。
 +ネジや六角頭のボルトをコイツに交換するだけで、なんだか高級感が増したような?そんな気にさせてくれる比較的容易で安価なカスタマイズの1つです。

 まぁ、でも適材適所。 何でもかんでもコイツに変えていいものでもない(例えば、トルクを結構かける場所とか、アルミの腐食が出てしまう組み合わせの場所とか、熱負荷が高い場所とか、ボルト自体の剛性に意味がある場合とか)ということは、念のため覚えておいてくださいませ。
 
 で・・・市販のホームセンターに行くといろいろなサイズのボルトが売られていて大変便利!
 でもね、自分は下記の画像のようにボルトの頂部に刻印があるのが嫌いです。ツルッとしている方が、より高級感アップのような気がしません?

 欲を言えば、ちょいと単価が上がるけどテーパーキャップボルトなんかはヴィジュアル重視ならアリかと?
 旋盤が使えたら自作が容易らしいですが、そんなもの持っていないし(--; 過去自分は手間でしたが1つ1つのボルトをプライヤーでくわえてグラインダーでDIYしてコスト削減に努めました(^^;
 sue酉さんでも、もしテーパーキャップボルトを使う機会があればきっと自作すると思います。
 

 話がそれました(^^;
 ってことで、上記画像は加工前(左)と加工後(右)です。 この刻印を消すだけだったらあっという間です。
 どんなふうになるかと言うと? これが・・・

s-IMG_0500ps.jpg

 こうなります♪ ね? ツルッとしていた方がカッコいいですよね? 所詮自己満足ですが(笑)

s-IMG_0501ps.jpg

テーマ : ドレスアップ  ジャンル : 車・バイク

Category: sue自作

Comment (0)  

今回の塗装の失敗原因と今後教訓

 おばんです♪
 今日1日、なぜ今回1方向だけ塗装の粗が出てしまったのか?考えていました。
 結果、思い当たる節は最後のクリアコート層の厚みにあったんじゃないか?という推測に至りました。

 図解するとこんな感じです。

部分塗装


 実際、クリア層は2液ウレタンのスプレーガンを使った塗装でした。
 塗装作業自体を思い返してみると、補修した箇所はもちろんですが、その先の方は特に障害が無いということから十二分にクリアの塗料を載せることができました。

 しかしながら、テール側はリアと左側に剥がしていない既存のステッカーがあったことや塗装の段差が付くのを嫌って養生をせずにガンを散らす手法を採ったため、上記ほど厚いクリア層の塗膜が作れなかったのではないか?と考えられます。

 従って、クリア層が十分な厚みがとれた方は、研ぎ出しを行ってもクリア層の下の塗膜が顔を出すことなく肌を整えられたものの、クリア層の薄い方は、ちょっと研ぎ出しを行っただけで、上記画像のようにパールやベースカラーの層を浸食してしまったのではないか?と思った次第です。

 実際、クリア層を吹いたまでは特に失敗は見られず、研ぎ出した結果失敗が浮き出てきた事を考えると、今回の原因はこんな感じなのではないかなぁ?!と・・・(^^;

 つまり、時間が戻せるならば、あの場はいっそのこと既存ステッカーも含めてクリア層はシートカウル全体に吹いてしまえばよかったのではないか?とも考えます。

 とにかく、いまとなってはもう元には戻せないので、再トライするとすれば残念ですが今回成功した部分を含め今回塗装した部分は全部剥離しないと新たな塗料が載せられません(><)
 
 今後はどうすればコスパに優れた復活を遂げられるか?もう少し考えたいと思います(--;
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2017