6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Swift Sport

Comment (2)  

ZC31S F-LTD 用シフトノブ

 スエフトさんのシフトノブの画像です。
 運転中は常に手で触れている部分ですので、長く使えばこうもなりますわね(^^;

ZC31S-STD.jpg

 一時期、MOMO製のハンドルに替えた時に合わせてシフトノブもMOMO製に替えたことがあったのですが、重量バランスやシフトストロークが変わってしまって、結局純正シフトノブに戻していました。
 個人的には、専用設計だけあって純正のシフトノブが一番よく出来ているんだな?というのが感想です。

 なので、また新品で同じ純正シフトノブを購入しようか?とも考えたのですが、ZC31Sの末期にリリースされたFリミテッドという限定車に本革製のシフトノブが装着されているという情報を得まして、どうせならこっちにしようかな?と思った次第ですw

ZC31S-Shift.jpg

 パーツリストを確認してみたところ、シフトノブの下に取り付けられている樹脂パーツの部品も変更になっているようだったので、どんなもんか?と一緒に手配してみました。
 新旧比較の画像が上記です。確かに変わっていますが、この樹脂パーツじゃないと交換できないのか?というと実際はそんなことはないと思います。
 でもね、強いて言えば、新)黒い方の樹脂パーツ+旧)純正シフトノブの組み合わせは微妙に合わない、そんな程度の違いです。

ZC31S-F-LTD.jpg

 取り付けは簡単です。ZC31Sの2型以降はシフトロッドにネジ山が切ってあるからそのまま外して交換するだけです。
 1型はネジ山が切られていないから、固定するには何らかの工夫が必要でしょうね。まぁ、その辺りは1型のオーナーさんはよくご存じかと?
 交換後のシフトフィールの変化ですが・・・・
 あれ?軽くなったかな?と一発目に一瞬感じた程度で、その後は何の違和感もなく運転できてましたから、問題ないんじゃないかな? メッキ部分も増えて何気にゴージャス感もプラスです(* ´ ▽ ` *)
スポンサーサイト
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (2)  

Ignition Coil交換

 ちょいと前からスエフトさんに見られるアイドリング中の不定期な回転落ち・・・まだ完全には解消に至っていません。
 先日のスロットル洗浄で少しはましになりましたが、それでもまだエンストしないまでも、「あ! いま落ちた!」とわかるレベル(´;ω;`)

 プラグの交換時期にはまだ少々早いので、消去法で思いつく原因は以下の2つです。
 1)エアフローセンサーの洗浄
 2)イグニッションコイルの交換

 エアフローセンサーは、スロットル洗浄の時に一緒にやっておけばよかったんだけど、なんとなく原因を切り分けたくて、あえて手を出さなかったってところもあるんですがね(´∀`*;)ゞ

エアフローセンサー

 イグニッションコイルは、まだ1度も交換していない部品なので、いい機会なので交換します。
 下画像だと、左が今まで使用してきたやつで右が今回手配したNGK製の純正相当品です。
 両者を見比べてみると、微妙に形状が違っているようですが取り付けには何の問題もありません。


 ちなみに、純正正規品はDENSO製で1つ1万円位します。スイフトは2つ必要です(T_T)
 で、大手メーカー品の純正相当品だと、日立製とNGK製があって、これで1つ7500円くらい(*´~`*)
 安ければなんでもいい!というメーカー不明の奴だと、1つ3000円しませんww
 どれを選ぶかは、あなた次第 m9(`・ω・´)

ig-coil02.jpg

 さくっとイグニッションコイルの交換だけ終わらせるつもりが・・・画像の通りコルゲートチューブが経年劣化で硬化してしまって、手に持つだけでボロボロと砕け落ちます(><)
 面倒でしたが、まだしばらく付き合っていくわけですからね。この際なので、手持ちのチューブと入れ替えをしておきました。

ig-coil03.jpg

 最後に、エアクリボックスを元に戻して終了~と思いきや、なんともこの位置のボルトの入りが気持ち悪い(ノ_<)
 ネジ山を壊してからでは遅いので、念のためネジ山をタップでさらっておきました。
 これで次回以降の作業では問題ないでしょう♪

ig-coil04.jpg

 さて、アイドリング中の不定期な回転落ちは、これで直るかなぁ?!
 
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (0)  

Sports mind by SUZUKI SPORT

 SUZUKI SPORTってもうそんな部門はSUZUKIになくなってしまったはずなのに、このステッカーはまだ純正部品として残っているんですね?!


 先日、9年の歳月を経て経年劣化で残念な様相になってしまった同じステッカーを剥ぎ、代わりに自作のステッカーを貼ったんですが、なんだか、あっという間に小さい文字が飛んでなくなりましてね(ーー;
 3度目のボディコーティングも控えていたので、せっかく作って貼ったステッカーでしたが再度剥いで、コーティングを終えるのを待っていました。今回、三度ステッカー貼りですw

 実は、長年スポーツマインドステッカーを貼っていたせいで、ボンネットにステッカーの痕跡が残ってしまっていました。
 プロの技でボディコーティングを施工すればうまく消えるかな?と思ったのですが、プロの技もってしてもこのステッカーの痕跡を解消することができませんでした。

bd-graphic02.jpg

 だったら、まだ新品のステッカーが手に入るうちに?と、再度同じ位置に同じステッカーを貼って痕跡を隠してしまうことにしました(´∀`σ)σ
 ちなみにスエフトさん、この位置にステッカーを貼ろうと思うと、ボンネットの曲面とプレスラインのせいで意外とムズいですよw
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (2)  

Headlight Coating by ECHELON

 最近の車のヘッドライトは、ポリカーボネート樹脂で出来ていて、表面にはクリアー塗装が施してあります。
 それが熱や紫外線などで経年劣化してくるとこの塗装が中途半端に剥がれてきます。
 最初のうちは目立たないのですが徐々に拡大してゆき、だんだんと残念な見た目に・・・

 そもそも、クリア塗装ですから磨きを入れるということは、結果的に塗膜を削ってしまうことなるので、やるなら全部の塗膜を剥いでしまうしかないのだと思います。
 以前、自分は中途半端に磨いたことがあって、その時は単に状態を悪化させただけでした(T_T)


 現在、スエフト号のヘッドライトは、左右ともにASSY交換をして2個目が付いています。
 それでも最近左側の塗装の劣化の兆候が出てきました。
 ダメージが深刻になる前に何か手を打っておこうか?ということで、今回ヘッドライトにガラスコーティングをしてみました。

ECHELON-Headlight.jpg

 ヘッドライト保護という点では、クリア塗装の再塗装とか透明のプロテクションシートを貼るとか、ほかにも方法はありますが、手間や費用を考えたとき、とりあえずガラスコーティングが一番コスパがいいかな?と考えた次第です。
 これであまり維持できる効果が短いようだったら、また次の手を考えてみましょう。

 きれいに透き通ったヘッドライトは、見た目にもぐっと引き込まれますね♪ 
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (0)  

Coating 3rd@Azure Sea

 納車から丸9年を迎え、4回目の車検も無事完了しましたo(^▽^)o
 少し前から、洗車の際にスエフト号のルーフに残る雨染み、つまり塗装面の傷みが気になっていました。
 2013年に、この子とは長い付き合いになるからと、2度目のコーティングをしてからすでに4年です。
 まぁ、前回も納車から5年目で施工していますから、そういう時期なんだと思います(´∀`*;)ゞ


 ってことで、再び!です。理由は同じです。まだまだ現役続行で頑張ってもらわねばなりません。
 その間、少しでもいい状態を維持してもらわねば?!
 3度目のコーティングに出しました(o‘∀‘o)*:◦♪
 ご覧の通り、ルーフに青空が綺麗に写りこむほどの艶と照りですwww
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017