6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Swift Sport

Comment (2)  

2017東北観光フリーパスでお得に♪

 先日青森へ自走で出かけた際の、ETC利用料金が確定したので、満を持してご報告です。

 実は、青森へ自走で出向くことを決めた際、平日の移動になるのでETCの休日割が使えないことから、高速利用料金がいくらかかるのか?調べていました。
 すると、下記のようなドラ割のページを見つけました.゚+.(・∀・)゚+.

tohoku-syuyu.jpg

 お?! これってもしかしてドンピシャのプランなのでは?!
 調べてみると、自分の場合は残念ながら茨城県内は範囲外になってしまうけど「東北6県周遊プラン」なら、福島県のいわき勿来から先、八戸までの区間はまるまる対象地域に入っています!

tohoku-syuyu2.jpg

 行程もちょうど3日間です!よし、これに申し込んで行ってみよう♪ 
 そう思って、事前申し込みをしてから出かけたわけでした。

 このプランは、あらかじめ申請した3日間であれば、指定地域内のすべてのICの乗り降りが自由で、料金が一律10500円@普通車です。
 こんなこともあって、気兼ねなく当日は仙台で牛タンだったり、桃パフェだったりを満喫出来た次第です。
 まぁ、とはいえ、当日は本当に料金が安くなるんだろうな?! なんて不安も少しあったのは事実ですが(#^.^#)

20170911高速明細書(割引前)

 さて、青森から無事に帰宅後にETCの利用料金を調べてみた結果が上記になります。
 合計すると、26,050円でした(。-_-。)

20170911高速明細書(割引後)

 これが、今回のドラ割適用になると、上記の通り周遊プランの範囲外の走行分だけを別途徴収されるので、この区間往復の料金は、2,940円でしたから、結果的に今回支払うETC料金は、10,500円を加算して13,440円になりました。

 つまり、約50%オフ! ヤッタネ(っ*^ ∇^*c)

 行程と日時がうまく合致すれば、お勧めできるプランだと思います。 ツーリングなんかにも合いますね♪

スポンサーサイト
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (4)  

sueftさんで青森まで自走の旅3

 9月11日(月)~13日(水)まで、青森まで自走で出かけてきました。
 今回はいつもの磐越・東北道ルートではなくて、常磐・仙台北部道ルートです。
 スエフトさんで行く青森は、かれこれ今回で3回目(=゚ω゚)ノ
 途中、仙台界隈で寄り道したこともあり、3日間の走行距離は大体1400㎞ほどになりましたwww
 今回のテーマは、自分には珍しく「食」! いつもなら適当な食事を今回はちょっとこだわってみました。
 以下、簡単に今回のトピックを紹介します♪(o・ω・)ノ))

s20170911Rokkasyo.jpg

・310・IWANUMA・BASE
 個性あるパフェが食べられることで有名な宮城県岩沼市にあるライダーズカフェです。
 今回は、時期的にギリギリで間に合った桃パフェを頂いてきました。
 平日にもかかわらず店内はほぼ満員、しかも、お客さんは女子率95%という人気店でしたwww
 ライダーズカフェというよりは、普通のカフェとして普通に人気みたいですね。
 店内にはバイク乗りのオーナーのご自慢のZやバイク関係のグッズがいろいろディスプレイされていました。
 次回はぜひ、イチゴの時期に行ってみたいです。

・本八戸駅@みろく横丁
 毎回八戸を訪れる際の宿は、新幹線の停車駅である「八戸駅」でして、夕食はその界隈で済ませていました。
 しかし、実はローカル線の「本八戸駅」の方が栄えているということを耳にしていて、今回も宿は八戸駅前なのですが、八戸の初日の夕食は、八戸線に乗って初の遠征をしてきました。
 みろく横丁という屋台村はこちらでは有名だと思います。今回は、こちらに店を構える1つ@懐かし屋にお邪魔してきました。
 愛想のいいお母さん的な女性が店頭に立ち、明るく行きかう人に声をかけて、にぎやかなお客が集う、そんなお店でした。
 しかし、さすがはローカル線です。1時間に1本のダイヤは正直辛い・・・帰りの電車の時間を気にしてあまりゆっくりできませんでした(;_;)

・八戸駅@居酒屋 天竜

 ホテルの目の前にある居酒屋 天竜さんで2日目の夕食でした。
 どんぶり一杯にウニが乗ったうに丼!が食べたかったんだけど、あいにくここ最近不漁で値上げになってしまった?!ということで、今回は予算オーバー(><)
 スペシャルな海鮮丼を頂いてきました。こちらでもウニは乗ってますし、ほかの海鮮物も美味しかったので、十分満足でした。
 青森のお酒といえば「田酒」が最近は人気みたいです。八戸の地酒といえば「八仙」ですが、どちらも美味しいお酒です。

・たんや 善治郎
 3日目のランチは、帰り道にちょっと寄り道して、仙台で牛タンと決めてました。
 過去、有名な利休さんは仙台だけでなく船橋のショッピングモールの店舗を含め何度か食べたことがあったので、地元で人気のお店に行ってみたい!と、友人に紹介してもらったこちらのお店に出向いてきました。
 茹でタン、つくね、ソーセージと通常のタン焼きだけでなくレパートリーを今回は楽しんでみましたが、やっぱり普通の焼きタンが一番じゃないかなぁ(゚∀゚) 
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (2)  

ZC31S F-LTD 用シフトノブ

 スエフトさんのシフトノブの画像です。
 運転中は常に手で触れている部分ですので、長く使えばこうもなりますわね(^^;

ZC31S-STD.jpg

 一時期、MOMO製のハンドルに替えた時に合わせてシフトノブもMOMO製に替えたことがあったのですが、重量バランスやシフトストロークが変わってしまって、結局純正シフトノブに戻していました。
 個人的には、専用設計だけあって純正のシフトノブが一番よく出来ているんだな?というのが感想です。

 なので、また新品で同じ純正シフトノブを購入しようか?とも考えたのですが、ZC31Sの末期にリリースされたFリミテッドという限定車に本革製のシフトノブが装着されているという情報を得まして、どうせならこっちにしようかな?と思った次第ですw

ZC31S-Shift.jpg

 パーツリストを確認してみたところ、シフトノブの下に取り付けられている樹脂パーツの部品も変更になっているようだったので、どんなもんか?と一緒に手配してみました。
 新旧比較の画像が上記です。確かに変わっていますが、この樹脂パーツじゃないと交換できないのか?というと実際はそんなことはないと思います。
 でもね、強いて言えば、新)黒い方の樹脂パーツ+旧)純正シフトノブの組み合わせは微妙に合わない、そんな程度の違いです。

ZC31S-F-LTD.jpg

 取り付けは簡単です。ZC31Sの2型以降はシフトロッドにネジ山が切ってあるからそのまま外して交換するだけです。
 1型はネジ山が切られていないから、固定するには何らかの工夫が必要でしょうね。まぁ、その辺りは1型のオーナーさんはよくご存じかと?
 交換後のシフトフィールの変化ですが・・・・
 あれ?軽くなったかな?と一発目に一瞬感じた程度で、その後は何の違和感もなく運転できてましたから、問題ないんじゃないかな? メッキ部分も増えて何気にゴージャス感もプラスです(* ´ ▽ ` *)
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (2)  

Ignition Coil交換

 ちょいと前からスエフトさんに見られるアイドリング中の不定期な回転落ち・・・まだ完全には解消に至っていません。
 先日のスロットル洗浄で少しはましになりましたが、それでもまだエンストしないまでも、「あ! いま落ちた!」とわかるレベル(´;ω;`)

 プラグの交換時期にはまだ少々早いので、消去法で思いつく原因は以下の2つです。
 1)エアフローセンサーの洗浄
 2)イグニッションコイルの交換

 エアフローセンサーは、スロットル洗浄の時に一緒にやっておけばよかったんだけど、なんとなく原因を切り分けたくて、あえて手を出さなかったってところもあるんですがね(´∀`*;)ゞ

エアフローセンサー

 イグニッションコイルは、まだ1度も交換していない部品なので、いい機会なので交換します。
 下画像だと、左が今まで使用してきたやつで右が今回手配したNGK製の純正相当品です。
 両者を見比べてみると、微妙に形状が違っているようですが取り付けには何の問題もありません。


 ちなみに、純正正規品はDENSO製で1つ1万円位します。スイフトは2つ必要です(T_T)
 で、大手メーカー品の純正相当品だと、日立製とNGK製があって、これで1つ7500円くらい(*´~`*)
 安ければなんでもいい!というメーカー不明の奴だと、1つ3000円しませんww
 どれを選ぶかは、あなた次第 m9(`・ω・´)

ig-coil02.jpg

 さくっとイグニッションコイルの交換だけ終わらせるつもりが・・・画像の通りコルゲートチューブが経年劣化で硬化してしまって、手に持つだけでボロボロと砕け落ちます(><)
 面倒でしたが、まだしばらく付き合っていくわけですからね。この際なので、手持ちのチューブと入れ替えをしておきました。

ig-coil03.jpg

 最後に、エアクリボックスを元に戻して終了~と思いきや、なんともこの位置のボルトの入りが気持ち悪い(ノ_<)
 ネジ山を壊してからでは遅いので、念のためネジ山をタップでさらっておきました。
 これで次回以降の作業では問題ないでしょう♪

ig-coil04.jpg

 さて、アイドリング中の不定期な回転落ちは、これで直るかなぁ?!
 
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Swift Sport

Comment (0)  

Sports mind by SUZUKI SPORT

 SUZUKI SPORTってもうそんな部門はSUZUKIになくなってしまったはずなのに、このステッカーはまだ純正部品として残っているんですね?!


 先日、9年の歳月を経て経年劣化で残念な様相になってしまった同じステッカーを剥ぎ、代わりに自作のステッカーを貼ったんですが、なんだか、あっという間に小さい文字が飛んでなくなりましてね(ーー;
 3度目のボディコーティングも控えていたので、せっかく作って貼ったステッカーでしたが再度剥いで、コーティングを終えるのを待っていました。今回、三度ステッカー貼りですw

 実は、長年スポーツマインドステッカーを貼っていたせいで、ボンネットにステッカーの痕跡が残ってしまっていました。
 プロの技でボディコーティングを施工すればうまく消えるかな?と思ったのですが、プロの技もってしてもこのステッカーの痕跡を解消することができませんでした。

bd-graphic02.jpg

 だったら、まだ新品のステッカーが手に入るうちに?と、再度同じ位置に同じステッカーを貼って痕跡を隠してしまうことにしました(´∀`σ)σ
 ちなみにスエフトさん、この位置にステッカーを貼ろうと思うと、ボンネットの曲面とプレスラインのせいで意外とムズいですよw
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017