FC2ブログ

6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: DIY

Comment (0)  

染めQで革製スマホケースにロゴマークをw

 iPhone8の入手を機に、スマホケースも新調したのですが、無地の商品だったので、染めQでちょっと遊んでみました(・Д・)ノ

2019-01-14スマホケース

 デザインは、川崎重工のマークを採用しました
 出来は、85点ってところかな?
 縫製の縫い目の所に染みた塗料が塗装の境目をボカシてしまっていたのがなんとも気に入らなかったのですが、どうしようもできません(;;) まぁ、今回は思い付きでやったというところも考慮して及第点としておきましょwww

 ちなみに前回のスマホケースの時は、横着して油性ペンで手書きで塗りつぶしたら色落ちが激しくてね💦
 その教訓を活かして、今回は染めQを使用してみました笑
スポンサーサイト
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (0)  

タクトボタン破損:CITIZEN 電波目覚まし時計 エフライトR435

愛用している目覚まし時計が、いつからか?頭頂部のボタンの操作感がおかしくなってしまっていました。
クリック感がないというか?押したら返ってくるはずのボタンが押されたままになっていると言ったら伝わるかな?
2018-05-12-1.jpg
テーマ : DIY  ジャンル : ライフ

Category: DIY

Comment (0)  

BS 補修用フロントホイール:FWK6ST

 先日の娘の大きく歪んでしまったホイールを交換するため、11月3日に近所のHCへ注文に行ってきました。
 あいにく自転車担当の店員が不在とのことだったんですが、対応してくれた女性店員の話を要約すると以下の通り(^^)/
 ・意外とこの手の変形による注文って多いらしい。
 ・価格は5000円程度
 ・納期は2週間以上かかる。

 まぁそんなもんなら?待つのは仕方ないし・・・と、注文書を書いてきたんですが、「念のため連休明けに自転車担当から正式な価格と納期を連絡させます」ってことで、店を後にしました。
 
 連休明け、早速その連絡が昨日来たんだけど、なんだか他話が違う(笑) 正式な自転車担当からの話は以下の通り。
 ・価格は16000円(外税)
 ・納期は1か月以上かかる。


 え~?! ホイール2本買ったら、新品自転車が1台買える値段ですけど(;゜0゜)
 全然話が違う(ーー;

 実はネット通販の自転車屋さんにBS製の補修用のダイナモ内蔵ホイールって売っているんだけど、詳細が不明で使えるのかどうか?わからん(´;ω;`)
 でも、価格は6000円位なんで、ダメ元でこっちに賭けてみることにしました(・Д・)ノ
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (3)  

回らないホイールナット(><)

 エスハイは、義父から引き継いだ車のため、トヨタのディーラーはもちろん、地元のタイヤ屋との付き合いってものも一緒に引き継がれてきました。
 地元のタイヤ屋の付き合いってのは、スタッドレスタイヤの預かりサービスでしてね。都度交換時期には持って行ってタイヤ交換の作業をしてもらうって奴です。
 
 自分としてはね・・・トヨタのディーラーはまぁ、まだ良しとして、実はこの地元のタイヤ屋ってのは、以前スエフトのタイヤを購入した際の作業風景を見ていて、「ん?」と思うことがあったので以来預けていません。しかし、エスハイに関しては、まぁズルズルとこの付き合いってのが残っていました。

 今回、夏タイヤへの交換の際、地元のタイヤ屋からは新品タイヤの購入を勧められたけど、一先ずお断りしました。
 その後、結果として中古で新品外しのCH-Rのホイールとタイヤを入手したので、自分は初めてエスハイのタイヤ交換をDIYでやりました(笑)
 その時の作業風景がこれです(爆)

CH-R02.jpg

 我が家のエアインパクトではトルク不足でホイールナットがまったく緩みませんでした(ーー;
 ならば?!と40㎝長のスピンナーハンドルで自力で試みましたが、こちらも撃沈でした(><)
 仕方なく奥の手です!1mの単管パイプをスピンナーハンドルに挿して回すことで、ようやく回すことができました。
 これね、1つだけじゃないんです。計20個のホイールナットすべてこの様な状態でした!

 そう、自分がスエフトを預けなくなった理由はこれなんです。
 作業効率優先?! 高トルクのエアインパクトで一気にホイールナットを締めるので、トルク管理が全くできていないのです。
 緩いよりは締まっている方がいいだろ?的な・・・でも締めるにも限度ってものがありますね?!ナットの締めすぎはスタッドボルトの破断を誘発します。
 ガツガツと高トルクで締め上げたナットを後からトルクレンチで締めたところで、トルクレンチが動かないのでは、何の意味があるんでしょう?!うちはトルク管理をやってます的なパフォーマンスでしかありませんね(爆)

 まぁ、おかげさまで?これを機会にこのタイヤ屋とは一切縁を切る気になりました。
 1)スタッドレスタイヤに履き替えた時に、夏タイヤの摩耗には気付いて然るべきで、またそれを報告してくれるべき。
 2)1本だけ片減りが激しかったのなら、それがどの位置に装着されていたタイヤか?告知してくれる気遣いがあっていい。
 3)夏タイヤに替える時になって、タイヤの摩耗が激しいから新品タイヤを買えって?そりゃないよね。
 4)相変わらず作業効率優先の作業体質は、自分はちょっと合わないです。

 今回の一件、数えるだけでこれだけのことがありました。
 夏タイヤを外した時にタイヤ屋さんが適切な対応をしてくれていたら、もしかしたら今回の結末とは違った結末になっていたかもしれませんね(^^;

テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (0)  

今回の塗装の失敗原因と今後教訓

 おばんです♪
 今日1日、なぜ今回1方向だけ塗装の粗が出てしまったのか?考えていました。
 結果、思い当たる節は最後のクリアコート層の厚みにあったんじゃないか?という推測に至りました。

 図解するとこんな感じです。

部分塗装


 実際、クリア層は2液ウレタンのスプレーガンを使った塗装でした。
 塗装作業自体を思い返してみると、補修した箇所はもちろんですが、その先の方は特に障害が無いということから十二分にクリアの塗料を載せることができました。

 しかしながら、テール側はリアと左側に剥がしていない既存のステッカーがあったことや塗装の段差が付くのを嫌って養生をせずにガンを散らす手法を採ったため、上記ほど厚いクリア層の塗膜が作れなかったのではないか?と考えられます。

 従って、クリア層が十分な厚みがとれた方は、研ぎ出しを行ってもクリア層の下の塗膜が顔を出すことなく肌を整えられたものの、クリア層の薄い方は、ちょっと研ぎ出しを行っただけで、上記画像のようにパールやベースカラーの層を浸食してしまったのではないか?と思った次第です。

 実際、クリア層を吹いたまでは特に失敗は見られず、研ぎ出した結果失敗が浮き出てきた事を考えると、今回の原因はこんな感じなのではないかなぁ?!と・・・(^^;

 つまり、時間が戻せるならば、あの場はいっそのこと既存ステッカーも含めてクリア層はシートカウル全体に吹いてしまえばよかったのではないか?とも考えます。

 とにかく、いまとなってはもう元には戻せないので、再トライするとすれば残念ですが今回成功した部分を含め今回塗装した部分は全部剥離しないと新たな塗料が載せられません(><)
 
 今後はどうすればコスパに優れた復活を遂げられるか?もう少し考えたいと思います(--;
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2019