6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: DIY

Comment (3)  

回らないホイールナット(><)

 エスハイは、義父から引き継いだ車のため、トヨタのディーラーはもちろん、地元のタイヤ屋との付き合いってものも一緒に引き継がれてきました。
 地元のタイヤ屋の付き合いってのは、スタッドレスタイヤの預かりサービスでしてね。都度交換時期には持って行ってタイヤ交換の作業をしてもらうって奴です。
 
 自分としてはね・・・トヨタのディーラーはまぁ、まだ良しとして、実はこの地元のタイヤ屋ってのは、以前スエフトのタイヤを購入した際の作業風景を見ていて、「ん?」と思うことがあったので以来預けていません。しかし、エスハイに関しては、まぁズルズルとこの付き合いってのが残っていました。

 今回、夏タイヤへの交換の際、地元のタイヤ屋からは新品タイヤの購入を勧められたけど、一先ずお断りしました。
 その後、結果として中古で新品外しのCH-Rのホイールとタイヤを入手したので、自分は初めてエスハイのタイヤ交換をDIYでやりました(笑)
 その時の作業風景がこれです(爆)

CH-R02.jpg

 我が家のエアインパクトではトルク不足でホイールナットがまったく緩みませんでした(ーー;
 ならば?!と40㎝長のスピンナーハンドルで自力で試みましたが、こちらも撃沈でした(><)
 仕方なく奥の手です!1mの単管パイプをスピンナーハンドルに挿して回すことで、ようやく回すことができました。
 これね、1つだけじゃないんです。計20個のホイールナットすべてこの様な状態でした!

 そう、自分がスエフトを預けなくなった理由はこれなんです。
 作業効率優先?! 高トルクのエアインパクトで一気にホイールナットを締めるので、トルク管理が全くできていないのです。
 緩いよりは締まっている方がいいだろ?的な・・・でも締めるにも限度ってものがありますね?!ナットの締めすぎはスタッドボルトの破断を誘発します。
 ガツガツと高トルクで締め上げたナットを後からトルクレンチで締めたところで、トルクレンチが動かないのでは、何の意味があるんでしょう?!うちはトルク管理をやってます的なパフォーマンスでしかありませんね(爆)

 まぁ、おかげさまで?これを機会にこのタイヤ屋とは一切縁を切る気になりました。
 1)スタッドレスタイヤに履き替えた時に、夏タイヤの摩耗には気付いて然るべきで、またそれを報告してくれるべき。
 2)1本だけ片減りが激しかったのなら、それがどの位置に装着されていたタイヤか?告知してくれる気遣いがあっていい。
 3)夏タイヤに替える時になって、タイヤの摩耗が激しいから新品タイヤを買えって?そりゃないよね。
 4)相変わらず作業効率優先の作業体質は、自分はちょっと合わないです。

 今回の一件、数えるだけでこれだけのことがありました。
 夏タイヤを外した時にタイヤ屋さんが適切な対応をしてくれていたら、もしかしたら今回の結末とは違った結末になっていたかもしれませんね(^^;

スポンサーサイト
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (0)  

今回の塗装の失敗原因と今後教訓

 おばんです♪
 今日1日、なぜ今回1方向だけ塗装の粗が出てしまったのか?考えていました。
 結果、思い当たる節は最後のクリアコート層の厚みにあったんじゃないか?という推測に至りました。

 図解するとこんな感じです。

部分塗装


 実際、クリア層は2液ウレタンのスプレーガンを使った塗装でした。
 塗装作業自体を思い返してみると、補修した箇所はもちろんですが、その先の方は特に障害が無いということから十二分にクリアの塗料を載せることができました。

 しかしながら、テール側はリアと左側に剥がしていない既存のステッカーがあったことや塗装の段差が付くのを嫌って養生をせずにガンを散らす手法を採ったため、上記ほど厚いクリア層の塗膜が作れなかったのではないか?と考えられます。

 従って、クリア層が十分な厚みがとれた方は、研ぎ出しを行ってもクリア層の下の塗膜が顔を出すことなく肌を整えられたものの、クリア層の薄い方は、ちょっと研ぎ出しを行っただけで、上記画像のようにパールやベースカラーの層を浸食してしまったのではないか?と思った次第です。

 実際、クリア層を吹いたまでは特に失敗は見られず、研ぎ出した結果失敗が浮き出てきた事を考えると、今回の原因はこんな感じなのではないかなぁ?!と・・・(^^;

 つまり、時間が戻せるならば、あの場はいっそのこと既存ステッカーも含めてクリア層はシートカウル全体に吹いてしまえばよかったのではないか?とも考えます。

 とにかく、いまとなってはもう元には戻せないので、再トライするとすれば残念ですが今回成功した部分を含め今回塗装した部分は全部剥離しないと新たな塗料が載せられません(><)
 
 今後はどうすればコスパに優れた復活を遂げられるか?もう少し考えたいと思います(--;
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (2)  

祝・初スプレーガン塗装

 例年以上に数日長くとった今回の年末年始休暇でした。休暇前に予定していたメニュー・イベントは一通りこなしました。そう、1つを除いては・・・

 それはスプレーガン塗装(^^)/

s-IMG_0003-1.jpg


 どうにも腰が重くてなかなかこれまで実施に至りませんでしたが、最終日の7日!
 天気も良く風も穏やかでしたので、ついに人生初のスプレーガン塗装にトライしました。

 塗り物は、先日から進捗が止まっていた隼のシートカウルの補修と、クリア層の塗り直しのリアフェンダーなので、今回の塗装はクリアー塗装限定となります。

 塗料は、画像の通りロックペイントのマルチトップクリアーQRをチョイスしました。

s-IMG_0010.jpg

 購入前は正直どれを使ったいいのか?まるで分らなかったので、いろいろネット上を徘徊して情報収集をしたのですが、それぞれ使用レポをアップしている方々の意見はマチマチでしてね。解決するどころかますます迷うばかりでした。
 
 やっぱりあれです! 何事も何かしら実経験があって初めて比較できる資格を得るものです。
 結局は、最初はどれでもいいから まずは自分でやってみる!これが大事なんだと今回も実感しました。

 なので、コイツをチョイスした理由は、コスパに優れていそうな?それでいてそれなりに評判も悪くなさそうな?ということで決めた次第です(^^;

・・・続きをご覧になられる方は以下のContinueをクリック↓↓↓
テーマ : 日記  ジャンル : 日記

Category: DIY

Comment (2)  

足付け完了

 前回の作業を12月4日のブログで報告しているから、すでに1ヶ月が経過したことになりますな(--;
 いやぁ、牛歩の進捗状況でスミマセン。

 終わったと思った旧クリア層の全剥離・・・よく見てみたらちょこっとずつまだ残っている部分があったり、足付けが不十分だった箇所があったりで、クリア塗装の行程に進めないでいたのでした。

 今回、その不備を再度手直しして、今度こそクリア塗装前の下地処理は完了と考えています。

 次回報告するときは、クリア塗装作業編になると思いますので、それまで少々お待ちください(^^;

s-IMG_2104.jpg
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: DIY

Comment (4)  

DIYで締める大晦日@2013

 2013年の大晦日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 自分は本日、朝一番から屋外に設置しているセンサーライトの修理依頼を受けて作業をしていました(^^;
 確かに最近、点いたり点かなかったりで動きが変だったのは自分も確認していました。 

 早速外して確認してみると、ハロゲン球の見た目は球切れの様子はなかったのですが、テスターをかけてみると見事に断線していました。コイツが原因ですね。

 予備のハロゲン球に交換して一件落着♪  と行かないのが今回の作業です。

 なぜに自分がコイツに手を出さずに放置していたのか?!
 それは、これまで蓄積した塩害の影響でライト本体やバイザーの塗装が腐食してボロボロだったので、こいつに手を出せば間違いなくこのボディに関する修復も漏れなくついてくるのが分かっていたからです。

 案の定、ライト本体を外すだけでボロボロと塗膜が落ちてきました。
 電球を取り外すにも腐食した塗膜が張り付いて分解作業を邪魔してきました。

 結果、電球交換以上にボディの修復に時間を割く羽目になりました(爆) 

sIMG_2097.jpg


 上記画像は、ライト本体のバイザーの塗装後@乾燥中の模様です。
 腐食した塗装を剥いでみたらアルミ素材に付いた白く粉を吹いたような錆が酷い(--;
 んでもって、錆を落とすにしては形が結構入り組んでいるため紙やすりや金ブラシでは落としきれない(;;)

 仕方がないので、久しぶりにブラストマシン稼働!

 きれいに錆を落としたものの、アルミ地のまま放置で取付けと言うわけにはいかないので、急きょ塗装作業にまで作業は発展しました(><)

 気温が低くて缶スプレーの塗料の出が悪いので、うまい具合に塗膜が出来ません(;;)
 仕方なく、毎度の塗装作業の要領でお湯で缶を温めながら、プラサフ→シルバー→クリアーと塗り重ねました。

s-IMG_2101-1.jpg


 こちらが完成後です。見事に無事センサーライトが復活しました。
 時間があれば、ライトボディの方も塗装したかったけど、こちらはあえて塗膜は剥がずに済ませました。
 このライト、すでに10年物なので次回壊れたらLEDのセンサーライトに世代交代させましょうかね?!


 ということで、これで2013年は最後のブログになります。また来年も引き続きお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

 皆様、よいお年をお迎えくださいm(_ _)m

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017