6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Z1000 MkII

Comment (0)  

BRISK点火の前に・・・

 BRISKという特異な形状の電極を持つプラグですが、実は通常使われているNGKなどのプラグと比較すると、実はエンジン内部への突き出し量が大きいというリスク?!があります。
 例えば、カスタムバイクでボアアップしていたり、ハイコンプピストンで圧縮を上げたりして、ピストンヘッドとプラグ電極との隙間がシビアなケースだと、BRISKプラグを使うとピストンが上死点に達した時、ピストンヘッドとBRISKプラグが干渉する不具合が生じる危険があるということです。

 ちなみに、sue角Zさんに使っているピストンはこんな感じ!
 ヘッドを開けて確認することはできないので、エンジン組み立て時に撮影しておいたピストンの画像でイメージをつかんでおきます。
 うん、このピストン形状ならプラグが当たる心配はないと思うけど、念には念を入れてきちんと計測してから実装します。

s-DSC05317.jpg

 まず、NGKプラグとBRISKプラグの長さを比較しました。
 すると、下記画像の通りBRISKプラグの方が約2mm長いという結果がでました。見た目で見るより意外と長くないのね?!
 2mmくらいの差なら許容範囲だと思うけどねぇ?

s_compare_brisk.jpg

 お次は、プラグを外したところで、クランクを手動で回し、ピストンを上死点で止めた状態でプラグホールからピストンヘッドまでの距離を計測しました。

s_gap.jpg

 プラグホールからピストンヘッド@上死点までの距離は29㎜でした。
 そこからプラグの台座からプラグ電極の先端までの距離を差し引くと、その数字は4.6mm。
 つまり、約5㎜の隙間がピストンとプラグ電極の間にあるということがわかりました。これだけの隙間があればきっと大丈夫でしょうw

 ちなみに、BRISKプラグの形状や増えた2㎜分の突出量から推測するに、通常のプラグよりもエンジンの燃焼室でプラグが占める容積は大きくなっているはずです。ということは?! 圧縮工程における燃焼室の容積は逆に小さくなっているわけだから、その分の圧縮比は高くなっているはずよね?! もしそうなら、これはちょっとしたメリットなんじゃなかろうか?!と、勝手に思っているんですが、いかがなものでしょうね?
 
 
スポンサーサイト
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Z1000 MkII

Comment (0)  

BRISK

 先日、インターネット上で見たこともない形状の電極が付いたプラグを見つけました。
 BRISK (http://www.racecrafters.jp/)というらしいが、その奇抜な電極の形状に興味がわきましたw

s_brisk.jpg

 自分が知らなかっただけで、結構前から国内には入ってきていたみたいですね。
 このプラグ、1本のプラグに複数の電極が付いているような仕組み?なので、通常のプラグを点火させる電装システムではその効果は得られないらしい。
 販売元のHPにも以下の注意書きがありました。
 ブリスクレーシングスパークプラグの性能を正しく発揮するには強化された点火システムが必要です。
 旧車などの純正イグニッションでは、その性能を得られないばかりか悪化する可能性があります。

 
 このプラグ、ググってみると賛否両論あるみたいですが、旧車ほどメリットを体感できているオーナーが多い傾向にあるという印象を自分は受けました。
 結局のところ、この手の話は、百聞は一見に如かずです。自分が自分のバイクで体感して判断するしかないんですよねw

 じゃぁ、買ってみるか?!と思ったら、国内在庫切れ?という状態だったのが、4月中旬の話でした(^^;
 販売店に尋ねてみたら「5月中旬に入荷します」とのことだったので、予約して待つことにしました。
 んで、5月11日に「発送しました!」とのメイルが届き、手元にやってきたプラグがこいつです。

package.jpg

 さて、吉と出るか?凶と出るか? その結果は如何に?
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Z1000 MkII

Comment (6)  

桜並木を探して@野崎第二工業団地

 今年の都内の桜の開花はずいぶん早い気がしましたね(^^;
 昨年の春は、バイクで桜と写真を撮る機会を作れなかったので、今年は!と思っていました。
 しかしながら、なんだか毎週末になると天気がイマイチでねぇ・・・まごまごしているとサクラの時期が終わってしまう(><)

 毎日、通勤の時に目に入る桜の咲き具合を観察していました。
 正直、自宅界隈の桜はすでに葉が出てきてしまっていて、水戸ももう見ごろは過ぎたかな?って感じ(ーー;

 そんな中、ついに予定の入っていない、気温20度超の晴天の土曜日が訪れました♪
 この機会を逃すともう今年はないだろう?!ってことで、朝6時前に桜を求めて出撃してきました(^^)/

sIMG_1618.jpg

 さて、どこに行こうか?
 桜の名所や桜の観光地になっているような処にはあまり興味がないので・・・
 そう・・・道端の桜でいいから、こう撮影して気分がいい!そんところは無いかな?と・・・
 出かける当初は地元で!と考えていたのですが、前日の晩にFBでとてもきれいな桜並木の情報をゲットしました。
 
 「ここどこですか?」 投稿者に尋ねると、「栃木県にあるただの工業団地の道路ですよ。」とのこと。

 ネットでggるとすぐにヒットしました。「野崎第二工業団地の桜並木」 ここだな( ̄ー ̄)ニヤリ

sIMG_1615.jpg

 地図で場所を確認してみると、いつも向かうスキー場の道中のすぐ傍にあることがわかりました。
 こんなところにこんな場所が?! 知らなかったw
 ということで、追い求める先はここに決定♪

 向かう道中では、あちこちに咲く満開の桜に心癒されました(^^)v 
 スキー場に通う道中では、普段時期的に桜の開花には合わないので、こんなにあちこちにきれいな桜があるのね!と、新発見でもありました。

sIMG_1613.jpg

 しっかし、角Zさんは燃費悪いわ(><)
 今回の走行距離は274㎞でしたが、その間に給油に2回GSによりました。燃費計算すると、大体11~12km/L位です。
 燃費改善策って何かないのかな?
テーマ : ツーリングレポート  ジャンル : 車・バイク

Category: Z1000 MkII

Comment (0)  

2017 First Ride

 日曜日の朝、気が付いてみたらボッチでした(笑)
 外を見れば冬晴れ♪ こんな機会はここ数か月ずっとありませんでした。
 こりゃぁ、行くしかないよね?! と、遅ればせながら今年の初乗りとなりました。

 晴れているとはいっても気温は一桁(><)
 もうね、寒いよりはまし!とインナーをかなり着込んで乗り出しました(^^;

 さて、どこ行こう?!
 といっても、そもそも寒くて峠(山道)になんて行けそうにありません。凍結路も怖いしね?!
 ってことで、今回はお散歩と割り切って地元の海岸線をフラッと流してきました(^^)/


 乗り手はかなり寒いけれど、Z@空冷キャブ車にとってみれば、きっと今の時期が一番調子いいんじゃないかなぁ?!
 実は、空気が澄んでいることもあり、海面も夏より冬の方が綺麗ですよね?!
 自分はね、冬場は海岸に人混みが皆無ってこともあり、夏場よりも断然冬の海の方が好きです♪
 

 sue角Zさんでこの時期乗るのは初めてでしたけど、オイルクーラーは塞がないとだめだということがわかりました。
 次回、また近いうちに乗り出すことがあるならば、オーバークール対策必須だね(ーー;
テーマ : 日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Z1000 MkII

Comment (4)  

J-TRIP はじめてスタンドって?!

 ツーリング後の清掃やチェーンメンテなどの際、リアホイールがリフト出来ると作業はすこぶる便利です。
 DIYでホイールを車体から抜くことはまぁ、稀ですがね。

 sue隼時代から、メンテスタンドはリア・フロント共に所有していたのでsue角Zさんでも使用する気満々だったのですが、ちょっと勝手が違うのが、sue隼さんにはスタンドフックが装着できた点でした。

 下記画像の通り、sue角Zさんのスイングアームは、YAMAHAのXJR1200純正を加工流用しているってこともあるのですが、スタンドフックの類が装着できない仕様でして(^^;
 ショップさんでは、下記画像の通りL字受けのスタンドに載っていました。
 

 個人的に、L字受けは車体がスタンドから脱落するリスクが高いと思っていて、あまり使いたいとは思いません。
 実際、東日本大震災の時、V字受けのリアスタンドに乗っていたsue隼さんは、地震の揺れでスタンドから脱落してしまいましたからね。すでにこういう事象は悲しいかな、経験済みなのです(--;

 かといって、V字受けのスタンドは現状使う事が出来ない・・・さて?どうしたもんか?と思っていた時に、J-TRIPさんからリリースされている「はじめてスタンド」という商品を紹介してもらいました。それがこいつです♪

hajimete-std.jpg

 こいつは、リアアクスルシャフトの中心の空洞にスタンドのロッドを通してリフトするという仕組みです。
 これならリフトしている間に、地震や何らかの要因で誤ってスタンドから車体が脱落してしまうという心配はなさそうです。
 ただ1点、このスタンドだと冒頭でも触れましたが、ホイールを抜くという作業はできませんがね(^^;

 J-TRIPさんのスタンド本体を所有していれば、J-TRIPさんから、はじめて受けセット(JT-104H)なるアタッチメントがオプションで販売されているので、こいつを買うことでこれまでのL字受けやV字受けのスタンドをはじめてスタンドに変身させることが出来ます。

 先日のツーリング後の清掃のため、今回はじめてスタンド!を初使用してみました。
 結果、問題なく使用できることが確認できたので、今後のメンテ時にはいつも活躍してくれそうです(^^)/

2016-11-06_2.jpg

テーマ : 整備  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017