6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Digital

Comment (0)  

Nexus7 Battery Charge

 Nexus7を使わなくなって久しいですが、使用せずに眠らせておくのも勿体ないので、何か使い道は無いかな?と考えていました。
 そんな中、とあるアプリを24時間稼働させてみようか?と考えて、Nexus7を2.1Aの充電器に接続した状態で、寝る前にアプリを稼働させて翌朝確認してみたところ、なんとバッテリー残量が0になり落ちていました(><)

 どういうこっちゃ? 端末のバッテリー消費量の方が、充電量を上回るというのでしょうか?

 そこで、バッテリーの推移をアプリで確認してみたところ、予想通り充電中にもかかわらず、みるみるバッテリー残量が減っていくさまが記録に録れました。

Nexus充電

 当初はそんなもんなのか?と考えてあきらめかけたのですが、ふと「USB」という接続状態が目に留まりました。
 
 はて? 端末側から見たら、何を基準に「USB」と「AC]を区別しているんだろうか? 給電電圧? それとも給電電流?
 そもそもこれはAndoroid特有のもので、iPhoneにこの区別はありません。

 調べてみたところ、なんと!その区別は繋いでいるケーブルにありました。
 見た目同じに見えるUSBケーブルでも電気的に違いがあるケーブルが2種類ありました。
 1つは、データ伝送が可能なUSBケーブルで、もう1つがデータ伝送ができないUSBケーブルです。
 具体的には、データ伝送に使われる「D+」および「D-」という2つのデータ用の信号線がショート(短絡)されているケーブルが、いわゆる充電専用というやつで、このケーブルを使用した場合にNexus7は、「AC」充電と判定するようです。

 これが違うと何が違うか?というと、充電専用ケーブル(AC)はデータ伝送できるケーブル(USB)よりも大きな電流を流すことができるので、ACケーブルの方が充電効率が高い!ということが言えます。
 もちろん、このケーブルはデータ線が短絡されているため、音楽や写真などのデータ転送に使うことはできません。

 ちなみに、データ用の信号線がショートされているかどうか?というのは、ケーブルの見た目で判断ができませんので、ケーブルを端末に接続して確認するしか術がありません(ーー;
 端末に接続したとき、その表示が「充電中(AC)」であればそのケーブルは充電専用ケーブル相当で、「充電中(USB)」であれば一般的なデータ転送ができるUSBケーブルということになります。

 と、ここまでのことを踏まえ、自宅にあったケーブルを代わる代わる端末にさして確認してみたところ、充電専用に相当する、いわゆるACケーブルが2本ほど見つかりました。
 そこで、再度このケーブルを使用してNexus7を2.1Aの充電器に接続した状態で、寝る前にアプリを稼働させて翌朝確認してみたところ、今度はバッテリー残量100%、つまりフル充電の状態で朝を迎えることができました。

 なるほど!こんなに顕著に差が出るものなんですね!
 実験は成功です。今後、Nexus7の新たな使い道が見つかりそうです♪
スポンサーサイト
テーマ : タブレット端末  ジャンル : 携帯電話・PHS

Category: Digital

Comment (0)  

FMV LIFEBOOK AH54/DのSSD化

 作業した記憶を忘れないうちにざっと残しておくことにします。

 自分が使用しているPCは、自宅、職場を含めデスクトップ、ノートブック合わせて5台ほどあるのですが、そのすべての記憶媒体はSSDを使用しています。
 このうち、最初からSSDだったPCは、職場のデスクトップ、そして先日自作したデスクトップのみで、それ以外のPCの記憶媒体は、SATAのHDDだったのをDIYでSSD化してきました。
 一度SSDの速度を体感してしまったらもう通常のHDDは遅くて耐えられない!それ位の差があると思います。

 そんな中、自宅で家族が使用しているノートPC@富士通製LIFEBOOKがあるのですが、こいつがいま自分の身近にあるPCで唯一HDD仕様のPCでした。
 普段、あまり自分が触る機会はないので、放置していたのですが、かねてから起動が遅いと娘からクレームが上がっていたのは事実でして(^^;
 最近、長女がスマホ@iPhoneを持つようになり、このバックアップをLIFEBOOKで行うようにしてから(バックアップは自分が実施している)、自分がこのPCを触る機会が増えまして(^^;
 普段SSDのPCしか使っていない自分にとって娘が言う以上にPCの起動が遅いことにかなりのストレスを感じまして、結果これを機会に自分にとって4台目のDIYによるSSD化をすることにしました。

 このLIFEBOOK、型式はAH54/Dと言います。調べてみると2011年製でした。もう5年以上前のPCでした。
 簡単にメーカーHPからスペックを抜粋してみると、液晶サイズ:15.6インチ、CPU:Core i3 2.1GHz、メモリ容量:4GB 、OS:Windows 7 Home Premium 64bitとありました。ちなみにOSは、Windows10への無償アップグレード期間中に勝手にUPGされてしまって、現在Win.10になってますがね(^^;

SSD_1.jpg

 今回選んだSSDは、LenovoのノートPCをSSDにしたときに実績のあるTranscend製です。
 搭載していたHDDの容量は640GBありましたが、このHDDの使用状況を確認してみたところ、ほとんど空いている状態だったので、コスト面も重視してミニマムの120GBとしました。

SSD_2.jpg

 もう4台目ですからね。さすがに勝手はだいぶ慣れました(^^;
 さくっとSSDにHDDのクローンをフリーのソフトを使って作成すれば、あとは本体のHDDと交換するだけです。

SSD_3.jpg

 SSD化の作業で一番面倒なのは、単純にクローン作製中の待ち時間じゃないでしょうかね(笑)
テーマ : 自作・改造  ジャンル : コンピュータ

Category: Digital

Comment (2)  

初の自作パソコンに挑戦 Vol.6

 自作パソコンが冬場の冷温時(室温1桁台など)に、コールドスタートすると失敗する件の後編です。
 ちなみに、前編のエントリーはこちら(^^)凸Click!!

 そういえば、今回の自作パソコンの前に使用していたLenovoでも新品購入にも拘らず電源ユニットはハズレを引き当てたんでした。電源ユニットには縁がないのか・・・(爆)
 ・Lenovo K330の導入と異音対策(^^)凸Click!!
 
 とまぁ、そんなわけで、今回もせっかく新品の電源ユニットがあるのですが、都合が合わず結果買い替えることにしました。こんなことならPCケースと電源ユニットは個別に選択すればよかったですわ。余計な出費です(><)

 電源ユニット、さて?電力容量はいくつにしましょうか? メーカーはどこのにしましょうか?
 電力不足が要因だというのなら、面倒なので大は小を兼ねるとう考え方で行くことにします。とはいえ、やみくもに大きくしても値段が高くなるだけだし、電気代もかかります。なので、500Wから1つ容量をアップしてLenovoでも問題のなかった600Wクラスで行きます。

 メーカーは、これまたLenovoの実績があるので玄人志向さんでいいかな?と思ったのですが、購入に出かけたパソコン店の店員さんのアドバイスで今回はCORSAIRにしました。

PS-3.jpgPS1-3.jpg
 
【交換前】
PS-2.jpg
 
【交換後】
 電源ユニット本体が黒くなり、そしてそこから出ているケーブルも真っ黒!なんともメカメカしく、且つシックなケース内になりました(笑)
PS-5.jpg

 この電源ユニットは、使用しないケーブルを接続しなくて済むのでケース内がスッキリしていいですね?!

PS-4.jpg

 そして、電源ユニット交換後の肝心のコールドスタートの結果はどうか?ということですが・・・
 ここ数日様子を見ているところですが、いまのところ起動失敗はありません! 無事に対策成功かな?!
 
テーマ : 自作パソコン  ジャンル : コンピュータ

Category: Digital

Comment (0)  

初の自作パソコンに挑戦 Vol.5

 またまた自作パソコンネタですみません。
 一応、今回紹介するネタ(前半・後半に分けますが)で一区切りの予定ですので、どうぞお付き合いくださいm(_ _)m

 前回のエントリーで、使用していて自分が物理(ハードウェア)的に気になる点が2つばかりあるとお伝えしました。
 その1つは、前ブログの通り冷却ファンの回る音量でした。
 そして、残るもう1つ。それは、朝一番のパソコンの起動不良でした。

 この起動不良ってのは、いわゆる大晦日にあったメモリの不良やHDDの故障に起因する類のものではなく、気温が低い朝一番の時などに、パソコンを電源オフの状態から起動するとOSの立ち上げに失敗するっていうものです。

 通常起動できる場合、電源SWを押す→電源ファンが回りだす→モニタ画面にメーカーロゴが出現する→Windowsが起動する→スタートアップ画面に切り替わる、となります。
 しかし、起動に失敗する場合は、メーカーロゴが出現したところから先に進まなくなります(--; 
 この場合、その後1回、もしくは数回リセットボタンを押して再起動を試みると何事もなかったようにPCは起動するし、スリープ状態からの復帰は何の問題もないので、ハードの故障ではないと推測できます。

 この電源オフ状態からの起動を巷では、コールドブート、コールドスタートと呼ぶようです。
 このコールドというのは、気温が低いことを示しているのではなくて、電源ユニットの温度が温まっていない状態のことを「コールド」と表現しているのだと思います。
 
 今回の症状ですが、ネット上で調べてみると、年数が経過したパソコンなどで搭載している電源ユニットのパワーが落ちてしまうと出現することがあるという情報をいくつか見ることができました。
 つまり、本不具合の原因が電力供給不足にあるというのならば、冬場の室温が1桁なんていう寒い日の朝は、電源ユニットによっては起動直後の供給電力が弱いものもあるでしょう。もしそうなら、これは使用年数は関係ない話になりますね?

 そこで、これらを踏まえて今回搭載している電源ユニットの仕様を確認してみました。
 まずは、PCケースに記載のスペックですが、ここでは500W電源搭載とありました。今回の自作PCのパーツ構成では、500Wあれば電力的に不足するような構成にはなっていないはずなのですが・・・
 次に、PCケースを開けて、電源ユニット本体に貼ってあるラベルで確認してみました。以下がその画像です。

PS-1.jpg

 あれ?この電源!500Wと言っておきながら、最大出力372Wしかありません。400Wにも満たないじゃん(@@;
 市販されている他社製の500Wクラスの電源ユニットの仕様はどうなのか?気になって参考に調べてみました。以下は、CORSAIR社の電源ユニットの仕様になります。

 PS1-2.jpg


 この電源の場合、上記の通り最大出力456Wとあります!まぁ、500Wをうたうならこれくらいが当たり前ですよね?!
 ん~、直感的にいま使用している電源ユニット、「80PLUS認証電源※」でもありませんし、こいつが原因かもしれません。
 ※80PLUS認証電源の詳細については参考URLを貼ります。こちらを参照してください(^^)凸Click!!

・・・後半につづく
テーマ : 自作パソコン  ジャンル : コンピュータ

Category: Digital

Comment (0)  

初の自作パソコンに挑戦 Vol.4

 ここのところ何かと多忙で車やバイクネタが作れず申し訳ないです(^^:
 すっかり最近は電脳ブログになってしまっていますが、初の自作パソコンってことで備忘録を兼ねております。ご容赦くださいm(_ _)m
 自作パソコンって市販パソコンだったら見る必要がないであろうBIOSの設定も、自身の手で一通り確認、場合によっては手を出さねばならないので、自分にとって知らない世界であり、結構楽しんでいます。
 とはいえ、自分の性格上知らなければよかったということも少なくなくて、今回もそんなお話の1つです。
 今回採用したマザーボード(MB)は、販売店の店員さんの勧めでASRock社の新製品@H270 Pro4...(メーカーHPへ)です。
 MBはいわゆるPCの土台に値するものですから、新しい仕様の物を買えば、その分長く使えるかな?と思った次第なのですがね(^^; 
 そんな初の自作パソコンも無事に立ち上がってから2週間ほどが経過しようとしていますが、いまだにLenovoの設定の移行が終わっていないことに気づいて、その都度Lenovoの電源を入れては、地道に移行作業を進めています(;;)
 
 

 そんな中、物理(ハードウェア)的に気になる点が2つばかりあります。
 そのうちの1つがファンが回っているときの音量です。Lenovoに比べると明らかに大きなファンの音がしていまして、ちょっと耳障りなのです。
 そこで、後付けのファンコントローラーの導入を考えたのですが、MBのマニュアルを見ていたら、BIOSの設定でファンの回転数をコントロールできることを知りましたので、早速、トライしてみました。
テーマ : 自作パソコン  ジャンル : コンピュータ

Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017