6WHEELS

夢は叶えるためにある・・・んだと思う♪

Category: Garage & Tools

またしてもお気に入りの工具屋がClose!

 毎日毎日雨ばかり(つД`)ノ この週末に至っては台風襲来とな(*`へ´*)
 こう雨ばかりじゃバイクに乗れないし、マラソンの練習もできないし、そもそも出かける気にもなりません(ーー;

 ブログネタがなーんも無いままってのも寂しいので?! 寂しいつながりでネタを1つ。
 昨日、下記のはがきが届きました。 

 2017-10-21.jpg

 なんと!都内で工具店を25年もやってきて、ネット店舗も持っている、けっこう業界じゃ名が知れていた工具屋さんが年内で廃業とな(@@;
 先日も、贔屓にしていた有名輸入ブランド工具メインの中古工具屋さんが廃業してしまったばかりでした(;;)

 ん~・・・、こう立て続けにこの手のお店の閉店が続くと、自分みたいに某バンセールスに付き合いがあるわけじゃない、且つなるべくリーズナブルにブランド工具を手にしてみたいと思っているタイプのDIY派にはキビシイ状況です(T_T)

 関東界隈だとこの手のお店、一部の工具なら宇宙企画で扱うけど、残る大手?はFGくらいじゃないかな? 頑張ってほしいです!
スポンサーサイト

Category: Garage & Tools

Comment (0)  

Beta 951QF

 いろいろネタはあるんだけど、イマイチ結果が伴っていないので、今回も工具ネタでございます。

 すでに廃版になって新品を手にすることは出来ないであろうBetaさんの工具を中古工具屋さんで見つけて思わずGET(゚∀゚)
 これ、Beta製の951QFシリーズといいます。画像をご覧の通り、HEX(ヘキサゴン)の工具です。
 こいつは、なかなかできた工具なんですよぉ♪

 例えば、スライドするバーを外すと(外れないサイズもある)、3/8や1/4sq.のラチェットが使えます。
 例えば、ソケットでは届かないような遠い場所でもこれなら届きます。
 例えば、T字レンチのように使えば、早回しが出来ます。
 例えば、L字レンチのように使えば、硬く締まっているHEXネジでも外すが容易です。

Beta02.jpg

 HEXの工具といえば、画像にも映っていますが、自分はPB製のレインボー@7色のレンチを使ってました。
 でもこれ、表面のカラーコーティングがモロくて、使用してるとボロボロに剥げて残念なことになっちゃうのよ(;_;)
 なので、自分としてはこのレインボーさんは実用性がとても低いと思っていて、以前から違う工具を探していたのでした。
 もちろん、レインボーさんは、見てわかるとおりトレーの中ではとても映えるので、オブジェにはサイコーですよ(爆)

 
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Garage & Tools

Comment (2)  

Metric 6-Point Flank Drive® Flare Nut Socket

 自分は、整備士を生業にしているわけではありません。
 整備や工作が好き!が高じて工具の魅力にはまり、長いこと工具集めが趣味の1つになっています(^^;

 仕事で使う工具なら、恐らく実用性を重視した工具のチョイスになるのでしょうが、趣味となると時には実用性よりもヴィジュアル重視なんてことがよくありますw

 スエフトさんに装着しているTEIN製の車高調のリア側のショックを固定するアッパー側のボルトは、厳密にはトルク管理が必要です。
 しかし、このボルト、ショック本体の回り止め用にシャフトのトップのヘックス穴にを工具を挿して固定しておいて、そのシャフトに切ってあるネジ山にナットを入れて回す・・・・みたいな、そんなシチュエーションなので、ヘックス穴に工具が刺さっているが故、ボックスが使えず、このナットをトルク管理すのはなかなか至難の業なのです。
 そういえば、HKS製の車高調もフロント側のショックが同じような構造でした。

 まぁそんなことから、作業の効率を上げる意味で、以前からフレアソケットが欲しいと思っていました。
 しかし、これがねぇ?! 自分が調べた限りでは、世の中にKo-kenさんとSnap-onさんしか無いようでした。工具屋の店員さんにも1度尋ねたことがあったのですが、自分の調べと同じ答えでした。

 実用性で選ぶなら、値段が安いほうのKo-kenさん択一(といっても、新品で買うとなると1つ1つは高額!)なのですが、このKo-kenさんの製品は残念ながらソケットの表面が梨地処理なのでした。゚(゚´Д`゚)゚。

2017-08-05xフレアKoken

 一方のSnap-onさんはというと、キラキラと輝くメッキ処理(((o(*゚▽゚*)o)))
 ヴィジュアル的にも所有欲という点でも満足いく商品でした!
 だがしかし、Ko-kenさんでも高いと思っているのに、Snap-onさんの価格は当然その比ではありませんでした(T_T)
 自分の調べでは、ミリサイズのソケットセットの場合、10ピースのラインアップ@210FRXMしかなく、インチサイズのソケットの場合で7ピースのラインナップ@207FRXがあるようでした。

210FRXM.jpg

 それなので、自分が手に入れられるとすれば、きっと中古しかない! そう思って、ヤフオクや中古工具屋を眺める日々が長いこと続きました。
 先日も、ヤフオクでミリサイズ@3pcの出物があったんですがね。残念ながら予算が折り合わず競り負けてしまいました(><)
 
 そもそもこの工具の出番は上記のようなシチュエーションでしか使わないので、手にしたとしても工具箱の中で鎮座していることがほとんどです。
 となれば、まぁ、必要なサイズだけあればいいのかもしれない。だけど、工具好きとしては、できることならコマ数はあるに越したことはない(爆)

 そんな折、贔屓にしている中古工具屋さんが店を閉める!ことを決めたって(@@;
 え~?!それは困ります。ブランド工具の中古専門店なんて全国探してもそう数がないのに(><)
 しかし、店主が決めた!というのなら仕方ありません。 
 そこで、挨拶がてら、ちょっと前から店頭に載っていて気になってウォッチしていたフレアソケットセットを餞別がてら購入しに行ってきました。

2017-08-05xフレア

 本来は10pcセットのはずですが、ご覧の通り6pcしかありません。けれど、自分の欲求を満たすには必要十分な数ですw
 これ、画像ではかなり綺麗に見えますでしょ?
 でも実際は、下記の通り1つ1つみんな錆びや汚れであまりきれいじゃありませんで、自宅に帰ってからシコシコとDIYで磨き上げましたヽ(´∀`)ノ
 
2017-08-02フレアx
 
 きっかけはお店の閉店ということではありましたが、ついに長年欲しいと思っていた工具をゲットできました。満足です♪
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Garage & Tools

Comment (0)  

あれから5年

 先日のスエフトさんのイグニッションコイル交換作業の際、手にしたラチェットハンドルは、DEENさんのスイベルラチェットハンドルでした。 
 このハンドルは、かれこれ10年近い付き合いなんじゃないかな?
 自分は某有名ブランドのハンドルよりもこの子の方が使い勝手が良いいと思っているので、一番出動頻度が多いハンドルだったりします(((o(*゚▽゚*)o)))
 そんなDEENさんですが、5年前に1度壊れてしまったことがあります。
 その時の記事がこちら・・・(^^)凸:http://sue72.blog.fc2.com/blog-entry-156.html


 なんでそんな事を今ここで?と、お思いでしょうか? 察しが良い方はもうお分かりですね?! 
 そうなんです。スエフトさんの作業をしようとしたら、また同じ症状が出てしまったんです(T_T)
 仕方がないので、スエフトさんの作業は別のハンドルで終えてから、このDEENさんを分解してみたところ、下記の画像の通り前回と同じハート型のバネが折れてしまっていました( ノД`)

 2017-08-02FG01.jpg

 前回の修理からちょうど5年目の出来事でした。
 今のご時世、大体はインターネット通販で手にできるものですが、このハート型のバネに関しては自分は入手できるところが見つかりませんでした。
 幸い、購入店のFGに電話で問い合わせたところ、「お店に持ってきてもらえれば修理可能」という回答を頂いたので、早速直してもらってきました♪
 愛着ある工具ですので、これからも末永く使っていきたいです!
テーマ : DIY日記  ジャンル : 車・バイク

Category: Garage & Tools

Comment (0)  

600mmのスピンナーハンドルを入手

 前回のブログネタでも挙げたとおり、まれにインパクトでも回らないナットに遭遇することってこれまでにも幾度かありました。
 今回のように単管パイプの裏ワザが使えればいいけど、そうでないこともあるのでね。
 以前から欲しいと思っていたけど手を付けなかった柄の長いスピンナーハンドルを入手しました。

skoken01.jpg

 これまで持っていたのは380㎜長のスピンナーハンドルでしたが、今回購入したのは600㎜です。
 輸入工具メーカーなどの高価な商品だとこれよりも長いのがあるんですが、まぁそこはコスパ優先です(^^;
 それに、これまでのサイズはKo-kenさんの商品だったので今回もちょうどよくKo-kenさんで揃えました♪
 上から、3/8sq@380mm、1/2sq@380mm、1/2sq@600mmです。

skoken02.jpg

 気をつけなくちゃいけないのは、Ko-kenさんって自社だけで3種類もの600㎜のスピンナーハンドルをリリースしているのよね。
 自分はこの形状のハンドルが好きなのですが、最初にネットで探した時はこのタイプのハンドルが検索にかからなくて、危うく他社、もしくは違う形状のハンドルの商品を手にしてしまうところでした。

 回らないナットに遭遇しないに越したことはないのですが、次回もし遭遇するようなことがあった場合には、効率よく作業が進められることを願って、また1つ頼もしい工具が仲間入りしました♪

テーマ : ガレージライフ  ジャンル : 車・バイク

Profile

sue

Author:sue

Counter

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017